浜名湖釣日記2011年6月15日

画像  釣果:メジナ27cm、25cm各一匹キープ、小メジナ2匹リリース

 6月にクロダイが釣れることは、過去のデータからは期待出来ませんが、天候が回復し、日没1時間後が大潮の潮止まりという絶好の時合いですので、出かけて見ました。

 新居海釣り公園に着きましたら、天気予報とは違って東風がビュウビュウ吹いていましたが、折角来たのだからと車を出ました。気温26℃ですが風が強いので暑くはありません。3番T字堤には人がいてサビキをやっているようでした。新居堤は釣り人4人、小メジナを釣っている2人連れと、投げ込みでマダカ狙いでした。

 潮は上げ始めていて、水温は22℃、泥水のように酷く濁っていました。水面には千切れアマモが風に吹き寄せられて座布団のようになって流れるので仕掛けが絡んで釣りになりません。干満差1mを越える大潮ですので、狭い水道を浜名湖へ流れる込む潮の動きが激しく、怒濤のようです。
 
 水面にイワシのような細長い小魚が沢山いて跳ねますのでピチャピチャと水音が聞こえます。やがてチドリの仲間でしょうか、4~50羽はいるのではないかと思われる大群が集まってきて。キーキー鳴きながら魚を狙って空中より海面に飛び込んで来ます。トンビも仲間いりですが魚を獲るのは下手です。

 流れ藻と、激流で竿を出してみたものの釣りにならず、テトラの根を探ってみましたら小メジナ2匹でした。向かい風が強いのでコマセも飛ばず、足元の砂が舞い上がって目を開けていられないこともしばしばで、風が冷たいのでウインドブレーカーをはおりました。日没後、潮の緩んだところでキープサイズのメジナが2匹釣れましたが、黒鯛の気配はありませんでした。ケーソン上でクロダイを狙っていたのは私一人だけでした。

 暗くなって潮が緩んだ頃にマダカ狙いの人々が現れて、電気ウキで潮目を流していました。7名ほどいたでしょうか、50~70cmはあるのではないかと思われるマダカが5~6匹出るのを見ました。エサはストロー虫だそうです。昨夜も出たそうで、どこかの会社にお勤めの人々でしょうか友達同士のようでした。昼間は投げ込みの人が、10号のラインを切られたと言っていましたから、大きいスズキがいるようです。

 新居海釣り公園に沢山いた野良猫を1匹も見かけなくなりました。釣り上げたクロダイに飛びついて盗られたこともありましたが、いなくなるとどうしたのだろうと思います。野犬、野良猫捕獲の張り紙がありましたから、全部捕獲されたのかも知れません。

撮影 2011.6.15



 3番T字堤 新居海釣り公園 撮影 2011.6.15
画像



 タコ足 撮影 新居海釣り公園 撮影 2011.6.15
画像



 新居弁天 撮影 2011.6.15
画像



 新居堤入り口 撮影 2011.6.15
画像



 新居堤 撮影 2011.6.09 14:09
画像



 表浜に打ち上げられた千切れアマモ 撮影 2011.6.09 17:01
画像


潮時、タックルなど詳細はホームページ 波止の釣り に書いております。なお、当サイトにはアフィリエイトや広告宣伝などは一切置いておりません。


"浜名湖釣日記2011年6月15日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント