パリソタ バルテリ、パリソタ ピナエルティイ 'エリザベスエ'、キッスス・シキオイデス、ブーゲンビレア、ハイビスカ…

ハワイアンハウスの出口近くにツユクサ科のバリソタ2種が咲いていました。これがツユクサ科?と思える格好でした。出口に赤い気根を垂らしたキッスス シキオイデスが元気でした。サンギャラリーに出るとブーゲンビレアが満開で綺麗でした。珍しいことに赤花のフトボナガボソウが咲いていました。名札は学名の日本が読みでしたが、属名が同じですから赤花もあるの…
コメント:2

続きを読むread more

ブーゲンビレア、ヤエサンユウカ、ハイビスカス、ビカクシダ、ビカクシダ 'マウナ ロア'、サクララン

水生植物温室を出てサンギャラリーへ戻りました。天井の方にブーゲンビレアの花が咲いて綺麗でした。ブーゲンビレアは本州でも暖かい紀伊半島勝浦などでは戸外で咲いています。JRの駅のプラットホームで咲いていたのを思い出しました。ヤエサンユウカが咲いていました。匂いを嗅ぐと良い香りがします。少し進むとハワイアンハウス入り口です。以前は斑入り植物が…
コメント:4

続きを読むread more

ニンフォイデス、ヘリコニア 'ジャックィニー'、ヘリコニア 'イエローバードパラダイス'、サンジャクバナナ、ヘリコ…

池にミツガシワの仲間ニンフォイデスが咲いていました小さな花でうまくピントが合いません。ヘリコニア4種類が咲いていました。葉が大きいですから花を撮るのは苦労ですが、オウムの嘴のような格好をしたヘリコニア・ロストラータが特に綺麗でお気に入りです。沖縄の本部半島先端にある海洋博公園オニバスが池に咲くビクトリア温室で1m以上の花穂が垂れ下がるの…
コメント:4

続きを読むread more

ヒメフヨウ、ストロファンツス・プレウシー、バンダ・トリコロル、カミガヤツリ、トーチジンジャー、レッドジンジャー、フ…

水生植物温室の入り口手前上部に赤い糸のような物を垂らした花が群生していました。有毒植物で矢毒に使ったそうで興味が湧きます。この部屋は湿気が高くて、いつもはカメラのレンズが曇るのですが、高気温のこの時季は曇りません。 名古屋市立東山植物園・温室サンギャラリーと水生植物温室にて 撮影:2022.7.17   ヒメフヨウ 学名:M…
コメント:2

続きを読むread more

ウナズキヒメフヨウ、サンダンカ'スーパーキング'、ベニヒモノキ、バーチェリア・ブバリナ、ベニマツリ、オオシロソケイ…

サンギャラリー上段の小道を西に向かいました。ウナズキヒメフヨウが咲いていました、ツボミは上を向き、花は下を向くので「頷き」だそうです。ベニヒモノキが沢山花をつけて見事でした。ルリマツリが水生植物温室入り口で咲いていました。この花は温室外のお花畑でも見かけます。 名古屋市立東山植物園・温室サンギャラリーにて 撮影:2022.7.17…
コメント:4

続きを読むread more

サガァロ(ベンケイ柱)温室、キガンジョウ、オオミダレユキ、アガウェ レクグイッラ 、アロエ、ルドルフィエラ オーラ…

びしょ濡れになってサガァロ(ベンケイ柱)温室に駆け込みました。ここは湿度が低く管理されている部屋で、サボテン類には迷惑をかけたと思います。入り口のドア横窓際にアロエ類がずらりと並んでいました。ドアを開けてサンギャラリーへは入りました。サンギャラリー東端には綺麗なランが咲いていました。ランの花と一緒にネジバナの鉢植えが咲いていました。草地…
コメント:2

続きを読むread more

アベリア 'ホプリーズ'、ナタマメ、ヒマワリ、ベゴニア センパフローレンス、イソトマ、ネコノヒゲ、メランポディウム…

雨が強くなったので、宿根草園前の雑木林に生えるアベリア 'ホプリーズ'が生える小道を通って温室へ避難しました。途中ウエルカムフラワーが並んでいたので、雨にも負けず撮りました。トウガンが出来ていました、もう少し大きく丸くなるのでしょうか、果肉を薄く削って切り落とした物がカンピョウです。 名古屋市立東山植物園・温室前にて 撮影:202…
コメント:3

続きを読むread more

アベリア 'ホプリーズ'、サルビア・ファリナケア、サルビア・スプレンデンス、ルドベキア・ヒルタ'グロリアスデージー…

宿根草園手前の雑木林にアベリア 'ホプリーズ'が咲いていました。宿根草園の前はガーデンステージの花壇で、サルビア・ファリナケアとサルビア・スプレンデンスが密植されていました。同じ花がずらりと並ぶと壮観です。宿根草園でルドベキア・ヒルタ 'グロリアスデージー'を取り始めると、急に雨が強くなり、傘は駐車場の車の中に置いてきたので「晴れるとい…
コメント:2

続きを読むread more

シモバシラ、アシタバ、イブキトラノオ、ダンドク、ミョウガ、シモツケ 'ゴールドフレーム'、温帯スイレン、オニバス

スイレン池前花壇にシモバシラが密植されて花が咲き始めていました。アシタバの花が咲き始めていました、葉に多種類の栄養成分が含まれ、青汁などで利用されます。イブキトラノオが咲いていました。標高2600mの木曽駒千畳敷カールで見かけ、スイスアルプスの「Brienzer Rothohorn」でも咲いていた高山植物です。カンナの原種の一つと言われ…
コメント:4

続きを読むread more

ペンタス、ペチュニア、アメリカンブルー、グレビレア 'プーリンダ ロイアル マンテル'、オトギリソウ、ミソハギ、ダ…

植物会館前花壇の縁にブランターが置かれペンタスとペチュニアが寄せ植えされていました。植物会館横にあるガイドステーションの入り口前にアメリカンブルーが咲いて綺麗でした。この花は沖縄本島の東南植物楽園で名前を教えて貰った花です。矮性種のヒマワリが咲いていました。当園には10種類以上のヒマワリがあるのですが、名札無く種名は判りません。オトギリ…
コメント:2

続きを読むread more

コレウス、インパチェンス、サルビア・コッキネア、ベゴニア センパフローレンス、トサミズキ、カシワバアジサイ、ヒマワ…

2ヶ月ぶりに当地東山植物園を訪れました。家を出るときは時折小雨がパラツキましたが、天気予報が晴れでしたので出発しました。正門前花壇の花は2ヶ月前と同じで、花が繁茂して名札を見えなくしたようです。正門入り口で入場パスポートを見せて中に入ると、入り口植物会館前の花壇に矮性ヒマワリ 'サマーサンリッチ パイン'が花盛りでした。 名古屋市…
コメント:4

続きを読むread more

丁字草、ウツギ、ノアザミ、不明花、ニガナ、サツキ、白ノアザミ、蔓万年草、ヤマオダマキ、キョウカノコ

ミツバシモツケではないかと思われる花が咲いていました。花はイソトマに似ていますが葉が全く違います。花壇を離れて草地を歩き、少し上流にある花壇「こまくさ野花園」を覗いてみました。途中サツキが満開でした赤い花糸を持つ花はレンゲツツジがありますが、花色が違いますからサツキだろうと思います。ノアザミに白花が混じっていました。初めて見ます。 …
コメント:4

続きを読むread more

ヤマブキソウ、ヤエドクダミ、ムラサキセンダイハギ、キバナノヤマオダマキ、ヤツシロソウ、モモイロヒルザキツキミソウ

ヤマブキソウが咲いていました。滅多に出会え無い草で名札ががあって助かりました。八重ドクダミが咲いていました、この花に出合えるのはこの地だけです。キバナのヤマオダマキが咲いていましたが、シロっぽいのと、黄色とありました。載せませんでしたが、ピンク色の花もありました。ヤツシロソウ、きれいな花です、別の場所では花が高く伸びて咲いてましたが、こ…
コメント:4

続きを読むread more

白花キョウカノコ、モモバキキョウ、ヤマオダマキ、クガイソウ、センジュガンピ、ヒメフウロ、ウツボグサ

白花キョウカノコが咲いていました、側にミツバシモツケの名札がありましたが全く違う花です。葉を頼りにネット上を探したらキョウカノコの白花のようです。モモバキキョウと名札のついたキキョウが咲いていました。普通のキキョウに比べて葉が細いですが、桃の葉にはとても似ていません。クガイソウが咲いていました。輪生葉が8段あって、9段目が花だから九階草…
コメント:3

続きを読むread more

姫風露、ジギタリス、ホタルブクロ '駿河'、ササユリ、イチリンソウ、ムラサキツユクサ、ハンゲショウ、エゾハナシノブ…

駒ヶ根ファームス建物横花壇では茎も葉も赤かったヒメフウロがここでは緑です。珍しいことにどの花にも萼が全くないホタルブクロに似た花が咲いていました。ササユリではないかと思われる百合が遠くに咲いていていました。花壇の中に立ち入るのは躊躇われますから名札は確認出来ません。半夏生はまだ白くなっていませんでした。 駒ヶ根高原水と文化の森公園…
コメント:4

続きを読むread more

コウゾリナ、ミヤコワスレ、フウロソウ、キョウカノコ、ニッコウキスゲ、ゼニアオイ

左岸堤防入り口にシロツメクサが繁茂する草地でコウゾリナが出迎えてくれました。ここから半円形の石段を降りると花壇です。此所は名札がついた植物が多いので助かります。承久の乱で佐渡に流された順徳上皇が愛したというミヤコワスレが咲いていました。花色は紺色だと思ってましたが、いろいろあるようです。フウロソウだろうと思われる花がありました、葉が独特…
コメント:4

続きを読むread more

キクイモ、オオモミジ、イロハモミジ、こまくさ橋、こまくさ橋からの風景

農産物直売場前の道は緩やかな坂道となり太田切川に向かって歩きますと、太田切川右岸側流が白波を立てて流れています。川の畔にはキクイモがが生え、ノコンギクもあるのですが、まだ花はありません。吊り橋(駒草橋)手前の草地には、オオモミジ、イロハモミジに翼果が出来て赤と緑の斑模様で綺麗でした。此所に取り上げたイロハモミジは秋の紅葉時は灰色気味黄葉…
コメント:4

続きを読むread more

イチリンソウ、フウロソウ、ドクダミ、姫風露、サクラソウ、イトバハルシャギク、コウリンタンポポ、フランスギク、ナナカ…

農協婦人部が世話する花壇が駒ヶ根ファームスへの入り口道沿いにあります。此所でもイチリンソウが咲いていました。花壇の西側は土地が4~5m凹んで谷のようになってますが、種がこぼれたのか下で群生していました。ここのフウロソウは寒暖の差が大きいから花色が鮮やかで綺麗です。姫風露は赤葉と緑葉が混在していました。もう少し経つと全部緑葉になります。懐…
コメント:4

続きを読むread more

駒ヶ根ファームスの駐車場風景、姫風露、マツバギク、セキチク、三色菫、ハマカンザシ、イチリンソウ

光前寺を出て車で10分ほど走って、菅の台バスセンター大駐車場に隣接する駒ヶ根ファームスの駐車場に着きました。建物横花壇にいろいろ花が咲いていました。園芸品種名は判りませんが、色とりどりのセキチクが綺麗でした。懐かしい花を発見しました。根室岬のお花畑で群生していたハマカンザシ(アルメリア)が咲いていました。雪の重みで花柄が曲がったのでしょ…
コメント:4

続きを読むread more

ムシトリナデシコ、アオハダ、カキツバタ、フジバカマ

光前寺のお庭の横に駒ヶ根美術館跡地の広場があります。この広場にムシトリナデシコが散在して咲いていました。茎の周囲2~3箇所に粘液を分泌して、下から蟻が登ってくるのを防ぎ、花粉を運んでくれる虫を守っているのだそうです。黄色の花が咲いていたのでヒルザキツキミソウかと思って近づいたら、厄介者のオオキンケイギクでした。これの増殖を防がないと大変…
コメント:4

続きを読むread more