カミヤツデ、キバナセンニチコウ、コブクザクラ

画像 お花畑の隅に巨大なヤツデがツボミをつけていました。カミヤツデというのだそうで、カミヤツデはウコギ科の常緑低木です。茎の髄を乾燥させて、薄く切った物を通草紙といい、造花や書画で使う紙の一種で、これが紙八手の名前の由来だそうです。関東以西の暖地では庭植えも可能で野生化群生しているものもあるそうです。

 お花畑に、キバナセンニチコウの一種でストロベリーフィールズと呼ばれる赤い花が沢山咲いていました。クローズアップしてみますと黄色の小花らしきものがみえます。黄花といいますから、赤いのは苞葉でしょうか。

 お花畑のはずれの南斜面は桜の回廊と称して多種類の桜が植えられていますが、コブクザクラが花をつけているだけでした。お花畑のはずれには休憩所兼展望台があります。私はここの自販機で飲み物を買って水分補給をする癖がついて、ここで一服。ここから道は坂を下って竹類展示園へ向かいます。

 名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮影:2011.11.20
 


 カミヤツデ 学名:Tetrapanax papyriferus ウコギ科 別名:ツウソウ 名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮影 2011.11.20
画像



 黄花千日紅 学名:Gomphrena haageana cv. Strawberry Fields ヒユ科 名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮影 2011.11.20
画像

画像

画像



 小福桜 学名:Purunus X kobuku-zakura バラ科 名古屋市立東山植物園・桜の回廊にて 撮影 2011.11.20
画像

画像

画像



 お花畑展望休憩所 名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮影 2011.11.20
画像

画像

画像
休憩展望台から振る帰ると、お花畑は丘陵地だったことが分かる


当画像はホームページ 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム「東山植物園2011No.2」として掲載予定いたしております。なお、当ホームページ並びにブログには悪意あるcookieなどを送りつける可能性があるアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年12月18日 14:42
カミヤツデは夢の島熱帯植物館で1月下旬に見たことがありますが、11月末ごろから咲くんですね。ということは、普通のヤツデと同じと言うことですね。
コブクザクラの緑の萼が可愛いです。
2011年12月18日 14:55
キバナセンニチコウ、圧巻ですね。
子福桜も、けっこう花数が多いですね。
2011年12月18日 15:14
長さん、コメント有難うございます。カミヤツデは12月末頃に小花が球状につきます。今の時期咲いているのは、コブクザクラと十月桜くらいなものでしょう。
2011年12月18日 15:18
naka-ziziさん、センニチコウは紅紫色で、キマナセンニチコウは赤色なんです。
2011年12月18日 18:01
カミヤツデ が登場しましたね。
私も先日撮りました。
写真の材料が少ないので小出しにしています。
2011年12月18日 18:16
shuuterさん、カミヤツデの小さな花弁が見られる開花は来年になってからですね。まだ、12月現在でもつぼみ状態でした。
2011年12月18日 20:48
ヤツデの花もよ~くみると可愛いです。
カミヤツデも同じような花が咲くのかしら?
子福桜、楚々としていますが健気ですね~
ジュウガツサクラよりは小振りなようですね。
キバナセンニチコウ、可愛い花で大好きです。
黄色のほんとの花がユニークですね。
2011年12月19日 00:29
この花、千日紅と思っていました。 真っ赤なのがキバナセンニチコウなんですね。
2011年12月19日 07:19
nobaraさんコメント有難うございます。カミヤツデの花は花柄も毛深くて感じが違いますが、ヤツデと同じような4花弁の花が咲きます。開花は一番寒い頃です。
黄花センニチコウは名に偽りありと言いたいような見かけです。黄色いパキスタキスもシロエビソウと言うが如し、でしょうか(^o^;;
2011年12月19日 07:22
小梨さんコメント有難うございます。私もなんですよ。千日紅と思っていました。調べましたら本物は赤紫で少し色合いが違うようです。

この記事へのトラックバック