クレソン、オオカワヂシャ、ナワシロイチゴ、オヘビイチゴ、ノミノツヅリ、オオアマナ、ハルジオン、カラスノエンドウ

 遠くにある平池の水が暗渠を通って流れ落ちる場所に、クレソンとオオカワジシャが咲いていました。クレソンはステーキの添えに使われますから食べられるのでしょう。堤防の草道に上がって橋の近くまで歩いて見ました。橋のたもとの丘の上には区画整理でお移りになられた鎮守様が祀られ木が茂っています、そこにオオアマナが咲いていました。誰かが植えたのでしょうか。

 庄内川河畔にて 撮影:2020.4.25


  クレソン 学名:Rorippa nasturtiumaquaticum アブラナ科 撮影:20204.25
IMG_4507.JPG
別名:オランダガラシ

IMG_4508.JPG
IMG_4509.JPG
IMG_4510.JPG
モンシロチョウがいました



  オオカワヂシャ 学名:veronica anagallis aquatica ゴマノハグサ科 撮影:2020.4.25
IMG_4511.JPG
水の流れる場所に生えます

IMG_4512.JPG
自宅の鉢に移植したことありますが、枯れずに咲きました

IMG_4513.JPG
IMG_4514.JPG
IMG_4515.JPG
庄内川本流へ流れ込む場所



  ナワシロイチゴ 学名:Rubus parvifolius バラ科 別名:サツキイチゴ 撮影:2020.4.25
IMG_4516.JPG
足下を見たらツボミが出来ていました



  オヘビイチゴ 学名:Potentilla sundaica var. robusta バラ科 堤防上にて 撮影:2020.4.25
IMG_4517.JPG


  ノミノツヅリ 学名:Arenaria serpyllifolia ナデシコ科 撮影:2020.4.25
IMG_4518.JPG
萼が花弁より長い

IMG_4519.JPG


  オオアマナ 学名:Ornithogalum umbellatum ユリ科 鎮守の森裾にて 撮影:2020.4.25
IMG_4520.JPG
別名:ベツレヘムノホシ

IMG_4521.JPG


  ハルジオン(春紫苑) 学名:Erigeron philadelphicus キク科 鎮守の森裾にて 撮影:2020.4.25
IMG_4522.JPG
IMG_4523.JPG


  カラスノエンドウ 学名:Vicia sepium マメ科 鎮守の森裾にて 撮影:2020.4.25
IMG_4524.JPG
IMG_4525.JPG


  河畔の風景 撮影:2020.4.25
IMG_4526.JPG
橋上を走る車の交通量は多いです
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年05月13日 08:11
クレソンは面白い花が咲きますね。花を見たのは初めてです。カラスノエンドウを久しぶりに見ました。
2020年05月13日 08:42
夢楽さんコメント有難うございます。そちらにはカラスノエンドウございませんか、庭に繁茂して困っています。
2020年05月13日 10:53
河畔では意外に多くの花が見つかりましたね。
オオアマナ以降は住宅街でも見つかりますが、それから上の花は江戸川の河原でも見たことが無いですよ。
2020年05月13日 11:27
長さんコメント有難うございます。例年この時期には、植物園やバラ園の花に夢中で、河畔を撮って歩くことも無いのですが、新コロナのおかげでいろいろ勉強になります。まだまだ面白い花も登場します。予定していた北海道花の浮島へのツアーもキャンセルになりました。
目黒のおじいちゃん
2020年05月13日 11:32
寿々木さん
クレソンは大好きです。
クレソンを見ると美味しそうと感じます。
沢山入手したときは天麩羅や胡麻和えで頂いたりしています。
2020年05月13日 13:28
目黒のおじいちゃんコメント有難うございます。クレソンはステーキの添えについていた記憶があります。今は歯が悪くて柔らかい物しか食べられず残念です。
野菜の代わりに出来るのでしょうが誰もとりません。堤防草地に生えるヨモギの新芽を採取する人は居ますが・・
shuuter
2020年05月13日 16:03
クレソン とオオカワヂシャ 私も撮りました。
外来種 やはり強いです。

在来種 それだけ減っているのでしょう。
2020年05月13日 17:25
shuuterさんコメント有難うございます。クレソンにオオカワジシャ、そちらでもございますか。クレソンは私の歩く範囲では此所だけですが、オオカワジシャは水が浸かっている場所にもございましたが数が減ったようです。外来種は繁殖力が強く蔓延るようですね。
2020年05月13日 20:11
河畔で咲くのはこちらも一緒ですね。
同じ花を私も見ましたよ。
オヘビイチゴ の葉は少し細いですね。
ノミノツヅリ、ちっちゃなお花ですよね。
ノミノフスマっていうのもありますね。
同じくらい小っちゃいですね。
オオアマナ はハナニラのような(― ―*)。。oO
2020年05月14日 08:46
nobaraさんコメント有難うございます。ノミノフスマは花弁数が多くてハコベに似ていますね。オオアマナとハナニラはよく似ていますが開花時期が少し違いますね。当方庭にも生えるのですがどちらだったか迷います。