コハウチワカエデ、イロハモミジ、クヌギ、ナガバシロヨメナ

大田切川右岸散策路入り口に綺麗なグラデーションの枝を持つコハウチワカエデの木と巨大なイロハモミジが目を引きました。上を見上げるとイロハモミジが覆い被さるように見えて、モミジのトンネルを歩いているな気分になりました。対岸の里山の紅葉も陽に輝いて、この時期にならないと見ることが出来ない景色です。足下に生えるナガバシロヨメナはほとんど無くなり…
コメント:6

続きを読むread more

ドウダンツツジ、オオモミジ、イロハモミジ、コハウチワカエデ

太田切川右岸にドウダンツツジが垣根状に植えられ紅葉していました。吊り橋入り口広場の芝地にカエデ類が沢山あって、同じ種類でも木によって紅葉の度合いが違い、緑葉も有れば紅葉途中、枯れ葉もあるので並べてみました。右岸を上流に向かって歩きました。   ドウダンツツジ 学名:Enkianthus perulatus ツツジ科 大田切川右岸に…
コメント:8

続きを読むread more

駒ヶ根ファームス、オキザリス、イロハモミジ、クヌギ、コナラ、ドウダンツツジ、ナガバシロヨメナ、ノコンギク

光前寺から車で10分ほどの菅の台バスセンター横にある、駒ヶ根ファームスの駐車場に移動しました。駐車場周りの木々や里山が紅葉で綺麗になりました。菅の台大駐車場と駒ヶ根ファームスの道を分ける林では、クヌギとコナラが紅葉して綺麗でした。ここは頻繁に清掃されているようで、落ち葉もドングリも路上には見つかりませんでした。太田切川側流畔にナガバ…
コメント:6

続きを読むread more

中央アルプス標高2931mの宝剣岳、光前寺参道の風景、本堂前の風景、三重塔前から見たモミジ林、オオモミジ、フジバカマ

紅葉の綺麗だった9日後、11月13日に再度様子を見に訪れました。白い雪を被っていた北の山を光前寺の駐車場から見ると、驚いたことに雪が無くなっていました。中央アルプス交通のHPでは千畳敷カールが4cmの積雪だと書いてあったのですが。参道のモミジはかなり散っていました、落ち葉は綺麗に掃き取られて袋に詰められていました。鐘楼前広場近くに真っ赤…
コメント:4

続きを読むread more

ノコンギク、クヌギ、ナガバシロヨメナ 、オオモミジ、アキノキリンソウ、ユリノキ、ウリハダカエデ、コナラ

>吊り橋を渡って太田切川右岸へ戻りました。右岸遊歩道を上流方向へ歩くと紅葉した雑木に出会えます。入り口に元気そうなノコンギクが咲いていました。こちらは公園のような造りでベンチが置かれた場所もあり、左岸と違って建物の裏側だったりして、左岸とは違う風景が楽しめます。公園は駒ヶ根橋手前で終わります。道の中頃にユリノキとウリハダカエデが黄…
コメント:6

続きを読むread more

太田切川左岸の紅葉、コハウチワカエデ、オオモミジ、ドウダンツツジ、サツマノギク、リュウノウギク、リュウノウギク、イ…

>太田切川右岸から対岸を見ると左岸堤防に並ぶ紅葉が綺麗で、その上に紅葉した里山が見えます。晴天で空気が澄んでいるのでコマクサ橋下流方向に雪を頂く南アルプスが見えました。橋を出て上流の花壇「こまくさ野花園」方向へ歩きますとカエデ類が真っ赤に紅葉してとても綺麗でした、花壇は刈り取られて花はありませんでした。周りの紅葉が綺麗でしたので撮…
コメント:6

続きを読むread more

オオモミジとコハウチワカエデの紅葉(緑葉から枯れ葉までいろいろ)

>太田切川に架かる吊り橋コマクサ橋手前(太田切川右岸)に何本も生えるオオモミジでとコハウチワカエデ(昨日未紹介の木)です。紅葉が終わって葉が縮んでいる木も数本ありますが撮った順に紹介します。オオモミジはヤマモミジとよく似ていますが、鋸歯に欠刻が無いので見分けは簡単です。赤くなったり、黄色くなったり、緑葉の紅葉していない枝が共存する…
コメント:6

続きを読むread more

ノコンギク、キクイモ、ドウダンツツジ、コハウチワカエデ、オオモミジ、イロハモミジ

>光前寺から車で10分ほどで農産物直売所がある駒ヶ根ファームス駐車場に着いた、この時期リンゴが沢山出ていて、シナノスイート5~6個で300円ほど、籠に一杯買い込んで車へ積み込みました。紅葉の木々に囲まれた道を太田切川向かって坂道を下りました。太田切川に架かる吊り橋コマクサ橋手前にコハウチワカエデ、オオモミジ、イロハモミジ等が紅葉し…
コメント:6

続きを読むread more

フジバカマ、十月桜、カキツバタ、ドウダンツツジ、コスモス、宝剣岳

第二駐車場との境に咲くフジバカマが今が見頃のようで、一斉に咲きそろうことは無いようです。出口近くに苞が赤くない白花も咲いていました。十月桜はまだ健在で次々と咲いているようです。池のカキツバタはまだ頑張って咲いていました。駐車場で栗に葉や茎が枯れ始めたコスモスが、頑張って咲いていました。北西方向の山を見ますと、空気が澄んでいるおかげで、木…
コメント:10

続きを読むread more

オオモミジ、コハウチワカエデ、ドウダンツツジ、ハウチワカエデ、オオイヌタデ、アカツメクサ、ゴマナ、ノコンギク、メマ…

>大講堂北横にオオモミジとコハウチワカエデが紅葉していました。大講堂前には丸く刈られたドウダンツツジが紅葉して綺麗でした。大講堂南横の雑木林にハウチワカエデが紅葉していました。当駒ヶ根高原で初めて気がついた木です。当初ハウチワカエデだと思っていたのは、全てコハウチワカエデだったようです。草地ではゴマナやノコンギクが頑張っていました…
コメント:8

続きを読むread more

三重塔前のモミジ林、オオモミジ、イロハモミジ、ダイモンジソウ

>三重塔前階段を降りると、杉の巨木の奥にモミジが見えます、大きく枝を張るモミジの下を歩いて見ました。上を見上げると、赤や黄色の葉を通した光で目がくらみました。拡大撮影した黄色は葉の縁の鋸歯の欠刻がほとんど無いからヤマモミジでは無くオオモミジですが、林の中にはヤマモミジやコハウチワカエデも混じっているのでしょう、赤色は葉が小さいから…
コメント:8

続きを読むread more

ローズマリー、センニンソウ、ノブドウ、キンミズヒキ、ジンジャー、ムクゲ、タマスダレ、ツユクサ、ツタスミレ、ユウゲシ…

放りっぱなしで猫の額ほどの荒れた庭ですが9月と10月に撮った草木の花や実です。  庭にて 撮影:2020年9月10月   ローズマリー 学名:Rosmarinus officinalis シソ科 撮影:2020.10.4 葉に芳香油を多量含むハーブで周年開花   センニンソウ 学名:Clematis terniflo…
コメント:8

続きを読むread more

木曽駒ヶ岳尾根道乗り越し浄土、参道の紅葉、本堂前の紅葉、コアジサイ

紅葉の景色を求めて20日ぶりに駒ヶ根高原を再訪しました。光前寺第2駐車場からお山を見ると、登山道八丁坂と標高2800mの尾根道乗り越し浄土が雪を被って白く輝いていました。駐車場には観光バスも来ていましたから、参拝客も多いです。参道では黄色く紅葉した葉の大きいモミジと真っ赤な葉の小さいモミジが綺麗でした。山門を過ぎるとあざかやな黄色のモミ…
コメント:8

続きを読むread more

ヒメノコンギク、リュウノウギク、コハウチワカエデ、ヤマモミジ、シロヨメナ、ホトトギス、リンドウ

ヒメノコンギクと名札の付いた蕾の株が有りました。気がついたことは無いのですが、花の大きさは変わらないが草丈が短いのだそうです。サツマノギクに似ているリュウノウ菊が咲いていました。葉を揉むと樟脳の香りがします。コハウチワカエデが紅葉始めていました。上流にある「こまくさ野花園」では花壇が整理されて花は少なかったですが、ホトトギスが綺麗に咲い…
コメント:6

続きを読むread more

リンドウ、ヤマツツジ、ダイモンジソウ、ハマナデシコ、イナノギク、タヌキマメ、サラシナショウマ、ムラサキツユクサ

花色が少し変わったリンドウが3種咲いていました。花色と花糸数からヤマツツジと思われる花が咲いていました。返り咲きでしょう。ダイモンジソウの自然種と、いろいろな園芸品種が混じり合って咲いて綺麗でした。花弁が筒状の伊那ノギクが1輪だけ咲いていました。タヌキマメと名札の付いたマメ科の植物が実をつけていました。民間薬で、根瘤線虫を駆除するの…
コメント:8

続きを読むread more

コハウチワカエデ、コマクサ、シモバシラ、イワシャジン、シュウメイギク、サツマノギク、屋久島野菊

太田切川左岸入り口に生えるコハウチワカエデが酷く紅葉していた。よく見ると葉の落ちた枝が目立ち枯れかけているようです。花壇に青色と白色のイワシャジンが咲いていて青色花は満開で一番綺麗な時期に出会ったようです。サツマノギクが咲いていました絶滅危惧種だそうです。花も葉もリュウノウ菊に似ていて、リュウノウ菊だと思ったのですが、名札を見て違うと気…
コメント:8

続きを読むread more

ナナカマド、キクイモ、ノコンギク、コハウチワカエデ、イロハモミジ、ススキ、駒草橋の風景

光前寺から車で10分ほど走って、菅の台バス停留所の横にある観光案内所駒ヶ根ファームスへつきました。産地直売所前のナナカマドは実が赤くなり葉が紅葉し始めていました。太田切川側流沿いに咲いていたキクイモはまだ頑張っていました。根元にはノコンギクが満開で、これだけ咲くと花が小さく見えます。太田切川に架かる吊橋まえのコハウチワカエデはまだあまり…
コメント:6

続きを読むread more

十月桜、カキツバタ、シロヨメナ、ゲンノショウコ、コスモス、ハキダメギク、マリーゴールド

大講堂前に1本十月桜があり花が咲いていました。種が爆ぜたカキツバタですがまだ元気にさいていました。シロヨメナも健在でした。イナカギクは葉は茎を抱きますが、抱かないモノをシロヨメナというと「原色日本植物図鑑・北村、村田、堀 共著 昭和47年36改訂」に書いてあります。牧野富太郎先生の植物図鑑が絶版になり、その後を継いだ本です。光前寺第2駐…
コメント:8

続きを読むread more

リンドウ、シュウメイギク、ミゾソバ、ゴマナ、フジバカマ、コスモス

帰路参道横道から大講堂へ抜けると、リンドウが咲いていました。大講堂横の雑木林の中で咲くシュウメイギクは終わっていました。大講堂横を流れる小川の畔にミゾソバとゴマナが綺麗でした。ミゾソバは葉の付け根が横に大きく張り出し、ゴマナはイナカギクなどより葉が長さ10cm~20cmでかなり大きく葉の両端が尖って見えます。  駒ヶ根高原・光前寺…
コメント:10

続きを読むread more

リンドウ、コアジサイ、タマアジサイ、ヤマアジサイ、オオモミジ、レンゲショウマ、ダイモンジソウ

15日ぶりに駒ヶ根高原を再訪しました。仁王門を入り口にして、参道を真っ直ぐ本堂に向かいました。参道脇に積まれた石垣に生えるヒカリゴケの上にリンドウが咲いていました。樹齢400年の杉木立とおって山門へ、この辺りにもモミジがあり紅葉が綺麗です。アジサイ類は花は終わって葉が枯れ始めていました。帰路本坊を覗いてみると、お庭に石をくりぬいて造った…
コメント:6

続きを読むread more