フェイジョア、ニッコウキスゲ、ヤブカンゾウ、ヒメヒオウギズイセン、ハブランサス・ロブスター、ゼフィランサス、レモン…

 放りっぱなしで猫の額ほどの荒れた庭ですが春から夏にかけて撮った草木の花や実です。標高2600mでも咲く高山植物ニッコウキスゲが咲きました1日花で半月ほど咲き続けます。ニッコウキスゲに半月ほど遅れて八重で花色の濃いヤブカンゾウが咲きました。眼下の河畔から移植した草で繁殖力が強く増えて行きます。河畔ではブルドーザで頻繁に草刈りが行われ絶え…
コメント:6

続きを読むread more

ツタスミレ、バーベナ リギダ、オオバギボウシ、コモチマンネングサ、クロバナロウバイ、ヤマボウシ、ドクダミ、クロガネ…

 放りっぱなしで猫の額ほどの荒れた庭ですが春から夏にかけて撮った草木の花や実です。  庭にて 撮影:2020年5月6月8月   ツタスミレ 学名:Viola hederacea スミレ科 別名:パンダスミレ 撮影:2020.5.29 花が多い時期です   バーベナ リギダ 学名:Verbena rigida クマツヅ…
コメント:6

続きを読むread more

フトボナガボソウ、アシスタシア・インツルサ、ヤエサンユウカ、ヤエサンユウカ、イセハナビ、シャウエリア・カリコトリカ…

サンギャラリー下段で見た花です。フトボナガボソウの白花と青花が咲いていました。白花は花穂が垂れ下がり、青花は立ち上がります。イセハナビは沖縄の東南植物楽園に畝を造って植えられていたのですが、数年休園したときに消えてしまい今はありません。セイロンマツリが咲いていました、学名のPlumbはラテン語で鉛(元素記号はpb) 、agoはラテン語で…
コメント:6

続きを読むread more

ネペンテス・ミクスタ、ウツボカズラ類、ウナズキヒメフヨウ、トウワタ、オクナ・キルキイ、イクソラ・グランディフロラ、…

 サンギャラリーの西端には沢山の食虫植物が展示され、時期によってはモウセンゴケ等も出ています、各種ウツボカズラが名札つきで展示されています。代表してウツボカズラ ミクスタをクローズアップしてみました。サンギャラリ-は上下2段になっていて、下段の道を入口方向へ歩きました。トウワタに花が咲いていました。株が増えたようです。デイゴ、オオゴチョ…
コメント:6

続きを読むread more

ルエリア・キリオーサ、プセウデランテマム・ビコロル、ジャワヒギリ、ホルムショルディア・テッテンシス、ツンベルギア・…

 中南米産植物温室を出てサンギャラリーで見た花たちです。ヒメアリアケカズラの下に、草丈の低いルエリア・キリオーサやプセウデランテマム・ビコロルが咲いていました。ホルムショルディア・テッテンシスと名札のついた青紫色の綺麗な花が咲いていました。花はすぐに落ちて萼が長く残るそうで、チャイニーズハットの仲間です。ツンベルギア・フォーゲリアナと名…
コメント:8

続きを読むread more

グズマニア、ネオレゲリア・カロリナエ、月下美人、ベゴニア ヘラクレイフォリア、サイコトリア ペピギアナ、ムラサキゴ…

 中南米産植物温室の花たちです。この時期パイナップル科の花は少なく、綺麗な花を見つけられませんでした。月下美人が長い花柄を垂らして咲いていました。ホットリップスというとサルビアミクロフィラを思い出すのですが、アカネ科のサイコトリア ペピギアナにホットリップスの名札がついていました。中南米産植物温室を出てサンギャラリーに戻ると出口にヒメア…
コメント:8

続きを読むread more

ジャワヒギリ(白花)、ニオイバンマツリ、ツバキカズラ、ベゴニア・ロラントイデス、ベゴニア・インペリアリス・スマラグ…

 中南米産植物温室手前に白花のジャワヒギリとニオイバンマツリが咲いていました。ニオイバンマツリの花は紫色で二日ほどで青紫から白へ変化するそうで、匂いを嗅ぐと良い香りがします。中南米産植物温室は中央に荒砂が積み上げられ、奥に岩が積み上げられて、岩の隙間に植物が植えられています。 名古屋市立東山植物園・中南米産植物温室にて 撮影:20…
コメント:8

続きを読むread more

ハイビスカス、カリアンドラ・トゥウィーディー、アシスタシア・インツルサ、ルエリア・バルビラーナ、フトボナガボソウ、…

 ハワイアンハウスを出てサンギャラリー戻るとネムノキの花に似たベニゴウカン属の花が咲いていました。フトボナガボソウの花が咲いていました。白花の花穂は垂れ下がり青花の花穂は立ち上がります。石垣島のゴルフ場の草地で雑草に混じって咲いているのに出合ったことがあります。サンギャラリーは沢山のブーゲンビレアでいつも飾られています。 名古屋市…
コメント:8

続きを読むread more

ヤエサンユウカ、ハメリア・パテンス、クレロデンドルム・スカンデンス、ハイビスカス、ビカクシダ、サクララン、キッスス…

 水生植物温室を出てサンギャラリー戻ると花盛りのヤエサンユウカに出合いました。この花はヤエクチナシにそっくりです。匂いは弱く夕方に香るのだそうです。水生植物温室の隣のハワイアンハウスに入ってみました、此所は現在工事中のシダ温室の植物が疎開中でシダ類が混み合って置かれています。 名古屋市立東山植物園・温室サンギャラリーとハワイアンハ…
コメント:8

続きを読むread more

ニンフォイデス、トーチジンジャー、レッドジンジャー、ヘリコニア・ロストラータ、ヘリコニア・プシッタコルム、スパシフ…

 水生植物温室では戸外の気温と同じですから眼鏡が曇ることはありません。トーチジンジャーが1輪綺麗に咲いて、レッドジンジャーには沢山花穂が出ていました。沖縄で群生に出会ったことありますが、ここの花は草姿が痩せた感じです。頷きヘリコニアが咲いていました綺麗な花色でみごたえがありますが、赤や黄色は苞だそうです。 名古屋市立東山植物園・水…
コメント:6

続きを読むread more

ウナズキヒメフヨウ、ハイビスカス、ブーゲンビレア、ベニヒモノキ、白花リュエリア・グラエキザンス、ベニマツリ、ルリマ…

 温室内は新コロナウイルス感染予防のため歩く道順が指定されていました。温室の上の窓は開放され所々に扇風機が回ってましたので戸外より涼しく感じました。 名古屋市立東山植物園・温室サンギャラリーにて 撮影:2020.7.15   ウナズキヒメフヨウ 学名:Malvaviscus arboreus var. mexicanus ア…
コメント:8

続きを読むread more

ペチュニア、サガロ温室の風景、ハナキリン黒摩利支天、キンシバイ、ツンベルギア・ミソレンシス 'ルテア’、ゴエテア・…

 温室正面が工事中なのでサガロ温室の非常口が出入り口に使われています。入り口には鉢に植えられた綺麗な花の寄せ植えが置かれていました。ドアを開けて温室の中に入ると長いベンケイ柱が生えるサガロ温室で、戸外より温室の方が涼しい感じ、多分湿度が調節されているのでしょう。ドアを開けてサンギャラリーに入ると天井の方から綺麗な花が垂れ下がり、哲学者ゲ…
コメント:6

続きを読むread more

スジギボウシ、ボタンクサギ、トキワサンザシ、キンシバイ、中国大花マユミ、スモークツリー、カシワバアジサイ

 竹林横湿地に葉に斑入りのギボウシが咲いていました。古くから栽培されスジボウシと呼ばれるそうです。中国産植物展示園林にボタンクサギが綺麗でした。その横に名札がないのでわからないけど、綺麗な花穂が垂れ下がっていました。小さなカシワバアジサイだろうと思われる花が咲いていましたので撮ってみました。中国産植物園林から温室に向かいました。 …
コメント:8

続きを読むread more

ヒメツルソバ、コバノランタナ、マツバギク、ヤエクチナシ、ムクゲ日の丸、ムクゲ紫盃、ムクゲ夏空

 お花畑出口の急坂脇には、相変わらずコバノランタナ、マツバギクが咲いていました。道を挟んで左側石垣上の植え込みに八重のクチナシが咲いていました匂いを嗅ぐには遠すぎましたので香りはわかりません。急坂を下りると竹林前にムクゲの花が綺麗で園芸品種の名札が付いていました。 名古屋市立東山植物園・お花畑から竹林へ 撮影:2020.7.15 …
コメント:8

続きを読むread more

ジニア、ガウラ、三尺バーベナ、サルビア スプレンデンス 'ビスタ パープル'、サルビア・スプレンデンス 'フラメン…

 道沿いの花壇に百日草が色とりどりに咲き乱れてとても綺麗でした。各々花色の名札はないので学名はSP.(スピーシス種名)で表されています。お花畑は広いのですが、次回訪れる時はヒマワリの大群でしょうか。 名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮影:2020.7.15   ジニア 学名:Zinnia elegans sp. キク科 別…
コメント:8

続きを読むread more

サルビア・スプレンデンス 'フラメンコ サーモン'、サルビア・スプレンデンス 'フラメンコ レッド'、サルビア・ス…

 お花畑出口に近い畑状花壇には、サルビアスプレンデンスの園芸品種が辺り一面に咲いていました。この場所は夏になるとヒマワリが咲く場所なのですが今年は如何でしょう。石垣の側には相変わらずヒメイワダレソウが地面に拡がっていました。珍しいことに1株だけ悪茄子が咲いていました。鋭い棘は触れると痛いです。 名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮…
コメント:10

続きを読むread more

アガパンサス'ブルー ヘブン'、アガパンサス'セナ'、アガパンサス'ガーデンクイーン'、ノリウツギ'シルバーダラー…

 お花畑中央辺りに、アガバンサスの園芸品種3種とノリウツギの園芸品4種が咲き始めていました。 名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮影:2020.7.15   アガパンサス'ブルー ヘブン' 学名:Agapanthus 'Blue Hesven' ユリ科 撮影:2020.7.15   アガパンサス'セナ' 学…
コメント:8

続きを読むread more

モモイロアベリア、キンシバイ‘ヒドコート’、キササゲ、ブッドレア藤姫、ブッドレア 'イエローマジック'、ブッドレア…

 当植物園東南端丘陵の上が平坦な畑状に造られ色々な花が植えられて、お花畑と呼んでいます。アベリアの園芸品種モモイロアベリアと西洋キンシバイことキンシバイ‘ヒドコート’が垣根状に苅り込まれてチラホラ咲いていました。ブッドレア(房藤空木)の藤色、黄色、白色、赤色がのびのびと咲いて綺麗でした。昨年は苅り込まれた株がありましたが、今年はのびのび…
コメント:8

続きを読むread more

ケイトウ、トネアザミ、ナツメ、ヤブミョウガ、ジャノヒゲ、枝垂れ栗、リョウブ

 万葉の道は東海の森保存園(ビオトープ)前で終わります。此所にケイトウが綺麗に咲いていました。トネアザミはまだ花をつけていませんでした。ナツメの木に実が出来ていました。万葉集に詠われていたらしく、立て札が出ていました。 ナツメの実の果肉を乾燥したモノは大棗と言われ、漢方で汎用され、漢方の聖書と言われる「傷寒論」の冒頭に記載されている「…
コメント:8

続きを読むread more

トサミズキ、ヤブカンゾウ、オミナエシ、ノリウツギ、ヤマブキ、ユズリハ、キガンピ

 星ヶ丘門隧道前でタイタンビカスを撮ることが出来たので、万葉の道に戻り東方向へ歩きました。道右の山側に新しく開かれた花壇がありオミナエシが咲いてましたので立ち寄ってみました。奥池横では蕾だったノリウツギがここでは咲いていました。山吹、ユズリハの横に万葉集に記された詩が書かれた立て札がありました。 名古屋市立東山植物園・万葉の道にて…
コメント:8

続きを読むread more