鬼下野、オオハナウド、エゾスカシユリ、千島アザミ、サイハイラン、マツヨイセンノウ、コウリンタンポポ

 桃岩展望台からの帰路に見た花です。この辺りの車道は林道コース入り口近くでいろいろ珍しい花に出合うことが出来ました。花ガイドがつくツアーですから、皆さん花に夢中です。今回初めて野生のエゾスカシユリ、サイハイランに出合えてラッキーでした。  礼文島・桃岩展望台からの帰路にて 撮影:2019.6.21   オニシモツケ 学名:F…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

行者ニンニク、エゾ伊吹虎尾、礼文金梅草、仙台萩、礼文塩竃、山唐子、浜豌豆、エゾフウロ

 桃岩展望台からの帰路に見た花です。トイレから展望台広場に戻って、花ガイドさんが花の綺麗な所があるからと脇道に案内してくれたのですが、途中監視員が横で見張っているので引き返しました。帰路は来るときに登った段々道では無く、つまづく石が無い車道を歩きました。  礼文島・桃岩展望台からの帰路にて 撮影:2019.6.21   ギョ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

エゾイブキトラノオ、レブンキンバイソウ、オオハナウド、オオカサモチ

 桃岩の中には旧トンネルがありますから、ここまで桃岩の周りを登ってきたと言っても過言ではないでしょう。桃岩展望台へ来ました。展望台からは礼文島の奇岩、桃岩、猫岩が見えます。展望台広場から元知灯台脇を通って知床に向かう道があります。キツイ登り下りですが、歩いたことがあります。監視小屋横にトイレがありますので下って広場まで行きました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

礼文薄雪草、エソハコベ、礼文塩竃、礼文草、鬼男蓬、アポイ東菊、味噌川草、ウツボグサ、浜豌豆

 車道、進行方向に向かった右側の草地を主として見ました。礼文ウスユキソウ(別名:エゾウスユキソウ)が咲いていました。海に向かって垂れる急斜面に群生で咲いているのですが、今回は訪れませんでした。アチコチに礼文草の群生が見られました。礼文草に混じって立派な葉をしたオニオトコヨモギが生えていました。道端にアポイアズマギク、見たときは千本槍かと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大大根草、バイケイソウ、レブンシオガマ、センダイハギ、ヤマブキショウマ、ハマエンドウ、レブンソウ

 車道、進行方向に向かった右側の草地を主として見ました。レブンソウが群生していました、自然の姿は花壇の花より厳しい環境を現しています。ミヤマオダマキの群生地には姿がみえませんでした。土砂の崩落とともに消えたのでしょう。  礼文島・桃岩コースにて 撮影:2019.6.21   オオダイコンソウ 学名:Geum aleppicu…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

バイケイソウ、エゾ伊吹虎尾、深山金鳳花、山吹升麻、鬼下野、大傘モチ、シャク、山辛子、イワベンケイ

 車道、進行方向に向かった右側の草地を主として見ました。時々車が来ますので拡がって歩いている人に「車が来たぞ右に寄れ!」と声がかかります。オニシモツケが群生していました。ツボミが出来始めですが、成長すると巨大な花穂になります。今まで出てこなかったセリ科の植物シャクが咲いていました。花はマバラで目立ちませんが、葉は柔らかく新芽の時は山菜に…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大傘モチ、エゾ伊吹虎尾、浜豌豆、千島フウロ、深山金鳳花、山吹升麻、ギョウジャニンニク、バイケイソウ、大花ウド

 オオカサモチが咲いていました。人の背丈ほどになる草ですから奇異に思って調べてみましたが、羽状複葉で小葉は不揃いの鋸葉、葉状の総苞片が大きく、オオカサモチの特徴に一致します。この風の強い場所では大きくなれないのでしょう。紅色のエゾイブキトラノオが花盛りでした。中部山岳木曽駒ヶ岳の千畳敷カール標高2600mで見るイブキトラノオは純白ですが…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

礼文シオガマ、蔦漆、カモガヤ、千島フウロ、浜エンドウ、大花ウド、白山千鳥、岩ベンケイ

 金田ノ岬からバスは30分かかって香深港沿い旅館街に戻り、花ガイドさん二人を乗せて山道を登り、桃岩コース入り口へ来ました。今回の旅で最も楽しみにしていた桃岩付近の草木の花と風景です。このあたりは野生植物保護地区で監視員がいます。ツアー参加者を2班に分けて準備運動をして出発、足のご不自由なお二人はバスに残ってカナリヤパークへいらっしゃいま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ジンヨウイチヤクソウ、ヨツバヒヨドリ、マルバトウキ、エゾオオバコ、ハマツメクサ、フタナミソウ、レブン

 姫沼で名札の差し込んである草花に今回初めて出合いました、先回来たときはアチコチでみかけたのですが。バスは姫沼を出て、朝の出発場所沓形岬に戻り、約2時間半で利尻島を一周した事になります。沓形港から1日1便しか無い船に乗って40分、12時5分に礼文島の香深港に到着、バスで金田ノ岬にある有名な船舶漁業組合直営の食堂まで随分長い距離を走りまし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

マイズルソウ、ミズキ、ミヤマキンポウゲ、リシリアザミ、ツレサギソウ、ノリウツギ

 利尻島で南浜湿原を除けば最も景色と草花の期待できる姫沼です。バス下車前に30分でバスに集合して下さいとガイドが言う。会社定年後にボランティアとして旅行会社で働くおじさんガイド、周囲1㎞の木道を歩くには通常のツアーでは1時間、花を撮るには1時間半は欲しい。草花の写真を撮ってると遅れるので、追いつくのが大変、多分見落としが多いと思う。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

オオダイコンソウ、ミズキ、デージー

 仙法志御岬から反時計回りで近くのオタトマリ沼へ10分で到着、オタトマリ沼から見た冬の利尻山が、菓子白い恋人の包装デザインになっているそうです。29ヘクタールある池の周りを30分で歩くことは不可能ですが、左側の小道から少し中へ入ってみました。木イチゴだろうかと思う木がやはり実をつけていたのを見て引き返し、広場の草地でデージーが綺麗に咲い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

浜豌豆、野花菖蒲、白蓬、エゾカンゾウ、ハマナス、浜カンザシ、紅輪蒲公英、エゾフウロ

 昨夜のバイキングよりも立派なバイキング形式の朝食を済ませて、バスで反時計回りに利尻島最南端の仙法志御岬へ約30分で着きました。ここには岩場をコンクリートで囲ったプールに、ワカメちゃん、コンブちゃんと名のついた人に慣れたイルカが2頭いて、海岸への降り口に有る売店前で、餌(小魚数匹)は100円だよーと、おじさんが売っています。ここの草地に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

利尻ヒナゲシ、礼文草、ヒダカゲンゲ、利尻オウギ、伊吹麝香草、利尻竜胆、エゾチドリ

 早朝散歩から帰りホテル前の花壇の花を撮りました。紫色のレブンソウが元気に繁っていて、ピンク色とクリーム色の花も咲いていました。葉がそっくりなのでレブンソウの色違いだろうと思ったのですが、念のために書籍で調べてみたら、ヒダカゲンゲとリシリオウギでした。礼文島桃岩コースで花ガイドさんがヒダカゲンゲと言うのを聞いたのですが、花の写真を撮って…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

エゾフウロ、トウゲブキ、ヒレハリソウ、オオハナウド、ハマナス、オオダイコンソウ

 早朝散歩で宿への帰路に見た草木の花と風景です。沓形岬先端の展望台下の岩陰で今まで撮らなかった草花が咲いていました。ミソガワソウかもしれないと思われる花に出合いました。礼文島で案内してくれた花ガイドさんがミソガワソウと言うのをイヤホンで聞きましたから、存在する可能性はあるのですが、私が中部山岳で見る花より花色が鮮やかすぎて、間違っている…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

エゾカンゾウ、赤詰草、フランスギク、ミヤマオダマキ、ハマカンザシ、トカチピランジ、ヘラオオバコ

 沓形岬先端で見た草木の花と風景です。売店横に展望台が作られたようで上がってみましたら素晴らしい景色でした。早朝ですから売店は閉まっていましたが、立ち入らないで庭の花を望遠で撮らせて頂きました。売店の庭にはやはり珍しい白色のハマカンザシが咲き、今回初めて見るシレネ属のトカチピランジ は大雪山固有種だそうです。  利尻島・沓形岬公園…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

オオハナウド、ハマツメクサ、エゾノシシウド、エゾカンゾウ、ハマナス

 沓形岬先端半分ほどの地点で見た、草木の花と風景です。園地側は草が茂って踏み入れることは困難ですが、海側は岩の間を抜けて花に近づく事が出来る場所もあります。オオハナウドとハマナスが繁茂し、そのコラボレーションは見応えがあります。岩の間に舟を泊めて、水中箱(底に透明ガラスをはめた木箱)で見ながらバフンウニを捕っている漁師さんがいました。舟…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

オオハナウド、ハマナス、エゾノシシウド、エゾカンゾウ

 利尻島の宿は以前にもお世話になっていますので、付近のことは多少見知っています。朝5時に起きて宿の隣にある沓形岬公園の野生のハマナスを見に出かけてみました。案内図上部にある売店の庭に珍しい草花が植えられていることがありますので、そこまで出かけて、おなじ道を帰りました。公園の外周道から海側を見ると岩にハマナスやエゾカンゾウが繁って素晴らし…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

フェイジョア、青猫ミント、リナリア、タピアン、ニゲラ、虫取撫子、三角カタバミ、矢車菊

 アジサイを見た帰りに、ボランティアの管理する花壇を覗いてみました。途中フェイジョアの生け垣に花が沢山咲いていました。この花の花弁は甘くて食べられます。ボランティアの管理する花壇ではブルーキャットミントを始めとしていろいろな花が咲いていました。帰路本館横にヤナギ苺と名札の付いた木に花が咲いていました。今まで気がつきませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅花エゴ、ビワ、黒いサクランボ、クリ、アジサイ、ガクアジサイ

 当園に1本だけある紅花エゴに実が出来始めていました。山桜枝垂れ、枝垂れ桜(糸桜)に豆粒ほどの実が出来て黒く熟し道路に散乱していました。栗園では花が満開で、あの特有の香りがしていました。ビワ園ではビワの実が黄色く熟し防鳥ネットが張られていました。「黄色いサクランボ」という歌がありましたが、黒いサクランボとは言わないのでしょうか。当園南垂…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ボタンキンバイ、エゾスカシユリ、レブンウスユキソウ、ミヤマオダマキ、エゾゴゼンタチバナ、ミヤマキンポ

 稚内港からハートランドフェリーに乗って約90分で利尻島の鴛泊港へ到着したのが18時30分頃、バスに乗って沓形港近くの宿アイランド イン リシリへ19時近くに到着しました。宿の入り口には鉢植えの草花が名札付きでズラリと並んでいましたので、これ幸いと翌朝撮らせて頂きました。  稚内ー利尻島・利尻島宿前の花 撮影:2019.6.20-…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more