コウトウヒスイラン、カランセ、オンシジュウム

画像 バンダの仲間で、植物体が小さく、小花を沢山つけるコウトウヒスイランが爽やかな香りを漂わせていました。

 コウトウヒスイランは沖縄県石垣島で古くから栽培されており、日本で唯一バンダ属(ヒスイラン属)に属するランです。沖縄では2月頃から開花を始め、開花株の側を通るだけで「爽やかな香り」を楽しめます。この展示株は海洋博公園でタネから育てられました。

 コウトウヒスイランの着生する柱の下に黄色い花で、バンダの葉というよりは、エビネのような葉を持ったのが咲いていました。カランセの仲間でしょうか。

 カランセはエビネの仲間で東南アジアを中心に分布するランです。唇弁が大きく肥大して花が二つあるように見えます。休眠期にバルブ(偽球茎)の付け根から花茎を長く伸ばしてその先端に10数輪の花を咲かせます。落葉性と常緑性の2種類があります。名前はギリシア語のカロス(美しい)とアンソス(花)の2語からなり、花の姿に由来します。

 熱帯ドリームセンター・バンダ室にて 撮影:2012.1.17



 コウトウヒスイラン 学名:Vanda lamellata ラン科 熱帯ドリームセンター・バンダ室にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像



 エビネのような葉をしています 熱帯ドリームセンター・バンダ室にて 撮影:2012.1.17
画像

画像



 カランセ 学名:Calanthe ラン科 熱帯ドリームセンター・バンダ室にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



 オンシジュウム・オーニトリンクム 学名:Oncidium ornithorhinchum ラン科 熱帯ドリームセンター・バンダ室にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像

画像

画像


当画像は 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム 「沖縄2012」として掲載予定いたしております。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2012年01月30日 12:38
コウトウヒスイラン 中央と筋の感じが可愛いですね。
香りのする蘭は好きですね。
2012年01月30日 16:54
ランの色や形の多さに驚いています。
どの花にも味わいがあります、甲乙つけ難い。
2012年01月30日 18:46
コウトウヒスイランなど、今回も珍しいランが登場しましたね。
日本で唯一のバンダ属ですか。貴重品ですね。
2012年01月31日 07:12
shuuterさん、コメント有難うございます。とてもよい香りのする小振りの花で、小さな温室むきです。
2012年01月31日 07:14
naka-ziziさん、コメント有難うございます。ランにも色々御座いますね。温室に落葉性のランがあるとは知りませんでした。
2012年01月31日 07:17
長さん、コメント有難うございます。コウトウヒスイランがあの薄紫色をした大きな花のバンダの仲間だとは知りませんでした。
2012年01月31日 09:27
小振りな可愛らしい、しかも香りが良さそうなのばかり!
オンシジウムって黄色のタイガーみたいなのばかりかと思ってましたが、可愛らしいのもあるのですね~
カランセも可愛い~ですね。蘭には手を出せませんが・・
2012年01月31日 13:25
芳香にむせ返りますね。沖縄でも温室があるのでしょうか?
2012年02月05日 11:55
nobaraさん、コメント有難うございます。風邪で倒れてRESが遅れて申し訳ありません。そうですね、ダンシングオーキッドと呼ばれる黄色い花ですね。別名で後ほど出て参ります。
2012年02月05日 11:57
目黒のおじいちゃんコメント有難うございます。RESが遅れて申し訳ありません。
沖縄にも温室が御座います。ここには、5個ほど大きな温室がありまして、ただいま2個目をご紹介中です。