アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
波止の釣り
ブログ紹介
ニックネームを寿々木といいます。釣りが好きで「波止の釣り」というホームページを1996年に書き始めましたが、昨今は山野草を追いかけています。草花、高山植物や山の写真など掲載しております。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ブタナ、ヤマモモ、アキニレ、柿、ブラックベリー、サルビア・ミクロフィラ
ブタナ、ヤマモモ、アキニレ、柿、ブラックベリー、サルビア・ミクロフィラ  芝生広場の草地は一面にブタナが咲いていました。南門前では綿毛が目立ちましたが此所ではほとんど目立ちません。草刈りの時期が遅かったのでしょう。ヤマモモの木に実ができる頃だと思って近寄りますと実が落ちてしまったようで雌株の周りに散乱していました。カラスが来て青い実も落とすようです。ブラックベリーの花が咲き出しました。名の通り実は真っ黒で苺ほどの大きさです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 5

2018/06/24 08:55
庄内川河畔で見た草木の花と風景
庄内川河畔で見た草木の花と風景  庭に移植したバーベナ・リギダが咲いたので、河畔ではもっとまともな姿が見えるだろうと河畔を歩いて見ました。堤防の上と斜面はオオキンケイギク退治のためブルドーザーで刈り取りが行われ草花はほとんどありませんが、高さ5m程の住宅地の擁壁にナワシロイチゴの実が沢山ありました。ブルドーザで草を刈った後にネジバナが1本咲いていました、ここで見るのは初めてです。堤防を下りて水辺では藺草の群生する中にバーベナ リギダが咲いていました。仲間のバーベナ ブラジリエンシス(荒地花笠)は至る所で群生しています。美しいハ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/06/23 08:52
庭の草木の花 6月中旬
庭の草木の花 6月中旬  猫の額ほどの放りっぱなしの荒れた庭ですが、ニッコウキスゲが開花し、紺菊の繁茂した中でサルビアミクロフィラが花穂を伸ばして咲きました。河畔から移植したバーベナ・リギダが冬を越して開花しました。繁茂したので邪魔になりかなり処分したのですがアガパンサスも咲き出しました。庭にあったビヨウヤナギを強剪定したら枯れてしまったのですが、こぼれた種が大谷石の擁壁で発芽して満開です。道路に散るので頻繁に掃かねばなりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/06/22 08:49
アジサイ、メタセコイア、花梅 紅牡丹の実、ナンテン、モミジバフウ、ツツジ、ナツメ、トキワハゼ
アジサイ、メタセコイア、花梅 紅牡丹の実、ナンテン、モミジバフウ、ツツジ、ナツメ、トキワハゼ  湿地園横に生ける化石といわれるメタセコイアが10本生えて落葉していたのですが葉が茂りました。木下にアジサイが2株咲いていました。梅園では花梅 紅牡丹が立派な実を沢山つけて実が道路に散乱していました。日本庭園入り口の南天は花が咲き始め、ツツジは残り花でした。日本庭園広場ではシンボルツリーのモミジバフウが茂っていました。日本庭園裏道を通って芝生広場に入りました。入り口に花梅 楊貴妃の古木があるのですが実はついていませんでした。その隣にナツメの木が2本あって緑色の小さな花をつけていました。ナツメの果... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/06/21 09:48
ワルナスビ、ブタナ、紫カタバミ、ザクロ、唐白鳥花、ナガバオモダカ、ハンゲショウ
ワルナスビ、ブタナ、紫カタバミ、ザクロ、唐白鳥花、ナガバオモダカ、ハンゲショウ  朝から晴天でしたので、アジサイが見頃だろうと当地東谷山フルーツパークを2ヶ月ぶりに訪れました。南門前駐車場を出て横断歩道を渡るとワルナスビが咲いていました。南門前の草地にはブタナが大繁殖、草地は刈り込まれているのですがすぐ花穂を伸ばします。当園では梅、アンズ、スモモの実は落ちるに任せて梅園では梅の甘酸っぱい香りが漂っていました。湿地園ではトウハクチョウゲが満開で半夏生の花穂が伸び花が咲き始めていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/06/20 08:13
シロバナノヘビイチゴ、ミヤマハタザオ、ズミ、ヤマツツジ
シロバナノヘビイチゴ、ミヤマハタザオ、ズミ、ヤマツツジ  5月24日朝目を覚ましたら雨はやんでいました。朝食前に宿の近くを散歩しました。田代橋まで歩きましたが、期待した山の隙間から陽光が射す風景は雲に邪魔されて撮れませんでした。戻って梓川右岸を宿方向に歩きました。堤防の草むらに、シロバナノヘビイチゴやミヤマハタザオが群生していました。宿の従業員宿舎前の草地にズミの小木があって開花し始めていました。9時前にタクシーで沢渡の駐車場まで移動し、マイカーで野麦街道を走って奈川に出ました。この辺りでは山ツツジが各所に咲いているのが見えるのですが、道が狭く駐車不... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/19 08:48
オオカメノキ、ズミ、白花ノヘビイチゴ、キジムシロ、ミヤマハタザオ、ウワミズザクラ
オオカメノキ、ズミ、白花ノヘビイチゴ、キジムシロ、ミヤマハタザオ、ウワミズザクラ  小梨平入り口ではオオカメノキが出迎えてくれました。ビジターセンターの周りにはズミ(小梨)の古木が数本あり花が咲き始めていました。上高地の小梨平はこの木による名ですが、ズミは元々上高地には無く、林業振興のため持ち込まれたものだそうです。草地に咲く花を撮り、傘を差して帰路につきました。ウエストン園地湿原手前の梓川側道脇で、今回初めてウワミズザクラに出会いました。以前は穂高橋のたもとや大正池付近で見かけたのですが今年は咲いていませんでした。雨が本降りになって来たので宿に帰りました。小雨の中を1時間ほ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/06/18 08:42
トチバニンジン、オオバタネツケバナ、ツボスミレ、クサソテツ、ミヤマオダマキ、ケショウヤナギ
トチバニンジン、オオバタネツケバナ、ツボスミレ、クサソテツ、ミヤマオダマキ、ケショウヤナギ  朝食後朝8時半、降り出しそうな天気だけど小梨平のズミの様子が見たくて、傘を持って出かけることにしました。ウエストン園地を覗いてみましたら群生していたテングクワガタの花は手を合わせるように閉じていました。雨の防御態勢でしょうか、小川の畔にオオバタネツケバナが咲いていましたので撮りました。舗装された広い道を歩くと道沿いの草地にツボスミレが原生していました。西糸屋山荘前に沢山のクサソテツが生え、ミヤマオダマキが咲いていました。これは人為的なものでしょう。河童橋に着く頃には時折小雨がぱらつきましたが、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/06/17 08:18
マイズルソウ、紅花イチヤクソウ、オクノカンスゲ、紫ケマン、オシダ、ミゾソバ
マイズルソウ、紅花イチヤクソウ、オクノカンスゲ、紫ケマン、オシダ、ミゾソバ  大正池手前の森を出て、来た道を引き返しました。田代湿原前に舞鶴草の群生地がありますが皆ツボミでした。梓川左岸の田代橋近くの湿地にはオクノカンスゲの大群生を見ました。田代橋、穂高橋を渡って直進しますと西穂高岳登山道入り口ゲートです。此所を宿とは反対方向へ左折しました。この道を進むと山小屋の荷物を上げ下げするヘリポートへの道と焼岳登山口があります。この辺りはミゾソバの群生地で花を撮ろうと探しましたが、まだ双葉の状態で花はありませんでした。標識の周りにムラサキケマンが群生していました。宿へ帰着したの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/06/16 08:55
エンレイソウ、ミヤマハコベ、ノブキ、「中千丈沢押出し」の風景、イヌコリヤナギ
エンレイソウ、ミヤマハコベ、ノブキ、「中千丈沢押出し」の風景、イヌコリヤナギ  大正池手前の森は葉が茂ると昼間でも薄暗い森です。緑色の萼片をつけたエンレイソウが咲いていました。エンレイソウは葉が3個、萼片3個、雄蘂3個、柱頭3裂など3の倍数で構成され、属名トリリウムは三数性の意味だそうです。森の中ではノブキが群生しています。花期は夏ですが蕗の葉によく似ていますが葉柄にヒレがあります。花はフキと全く違い、実は粘着性があって通行人の衣服に付着して移動します。森を出ると霞沢岳から崩落した砂礫で埋まり、山岳地図では「中千丈沢押出し」と記載されている場所です。この辺りの風景を撮影し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/06/15 08:42
スモモ、オクノカンスゲ、オオタチツボスミレ、田代湿原朝の風景
スモモ、オクノカンスゲ、オオタチツボスミレ、田代湿原朝の風景  5月23日朝5時起床、外を見ると曇っていますが雨は降っていませんので、大正池へ早朝散歩しました。ホテル前でこの時期花が咲いているスモモの木には花はありませんでしたが、上高地温泉ホテル前の温排水が流れ込み蛍のいる池の畔で花が咲き始めていました。早足で歩いて宿から田代湿原まで22分、大正池手前の森入り口まで28分でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/06/14 09:21
イヌコリヤナギ、マメザクラ、ハウチワカエデ、ドロノキ
イヌコリヤナギ、マメザクラ、ハウチワカエデ、ドロノキ  大急ぎで歩きましたが田代池往復は1時間かかって宿へ帰着しました。山の夕暮れは早く宿前の山は夕景色、先輩に「山では3時に山小屋に入れ」としつこく言われました。宿の庭にはマメ桜が咲いて実ができていました。以前この木に豆果が出来て、アニメの巨匠宮崎駿ご夫婦と一緒に見て驚いたなーと言ってみえたのを思い出しました。庭ではハウチワ楓が大きくなって花が咲いていました。この木は冬場野猿の被害に遭ってないようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/06/13 08:36
田代湿原と田代池の風景、レンゲツツジのツボミ、バイケイソウ とオオウバユリの若草
田代湿原と田代池の風景、レンゲツツジのツボミ、バイケイソウ とオオウバユリの若草  翌日が本格的な雨の予報なので、ちょっと無理をして田代池まで歩きました。宿前を出たのが3時半、早足で歩いて田代湿原についたのが4時で、黄昏れの気配が迫る風景を撮りました。レンゲツツジとオオバキスミレの花に出会えるかと期待していたのですが、駄目でした。田代池から戻って大正池方向へ少し歩いて見ました。常時、道の上を水が流れている道路手前の小川の畔にオオバキスミレが咲くのですが、期待した場所にはシナノザサが繁茂していて姿が見えませんでした。田代湿原の林の中には高山植物バイケイソウの若草が出ていました。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/06/12 08:27
クリンソウ、ワサビ 、トウゴクミツバツツジ、梅花藻、ネコノメソウ
クリンソウ、ワサビ 、トウゴクミツバツツジ、梅花藻、ネコノメソウ  ホテルの部屋で小一時間休憩してカメラを持って外へ出ました。ホテルの庭には小川が流れクリンソウとワサビの花が咲いていました。堤防へ上がって振り返ると明~岳が見えます。田代池へ行くつもりで下流方向に歩き、穂高橋と田代橋を渡って梓川左岸に出ます。両橋の上から清流が音を立てて流れる風景を見るのは格別です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/06/11 08:39
岳沢湿原、レンゲツツジ、逆さ六百山、テングクワガタ、タチツボスミレ
岳沢湿原、レンゲツツジ、逆さ六百山、テングクワガタ、タチツボスミレ  河童橋を渡って梓川右岸に移り少し上流方向に歩くと堤防が高くなって見晴らしのよい場所になります。ここからは穂高連峰と明~岳がよく見えます。岳沢湿原に咲くレンゲツツジが見たくて明神池方向の道を歩きました。岳沢湿原ではお目当てのレンゲツツジの蕾は固かったです。鴨やオシドリのツガイが子育てをする湖面上には六百山の影が映っていました。来た道を河童橋方向へ戻り、そのまま梓川右岸を下りウエストン園地へ上がりました。草地にセイヨウタンポポが群生、この花は早朝は閉じてますので確認は容易です。草地に小さな青い花が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/06/10 08:41
コウモリソウの出芽、オオカメノキ、ホンシャクナゲ、キジムシロ
コウモリソウの出芽、オオカメノキ、ホンシャクナゲ、キジムシロ  明~の草地でコウモリソウの面白い出芽を見つけました。細く丸まった葉をつけた茎6本がタケノコの様な皮に包まれて地中から伸びて来て、ちょうど爆ぜたところが撮れました。下流に向かう梓川右岸の道は見通しも悪く、山裾の登り下り階段が続くので体力を消耗しますし、来るときにホンシャクナゲを見逃したので明~から梓川左岸を小梨平へ帰ることにしました。  明神前砂丘から1分ほどの距離の山側突き出た崖の上にホンシャクナゲを見つけました。突き出た崖を抱くように生えていますので一画像に収まりません。上高地でシャクナゲ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/06/09 08:59
ミヤマキケマン、ズミ(小梨)、エゾムラサキ、ラショウモンカズラ、ニリンソウ、サナギイチゴ
ミヤマキケマン、ズミ(小梨)、エゾムラサキ、ラショウモンカズラ、ニリンソウ、サナギイチゴ  明~館北側の草地で見かけるキケマンが軒下で咲いていました。これは植えたのでは無く種が飛んできたのでしょう。明~館前にはズミ(小梨)の古木が2本あり、沢山の蕾をつけていました。建物の南側に張り出した枝が開花し始めていましたので望遠機能で拡大して撮りました。明~館前を明神橋(北方向)へ向かって歩きますと、草地にエゾムラサキが咲いていました。この湿地では夏になると草丈1mにも育ちます。キケマンは花が少なかったですが、もう少し暖かくなると群生します。明神橋のたもとではサナギイチゴが群生していました。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 11

2018/06/08 08:45
シロバナエンレイソウ、オオバユキザサ、ヤグルマソウの芽、オオカメノキの両性花、ミヤマニワトコ
シロバナエンレイソウ、オオバユキザサ、ヤグルマソウの芽、オオカメノキの両性花、ミヤマニワトコ  シロバナエンレイソウが明~館裏の林の中では群生していました。道を進むと六百山から崩落する土砂や岩石で埋まる川があります。ブルドーザが働きますので川幅は以前の倍以上になりました。橋を渡ると徳本峠への分岐点で道標があります。ここで明~館へ引き返しました。帰路林の中にトチバニンジンの姿が無いかと探しながら歩きました。残念ながら発見できませんでしたが、クルマバツクバネソウが群生し、矢車草が褐色の若芽を出していました。小さな赤い実を無数と言ってよいほど沢山つけるミヤマニワトコが蕾をつけているのに気がつき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/06/07 08:22
ミドリニリンソウ、オオバユキザサ、ネコノメソウ、ハクサンハタザオ、クルマバツクバネソウ
ミドリニリンソウ、オオバユキザサ、ネコノメソウ、ハクサンハタザオ、クルマバツクバネソウ  明神館手前のニリンソウ群生地で緑色の花をつけたミドリニリンソウを見つけました。ミドリニリンソウは葉が花へ変化したことを示唆し「先祖還り」したものです。ホテルの草花に詳しいお兄ちゃんに依りますと、花は「四つ葉のクローバ」の10倍幸せを招く効果があるそうです。明~館前の湿地にネコノメソウが咲いていました。ここで鴨の番(ツガイ)を見かけることが多いのですが、今回はいませんでした。明~館前の道は穂高奥宮参道になります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/06/06 08:50
ツバメオモト、エンレイソウと紫エンレイソウ、ラショウモンカズラ、クリンユキフデ、サンカヨウ
ツバメオモト、エンレイソウと紫エンレイソウ、ラショウモンカズラ、クリンユキフデ、サンカヨウ  明神の砂丘手前でツバメオモト数株がカニコウモリに囲まれて咲いていました。亜高山帯針葉樹林に生える多年草ですが、数が少ないので出会えたのは幸運でした。ツバメオモトは明神橋を渡って梓川右岸を下流に向かって堤防を少し歩き、道が自動車道と合流する地点山側でよく見たものです。明~館の付近にはシロバナエンレイソウの変種のムラサキエンレイソウが生えています。色は薄いけど2株に出会いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 9

2018/06/05 08:40

続きを見る

トップへ

月別リンク

波止の釣り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる