マメナシ、エゾノコリンゴ、マメガキ、クチナシ、モチツツジ、コムラサキ

氷河期の遺存植物マメナシに実がついていました。国内の自然木は350本ほどしか無く、その4割が当市守山区に生育しているそうです。四季の花園渓流沿いの小道への入り口にマメガキの木があり沢山実がついていました。柿渋を採取するため江戸時代に渡来したのだそうです。渓流の畔にクチナシが咲いていました。道の柵を越えて立ち入るのは躊躇われますので望遠で撮りました。実は山梔子と称し食用色素(栗きんとんの黄色)漢方ではヒステリー薬に配合されます。コムラサキが数株あるのですが、日当たりの良い場所では蕾が大きくなり花が咲き始めていました。

名古屋市立東谷山フルーツパーク 四季の花園にて 撮影:2022.6.10


  マメナシ 学名:Pyrus calleryana バラ科ナシ亜科ナシ属 別名:イヌナシ 四季の花園にて 撮影:2022.6.10
IMG_1681.JPG
氷河期の遺存植物で絶滅危惧種

IMG_1682.JPG
IMG_1683.JPG
IMG_1684.JPG


  エゾノコリンゴ 学名:Malus baccata var. mandshurica バラ科 撮影:2022.6.10
IMG_1685.jpg
実は1cm程になり、庭木に用います

IMG_1686.JPG
マメナシと道を挟んで向かい合う

IMG_1687.JPG
IMG_1688.JPG


  マメガキ 学名:Diospyros lotus カキノキ科 撮影:2022.6.10
IMG_1689.JPG
柿渋を採取するため江戸時代に渡来

IMG_1690.JPG
IMG_1691.JPG
IMG_1692.JPG
石橋を渡ると渓流添いの小道



  クチナシ 学名:Gardenia jasminoides アカネ科 撮影:2022.6.10
IMG_1693.jpg
IMG_1694.JPG
実は山梔子と称し食用色素



  モチツツジ 学名:Rhododendron macrosepalum ツツジ科 撮影:2022.6.10
IMG_1695.JPG
1輪だけ咲いていました

IMG_1696.JPG


  コムラサキ(小紫) 学名:Callicarpa dichotoma クマツヅラ科 撮影:2022.6.10
IMG_1697.JPG
別名:コシキブ

IMG_1698.JPG
IMG_1699.JPG
IMG_1700.JPG
渓流の水は干上がってます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2022年07月05日 07:30
マメナシ、信州で食べた事があったような?
エゾノコリンゴはアルプスの乙女よりもかなり小さい?
クチナシ、タコさんがいっぱいいますね(^o^)丿
クンショウギク?? それはガザニアでは???
クチナシもそう呼ばれてるんですか?
菊ではないから、だったら勲章花?なのかしら。

2022年07月05日 09:52
nobaraさんコメント有難うございます。エゾノコリンゴは大豆ほどで、アルプス乙女はピンポン球ほどです。勲章菊はガザニアです。前日の記述を消し忘れです。お教え有り難うございます。早速消します。