アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
波止の釣り
ブログ紹介
ニックネームを寿々木といいます。釣りが好きで「波止の釣り」というホームページを1996年に書き始めましたが、昨今は山野草を追いかけています。草花、高山植物や山の写真など掲載しております。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
駒草橋、ノコンギク、太田切川上流下流、左岸の紅葉の風景
駒草橋、ノコンギク、太田切川上流下流、左岸の紅葉の風景  太田切川にかかる吊橋、長さ146m、幅員2mの駒草橋手前,太田切川右岸から見た対岸の景色、吊り橋を対岸へ移動ながら川の上流、下流の風景を撮りました。数分歩いては右左を撮るので忙しかったですが、橋を渡るのは7分でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 7

2018/11/17 09:10
ドウダンツツジ、ハウチワカエデ、オオモミジ、ヤマモミジ
ドウダンツツジ、ハウチワカエデ、オオモミジ、ヤマモミジ  太田切川にかかる吊橋、長さ146m、幅員2mの駒草橋手前の樹木の紅葉と風景です。太田切川に流れ込む支流の畔にはドウダンツツジで生け垣が作られ、日の光を浴びて紅葉が輝いていました。ハウチワ楓が陽光に輝いていました、山地の渓谷に生える木で葉はオオモミジより大きく葉の先端は7〜11裂します。名前は葉を羽団扇に見立てたものです。ハウチワ楓は緑葉から黄葉、赤葉と混在する木と、すでに真っ赤に紅葉して木の上の枝では茶色く枯れて落葉した木がありました。オオモミジとその変種のヤマモミジも紅葉していました。葉を並... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/11/16 08:52
里山の紅葉、ヤマモミジ、クヌギ、コナラ、キクイモ、ノコンギク、ドウダンツツジ
里山の紅葉、ヤマモミジ、クヌギ、コナラ、キクイモ、ノコンギク、ドウダンツツジ  菅の台バスセンター駐車場から見ると黄色く紅葉した里山が光を浴びて輝いて見えます。マイカー大駐車場は平日でもあり朝10時はガラガラでした。でも水と文化の森公園(水公園と略す)では、辺りの紅葉を見る観光客やツアーのバッジをつけた団体客でとても賑わっていました。駐車場脇にはオオモミジの変種といわれるヤマモミジが綺麗に紅葉し、その奥にはコナラとクヌギの高木が黄色く彩っていました。太田切川にかかる吊橋、長さ146m、幅員2mの駒草橋方向へ歩きますと、太田切川側流に沿いに植えられたドウダンツツジの生け垣が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/15 08:37
ナナカマド、ガザニア、ペチュニア、ハキダメギク、フウロソウ
ナナカマド、ガザニア、ペチュニア、ハキダメギク、フウロソウ  ぐずついたお天気が続き当地は雨だったのですが、天気予報では駒ヶ根が「晴れ」の予報が出ましたので急遽紅葉を見に出かけました。途中高速道路では霧が出たり、雨が降りそうなお天気でしたが、現地に2時間で到着し晴れていましたのでラッキーでした。農産物直売所前のナナカマド2本は紅葉していました。店の前には普通のブロッコリーの3倍はある大きなのが150円、袋にいっぱい詰まった「訳ありリンゴ(傷物、大小規格外)」が350円、傷のないのは4個400円、持ちきれないほど買いました。観光案内所横の花壇でハキダメギク... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/14 08:16
メドー・セージ、ガーベラ、バラ白雪姫、ブッドレア、サルビア、アメジストセージ等
メドー・セージ、ガーベラ、バラ白雪姫、ブッドレア、サルビア、アメジストセージ等  ブルーベリー園の横にあるボランティアが管理する花壇で見た花たちです。サルビア・ガラニチカはメドーセイジと呼ばれ蛇が口を開けているようです、綺麗なガーベラが3種類ほど咲いてました。白いバラに名札があってシュネー・ビッチェンと書いてありました。この花はドイツで開発され、ドイツ語で白雪姫を意味し、通常はアイスバーグと呼ばれます。サルビア・コッキネアは別名ベニバナサルビアですが、園芸品種で雪の妖精という名を持つ白花が咲いていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/13 08:41
ブルーキャットミント、ペンタス、ブルーサルビア、宿根バーベナ、ノゲイトウ、ヒゴロモソウ、イヌサフラン
ブルーキャットミント、ペンタス、ブルーサルビア、宿根バーベナ、ノゲイトウ、ヒゴロモソウ、イヌサフラン  ブルーベリー園の横にあるボランティアが管理する花壇で見た花たちです。ブルーキャットミントは花穂が立ち上がって花をつけていました。ペンタスが5色の花が咲いていました。ブリーサルビアと緋衣草のサルビア2種が拡がって見事でした。消えてしまったと思っていた宿根バーベナが花をつけていましたので感激。イヌサフランが満開でした、サフランに比べて葉が大きいです。ビデンス 'イエローキューピット'が咲いていました。別名ウインターコスモスですから冬も咲くのでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/12 08:21
ミカン、ハナミズキ、イチゴノキ、ハナツクバネウツギ、ムクゲ、老鴉柿、リコリス・アフリカーナ、スモモ
ミカン、ハナミズキ、イチゴノキ、ハナツクバネウツギ、ムクゲ、老鴉柿、リコリス・アフリカーナ、スモモ  椿と紫陽花の小道の上の丘陵にはいろいろな種類のミカンが実をつけ黄色くなり始めていました。紫陽花の小道わきに樹の高い苺の木が数本生えていて満開でした。道を左に折れて直進しますと本館があり庭に珍しいムクゲの残り花が咲いていました。花は酔芙蓉かと思う格好ですが葉がムクゲです。リコリス・アフリカーナ(金色の彼岸花)が咲いていました。彼岸花と違って葉と一緒に花が咲いています。戻ってアンズ、スモモ園の前を通りますと葉の無いスモモの木に花がチラホラ咲いていました。残念ながらこの夏の暑さに耐えられずアンズの木... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/11/11 09:10
キウイ、ガウラ、ブッドレア、ルドベキア、木立朝鮮朝顔、チェリーセージ、柿、ビワ、ハナミズキ、銀杏
キウイ、ガウラ、ブッドレア、ルドベキア、木立朝鮮朝顔、チェリーセージ、柿、ビワ、ハナミズキ、銀杏  キウイ園では、この夏の高温と干天で沢山の木が枯れましたが残った木に実ができていました。よく見ると若木が植えられているのが散見されました。キウイ園前花壇にはガウラが繁りブッドレア藤姫が咲いていました。この花はここでは初めて見ます。英名黒目のスーザンこと、ルドベキアタカオも元気でした。キウイ園横の小広場に通称エンゼルトランペットこと木立朝鮮朝顔が咲いていて、新鮮な花が撮れました。この木の周りには通称チェリーセージ、赤いサルビアミクロフィラが花盛りでした。当園南垂れ丘陵の下部、椿と紫陽花の小道に生え... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/10 08:14
シキミ、リコリス、四季桜、ソメイヨシノ、アーモンド、コスモス、コデマリ、山桜シダレ、カリン
シキミ、リコリス、四季桜、ソメイヨシノ、アーモンド、コスモス、コデマリ、山桜シダレ、カリン  四季の花園出口にシキミの木があり花が咲き始めていました。花は芳香がありますが実は有毒で悪しき実といわれ、枝葉は魔除けで仏事に使われます。ツワブキの間から黄金色の彼岸花(リコリス)が覗いていました。彼岸花と違って花と一緒に葉もあるはずです。いつもこの時期花が多い四季桜にはほとんど花も葉もありませんでした、台風の影響でしょう。当園最南生端丘陵の段々畑にはコスモスが咲き始めていました。珍しいことにアーモンドと小手毬の木に狂い咲きの花を見ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/09 09:03
ピラカンサ、ニワウメ、タイタンビカス、ガザニア、ジニア、マメナシ、イロハモミジ、ハナミズキ、小紫
ピラカンサ、ニワウメ、タイタンビカス、ガザニア、ジニア、マメナシ、イロハモミジ、ハナミズキ、小紫  北門脇のピラカンサの生け垣は実の付きが悪いです。ニワウメの生け垣では狂い咲きの花が咲いていました。熱帯果樹温室横広場のプール脇にパパイヤの鉢植えが置いてありました。ハワイを初めて家族3人で訪れた時、現地在住日本人ガイドの年増の美人さんが案内してくれて、パパイヤを「婆嫌や」と駄洒落れて教えてくれました。広場から少し坂道を下りて植物会館売店前を通って四季の花園です。入り口右手の茂みに氷河期の遺存植物で絶滅危惧種のマメナシが生えて1cmほどの実をつけています。国内の自然木はわずか350本ほどしかなく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/11/08 08:04
イモカタバミ、ペンタス、日々草、マリーゴールド、ヒメコリウス、百日草、ブルーサルビア、斑入アベリア
イモカタバミ、ペンタス、日々草、マリーゴールド、ヒメコリウス、百日草、ブルーサルビア、斑入アベリア  イモカタバミが咲いていました、花期の長い花でいつ訪れてもみるように思います。よく似た紫カタバミとは葯の色が違いますので見分けは簡単です。北門前の花壇に5月ごろ大勢の子供達が大人に付き添われて賑やかに植えていた花がまだ健在でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 9

2018/11/07 08:30
アセビ、ススキ、シモバシラ、ヤノネボンテンカ、ワレモコウ、藤袴、モミジバフウ、紅花常磐満作
アセビ、ススキ、シモバシラ、ヤノネボンテンカ、ワレモコウ、藤袴、モミジバフウ、紅花常磐満作  ロックガーデンではアセビが小さなツボミをつけていました。来旬2月開花の準備でしょう。南垂れ丘陵の石段を下りて、ロックガーデン下部ではシモバシラが紅葉していました。ヤノネボンテンカが1輪咲いてました、ツボミがありますから咲き始めのようです。葉が少ないですが台風の影響でしょうか。フジバカマが咲き始めていました。日本庭園広場のシンボルツリーの下に行ってみました。イガイガの実が沢山ぶら下がっていました。日本庭園広場脇を流れる小川の畔に紅花トキワマンサクが満開で沢山花が咲いていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/06 08:22
背高泡立草、メタセコイア、イヌタデ、アメリカセンダングサ、ボケ、モミジバフウ、フウ
背高泡立草、メタセコイア、イヌタデ、アメリカセンダングサ、ボケ、モミジバフウ、フウ  紅葉の様子は如何かと、2ヶ月ぶりに東谷山フルーツパークを歩いて見ました。南門入り口付近にはセイタカアワダチソウが繁り、立ち並ぶしだれ桜は落葉し始めたた木が多かったです。10本あるメタセコイアに実が垂れ下がっていました。葉は台風で沢山飛んだようです。湿地園では小雨乾燥で池が干上がり例年見られるハスの実やナガバオモダカの姿はなく、カヤツリグサや草イが繁りイヌタデやアメリカセンダングサが咲いていました。日本庭園広場シンボルツリーのモミジバフウは枝によって紅葉が始まり、一部落葉していました。芝生広場で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/11/05 07:05
桜 アーコレード、十月桜、子福桜、支那油桐、桐、紫御殿、ヒマワリ、コバノランタナ等
桜 アーコレード、十月桜、子福桜、支那油桐、桐、紫御殿、ヒマワリ、コバノランタナ等  お花畑の南斜面にジグザグに道を付けて若木が多いですが多種類の桜が植わっています。この時期はアーコレード、十月桜がチラホラ花をつけ、子福桜が満開でした。お花畑展望台横のシナアブラギリには大きな実ができていました。実から乾性油が採れ油絵の材料などになり、栽培されているそうです。桐の実は中に翼果が入っていて爆ぜたら風に乗って飛び去ります。お花畑出口の向日葵とコバノランタナは元気に咲いていました。急坂をゆっくり下りて、中国産植物展示場所へ来ますとハンカチの木に実ができていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/11/04 08:16
ジニア 3種、サルビア2種、パンパスグラス、クレマチス ペパーミント
ジニア 3種、サルビア2種、パンパスグラス、クレマチス ペパーミント  お花畑の西側や、道沿いにジニア(百日草)が咲いていました。百日草は株がコンパクトで伸びにくく、耐暑性を持つが耐寒性がないので一年草として扱われています。昨年は大量のダリアの品種が占めていた場所がジニアに変わっていました。花弁が多重のジニア 'プロフュージョン'、二色の色を持つジニア 'スウィズル'、一重に近いジニア ペルビアナが賑やかでした。当園では数少ない黄色い花を持つサルビア・イエローマジェスティーが咲いていました。今年の夏の干天日照り続きでフジバカマの群性場所では花はありませんでした。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/11/03 08:01
ハナゾノツクバネウツギ、ブッドレア5種、ルリマツリ、西洋ガマズミ、ヤノネボンテンカ
ハナゾノツクバネウツギ、ブッドレア5種、ルリマツリ、西洋ガマズミ、ヤノネボンテンカ  お花畑入り口には、垣根状に植えられたハナゾノツクバネウツギの紅花が咲いていました。タイワンツクバネウツギ(Abelia chinensis)とアベリア・ユニフロラ(Abelia uniflora)の交雑種だそうです。ブッドレア5種が咲いていました。矮性と丈高い木がありました。西洋ガマズミに瑠璃色の実が沢山できていました、ガマズミは赤い実ですから対照的です。ルリマツリ、ヤノネボンテンカが咲いていました8月下旬に訪れた時も咲いていましたから花期の長い花です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/02 08:49
ハマギク、タイワンホトトギス、ツワブキ、酔芙蓉、目薬ノ木、ヒュウガミズキ、キガンピなど
ハマギク、タイワンホトトギス、ツワブキ、酔芙蓉、目薬ノ木、ヒュウガミズキ、キガンピなど  星ヶ丘門広場はベゴニアと土偶で飾られていました。星ヶ丘門の道を薬草の道に向かって歩きました。ハマギク、ツワブキはまだツボミで、スイフヨウが咲いていました。酔芙蓉は咲き始めは真っ白で後に薄紅色になる1日花です。万葉の薬草の道沿いに群生するヒュウガミズキの一部につぼみが膨らみ花が咲き始めている株がありました。寒暖の変化を早春と勘違いしたのでしょう。東海の森保存園(ビオトープ)前にトネアザミがすらりとしたスリムな草姿で花を咲かせていました。新芽が山菜の女王と言われるタラノキの大木に実ができていました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/11/01 08:45
サワギキョウ、サワシロギク、スイラン、白玉星草、ヤブミョウガ、シモバシラ
サワギキョウ、サワシロギク、スイラン、白玉星草、ヤブミョウガ、シモバシラ  合掌造りの家から道を挟んで湿地園になります。8月末に来たときはまだ小さかった白玉星草の花が大きくなっていました。お終い花のサワギキョウが、8月末には咲いていなかったスイランと混じり合って綺麗でした。湿地園を出て万葉の薬草の道を東方向へ歩きますと、道添いの草地にシモバシラの花が咲いていました。シモバシラは植物学者伊藤圭介氏が見つけた日本固有種だそうで、説明書きがありました。更に進むと日本庭園の池で、この辺りでも写生を楽しむ人たちを見かけました。裏道を左に折れて星ヶ丘門まで行ってみましたが、撮るべ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/10/31 08:33
タツナミソウ、オケラ、ダンギク、ノリウツギ、ノコンギク?、トレニア、ジニア、藤袴
タツナミソウ、オケラ、ダンギク、ノリウツギ、ノコンギク?、トレニア、ジニア、藤袴  也有園の出口にタツナミソウが実をつけ、オケラの花が咲いていました。ダン菊のお終い花が咲いていましたが、風に吹かれて倒れていました。薬草の道を挟んでノリウツギの花後が風に揺れていました。道を直進すれば湿地園、合掌造りの家ですが左に折れて奥池を一周する小道をあるきました。ここには絵を描いている人たちが大勢見えました。池の中へ脚立を置いて松の木の剪定ちゅうの作業員がみえました、大変な仕事です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/10/30 08:56
ウメモドキ、ハウチワカエデ、イロハモミジ、キキョウ、コムラサキ、コハウチワカエデ
ウメモドキ、ハウチワカエデ、イロハモミジ、キキョウ、コムラサキ、コハウチワカエデ  也有園の道沿い雑木林でウメモドキが赤い実をつけていました、実は落葉後も残ります。茶室周りにハウチワカエデ、イロハモミジ、ノムラモミジ、コハウチワカエデとモミジの仲間がいろいろありました。ノミラモミジと名札のついた木がありましたが、葉が緑色で奇異に感じました。実家の庭にノミラモミジがあって、子供の頃から毎年見て記憶にありますが緑葉になったことはありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/10/29 08:43

続きを見る

トップへ

月別リンク

波止の釣り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる