アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
波止の釣り
ブログ紹介
ニックネームを寿々木といいます。釣りが好きで「波止の釣り」というホームページを1996年に書き始めましたが、昨今は山野草を追いかけています。草花、高山植物や山の写真など掲載しております。アルバムはホームページの花の小部屋からご覧頂けます。なお、悪意あるクッキー等を送りつけることがあるアフィリエイトや広告バナーは一切置いてありません。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
桜(蘭蘭、紅豊、松前薄重染井、松前花染井、松前八重寿)
桜(蘭蘭、紅豊、松前薄重染井、松前花染井、松前八重寿)  東山植物園南東丘陵(通称お花畑)の南垂れ斜面、桜の回廊で見た花です。この時期ここでは紅色の八重桜が多いのですが、白い八重桜 蘭蘭 が目立ちました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/23 08:16
桜(糸桜、アメリカ、霞桜、大山桜、山桜)
桜(糸桜、アメリカ、霞桜、大山桜、山桜)  東山植物園南東丘陵桜の回廊で見た花です。回廊の中央部を通る石段のわきに糸桜(別名枝垂れ桜)が街路樹のように植えられていますが、開花時期が早いので花は散って葉桜でした。アメリカという名札がついた桜がありました、日本からワシントンへ渡ったソメイヨシノが品種改良されて里帰りしたものだそうです。    名古屋市立東山植物園・ 桜の回廊にて 撮影:2017.4.19 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/22 08:24
桜(一葉、旗重大島、普賢象、思川、穂咲彼岸八重桜)
桜(一葉、旗重大島、普賢象、思川、穂咲彼岸八重桜)  東山植物園南東丘陵お花畑の南垂れ地形を利用した桜の回廊でみた花です。学名表示は一般的なバラ科サクラ属表示で行いました。なお、名札の学名表示はバラ科桜亜科表示になっています。       ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/21 08:11
桜(鬱金、嵐山、松月、兼六園菊桜、関山)
桜(鬱金、嵐山、松月、兼六園菊桜、関山)  東山植物園南東丘陵(通称お花畑)の南垂れ斜面に多種類の桜が植えられて桜の回廊と称しています。一重咲きの桜は殆ど散っていましたが八重咲きの桜はまだ花が残っていました。名札が全て取り替えられて、学名表示が変更されていました。桜の学名はPrunus属で始まるのが一般的なのですが、これをやめてCerasus(サクラ亜科)になっていました。変更理由を知りたいものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/20 08:23
ハルジオン、花車、猩々袴、ナシ、紅花トキワマンサク、西洋ガマズミ、アメリカハナズオウ
ハルジオン、花車、猩々袴、ナシ、紅花トキワマンサク、西洋ガマズミ、アメリカハナズオウ  ビオトープ(東海の森保存園)入口前に、モチツツジの園芸品種ハナグルマがありますので覗いて見ましたら細い花弁を持った花が数輪咲き始めていました。当園南東丘陵にあるお花畑の登り口にショウジョウバカマが数株あるのですが、花は終わっていました。 狭く急な坂道を登りますとお花畑で、入口に梨の木が2本満開でした。道沿いに桜の回廊がある南斜面方向へ歩きました。    名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮影:2017.4.19 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/05/19 08:42
庭と河畔の草木の花 5月16日
庭と河畔の草木の花 5月16日  玄関先に置いてある鉢植えのシンビジュウム金稜辺に花が咲きました。この草は日本蜜蜂のフェロモンを分泌すると言われ、蜜蜂の巣分かれの時に養蜂家が蜂を誘導するのに使われるそうです。今年はオオヤマレンゲに沢山花が咲きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/18 08:31
大カワヂシャ、キショウブ、クレソン、カモガヤ、ノヂシャ、藪蛇苺、ヒトツバタゴ、オウバイ
大カワヂシャ、キショウブ、クレソン、カモガヤ、ノヂシャ、藪蛇苺、ヒトツバタゴ、オウバイ  丘陵上部にある池から地下の暗渠を通って流れ落ちる水路の出口にオオカワジシャが大繁殖していました。以前はここはクレソンの生育場所でしたが河畔の泥堆積地へ追いやられていました。オオカワヂシャが生えていた場所はナヨクサフジに占拠されていました。    庄内川河畔にて 撮影:2017.5.8 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/17 08:20
アセビ、シキミ、ミツマタ、ボケ、ナシ
アセビ、シキミ、ミツマタ、ボケ、ナシ  万葉の散歩道の花には万葉集に詠まれた詩が書かれた札があります。シキミの木はツボミばかりでしたが1輪開花しているのを見つけました。万葉の散歩道はビオトープ(東海の森保存園)入口で終わります。ここから当園東南端に位置する丘陵のお花畑へは狭くて急な坂道を登ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/16 08:18
芝桜、ナワシログミ、ハクサンボク、トサミズキ、クリスマスローズ
芝桜、ナワシログミ、ハクサンボク、トサミズキ、クリスマスローズ  星ヶ丘門隧道入口の花壇には数種類の芝桜が咲いていました。万葉の散歩道に向かって戻りましたがこの時期は花が少ないです。万葉の散歩道に入る手前でハクサンボクの花が咲き始めていました。伊豆地方など暖かい沿海地に分布するガマズミの仲間で白山に分布すると誤認されて名がつけられたそうです。T字路を左折して万葉の散歩道を南方向にあるビオトープ(東海の森保存園)に向かって歩きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/15 08:11
キンポウゲ、ヤツデ、カタクリ、キランソウ、リキュウバイ、フッキソウ、クリスマスローズ
キンポウゲ、ヤツデ、カタクリ、キランソウ、リキュウバイ、フッキソウ、クリスマスローズ  万葉の散歩道の道沿い草地にキンポウゲが咲いていました。私が学んだ頃はウマノアシガタ科のキンポウゲといったのですが、今では植物名と科名がとり換わったようです。日本庭園はずれの草地に咲くカタクリは花が終わって実が出来ていました。カタクリの傍に万葉の歌を書いた立て札がありました。詠み人は古典に疎い私でも知っている大伴家持です。カタクリの葉陰にキランソウが1株咲いているのを見つけました。キランソウは薬効が多くて、医者殺し、地獄の釜の蓋 ともいわれるそうです。  万葉の散歩道を左に折れて日本庭園沿いに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/14 07:39
白花マンテマ、小判草、米粒詰草、ツボミオオバコ、松葉ウンラン、ノバラ、狐アザミ、狐柳など
白花マンテマ、小判草、米粒詰草、ツボミオオバコ、松葉ウンラン、ノバラ、狐アザミ、狐柳など  堤防からコンクリート製の階段を降りると平坦な護岸コンクリートの部分になり、堆積した土砂の上にシレネ類2種が咲いていました。細い茎が風に揺れてピントがうまく合いません。今年は堤防斜面も草刈りトラクターが入ったので繁茂していたクズが刈り取られて、平坦部も少し歩きやすくなりました。    庄内川河畔にて 撮影:2017.5.8 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/13 08:29
イヌコモチナデシコ、シロツメクサ、ナヨクサフジ、ギシギシ、ヘラオオバコ、スイバ、スズメノヤリ
イヌコモチナデシコ、シロツメクサ、ナヨクサフジ、ギシギシ、ヘラオオバコ、スイバ、スズメノヤリ  家の窓から河の中州に生えるニセアカシアが満開となったのを見て、半年ぶりに河畔を歩いて見ました。この堤防は車両通行禁止で舗装されていませんので附近住民の散歩道で野草の宝庫で珍しい草花も見かけます。住宅地から坂道を降りると堤防に出ます。入口にイヌコモチナデシコが群生していました。総苞の中に数個のツボミをもち、小花が首を出して咲きます。長い茎の先端に小さな花1個で、近くに葉がありませんからピントが甘くクローズアップ出来ません。この時期ここで咲いていたタンポポはトウカイタンポポで、西洋タンポポは見つか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/12 08:39
イロハモミジ、長葉オモダカ、黒船ツツジ、マユミ、イカリソウ、チシオスミレ、アオキ、ユキモチソウ
イロハモミジ、長葉オモダカ、黒船ツツジ、マユミ、イカリソウ、チシオスミレ、アオキ、ユキモチソウ  合掌造りの家を過ぎると道沿いの草地に名札がついたイロハモミジが生えてます。モミジのしたには白っぽい花をつけたクロフネツツジが咲いていました。右手の沼にはナガバオモダカの花が咲いていました。よくしなる枝をもち弓を作るのに用いられたと言われるマユミの木にツボミが出来ていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/11 08:51
ミヤマガマズミ、コバノガマズミ、ヤマサドリゼンマイ
ミヤマガマズミ、コバノガマズミ、ヤマサドリゼンマイ  奥池の畔にミヤマガマズミとコバノガマズミが生えています。ミヤマガマズミはガマズミに似ていますが高所に生え、葉の先端が鋭く尖り、葉縁の鋸歯が鮮明です。コバノガマズミはテリハコバノガマズミの変種で、ミヤマガマズミより葉巾が狭いです。  湿地園にヤマドリゼンマイが生えていました。立ち上がっているのは胞子葉で、栄養葉は後から葉を広げます。上高地の岳沢湿原で群生を見たことがあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/10 08:14
庭の草木の花 5月8日
庭の草木の花 5月8日  クレマチス白雪姫が咲きました。今年は花数が多いです。ダッチアイリスも咲き始め、シラーヒスパニカが満開になりました。昨年ヘクソカズラと間違えて引き抜いた独りばえの仙人草が再生し、8月の花が楽しみです。今年はスイカズラも独りばえしました、ブルーベリーの木の横ですから、ヒヨドリがプレゼントしてくれたのでしょうか。 、  庭にて 撮影:2017.5.8 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/09 08:18
イロハモミジ、シジミバナ、マルバアオダモ、ウグイスカグラ
イロハモミジ、シジミバナ、マルバアオダモ、ウグイスカグラ  也有園を出て奥池の周りを歩いて見ました。池の水面に繁茂していた睡蓮の姿が見えません。沈んで新芽の準備中なのでしょう。池に張り出してイロハモミジの大木が数本あり花が咲いていました。木によって葉の開き具合が違います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/05/08 08:15
シャガ、スモモ、ハナカイドウ、コバノミツバツツジ、ヤマブキ、アケビ
シャガ、スモモ、ハナカイドウ、コバノミツバツツジ、ヤマブキ、アケビ  也有園出口近くで見た花達です。スモモとハナカイドウが並んで咲いていました。1週間前に東谷山フルーツパークでみたスモモの花は殆ど散りお終い花でしたが、ここではまだきれいでした。ハナカイドウの花は下向きに咲きますので、正面から撮ろうとしますと空が背景になり逆光になります。出口道沿いのヒエンソウの生えていた場所にアケビが咲き始めていました。アケビは雌雄異花で沢山かたまっているのは雄花です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/07 08:09
ガマズミ、シロヤマブキ、ハナズオウ、リキュウバイ
ガマズミ、シロヤマブキ、ハナズオウ、リキュウバイ  薬草園を出て薬草の道を東に向かって歩きました。右手山側にはガマズキやコバノミツバツツジが咲き、道路沿いの樹木の手入れはされているようですが里山の面影が残っています。しばらく進むと左に降りる坂道があり也有園の入口です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/06 07:56
立波草、羅生門カズラ、シラー、ユキヤナギ、蔓日々草、ユーホルビア、ツツジ、斑入アマドコロ
立波草、羅生門カズラ、シラー、ユキヤナギ、蔓日々草、ユーホルビア、ツツジ、斑入アマドコロ  タツナミソウの白花がアチコチで咲き始めていました。タツナミソウの名は花の咲く様をうち寄せる波頭に見立てたのだそうです。羅生門カズラの残り花が咲いていました。名は渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼の腕に、花を見立てたものだそうです。    名古屋市立東山植物園・薬草園にて 撮影:2017.4.19 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/05 08:08
リナリア、ヒマラヤ雪の下、アジュガ、イベリス、姫ツルソバ、源平小菊、花韮、タビラコ
リナリア、ヒマラヤ雪の下、アジュガ、イベリス、姫ツルソバ、源平小菊、花韮、タビラコ  温室の前列は建物工事中で、睡蓮池は工事の資材置き場になり閉鎖、再開するまでに7年かかるのだそうです。工事で設置された隔壁のわきを通って洋風庭園へでますと、花できれいに飾られていました。薬草園には草花が咲きだして、アジュガやイベリスがきれいでした。花期の長いヒメツルソバや源平小菊も元気が出たようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/04 07:55

続きを見る

トップへ

月別リンク

波止の釣り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる