テーマ:

ハニーサックル、ラクウショウ、ヒマラヤユキノシタ、コウヤボウキ、ソシンロウバイ、日本水仙、椿 有楽、ヨシの門松

建物の壁に巻き付いて綺麗な花を咲かせていたハニーサックルのも冬枯れ状態で、落羽松はすっかり落葉していました。宿根草園の出口にヒマラヤユキノシタが咲いていました。薬草の道へ出るとコウヤボウキが綿毛をつけていました。薬草の道を左へ降りて武家屋敷門のヨシの門松を見ました。 名古屋市立東山動植物園・宿根草園から也有園へ 撮影:2021.1…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ティボウチナ・グラヌロサ、ネメシア、ヘリクサム ペティオラレ、ヒューケラ 'パリ'、ビオラの兎、ヤツデ、西洋ノコギ…

植物会館前に鉢植えで咲いていたシコンノボタンは学名が違いますからブラジル東部原産の別種でした。珍しい草が鉢に寄せ植えされていましたから出来るだけ撮ってみましたが花はありません。ヒューケラは沖縄で出合ったことがあるユキノシタノ仲間ですが多種類有ります。ビオラの鉢植えの中に兎の顔をした花があるそうです。モノレール駅前を通って宿根草園に移動し…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

正門前の正月飾り、アリドオシ、カラタチバナ、フチベニベンケイ、龍の髭、ヒメツゲ、ストック、パンジー、ビオラ

2ヶ月ぶりに東山植物園を訪れました。正門の正月飾りは例年の孟宗竹ではなく縁起植物種々で、滅多に見られないアリドオシ、カラタチバナ、ヒメツゲ等がありました。正門前花壇には相変わらずストックとパンジー、フェンスにはビオラが頑張っていました。今年は白い花を咲かせる菊(クリサンセマム ノースポール)の姿を見ませんでした。 名古屋市立東山動…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

キダチベゴニア、シマサンゴアナナス、ハナアナナス、インパチェンス、ストレプトカーパス、十月桜、トベラ

大温室出口近くの花です。キダチベゴニアが少し咲いていました。以前は地面に直接植えられ背丈ほどに茂った株が並んで居たのですが、抜かれたようで寂しくなりました。インパチェンスも花色が複数有っていろんな場所に咲いていたのですが整理されたようです。 名古屋市立東谷山フルーツパーク・熱帯果樹温室と帰路に見た花です 撮影:2020.12.22…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

モンヨウショウ、ゴエテア・ストリクティフロラ、スパシフィラム、ジュズサンゴ、島オオタニワタリ、オンシジウム・シャリ…

大温室で道から少しはずれて池の畔を見ました。いつも小花を少しつけているモンヨウショウに花がありませんでした。珍しいことにゴエテア・ストリクティフロラがありました。ここで気がついたのは初めてです。島オオタニワタリが生えていました、オオタニワタリは葉裏全体に胞子がつきますが、島オオタニワタリは葉先半分です。チョコレートの香りのするオンシジウ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブーゲンビレア、ドラセナ・トリコロルレインボウ、マダガスカルジャスミン、アンスリュウム、ココヤシ、ゲッキツ、大紅合…

空中渡り廊下の終わりは大温室中央の円形階段2階ですので、円形階段をトントンと下に降りますと、降りた場所にドラセナがお出迎えです。マダガスカルジャスミンのアーチを潜るのですが花はありませんでした。上を見上げるとココヤシが天井まで伸びています。実が落ちてきたら危ないのでネットが張ってありました。温室の壁沿いに生えているゲッキツに実が出来てい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

セントポーリア、ラケナリア、ベニヒモノキ、ニオイザクラ、クロサンドラ、サイパンレモン、シークワーサー

空中渡り廊下の入り口に鉢植えのイワタバコの花と珍しいラケナリア(アフリカヒアシンス)と称する花等が置いてありました。狐の日傘と言われるクロサンドラが咲いていましたが、この時期は花が少ないです。認知症予防効果があるというノビレチンを多量含むというシークワーサーが沢山出来ていました。100%ジュース500mlを沖縄那覇空港で1000円で売っ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

シクラメン、ポインセチア、ハナキリン、カトレア、ビカクシダ、パキスタキス・ルテア、カラテア ゼブリナ、ディフェンバ…

熱帯果樹温室入り口のウエルカムフラワー達は1箇所に纏めて置かれていますので単独で撮るのは難しいです。道なりに歩くと、パキスタキスルテアが茂っていましたがこの時期花は少ないです。少し歩くと小型の、3尺バナナ、5尺バナナです。足下には観葉植物が生えています、名札の付いたのを撮りました。ベンガルヤハズ葛が咲いていました、当園では空中渡り廊下の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ナワシログミ、バンダ、アンスリュウム、シクラメン、ポインセチア

熱帯果樹温室広場の西側垣根にナワシログミが使われていて花が咲いていました。久しぶりに温室に入ってみました。温室は西垂れの地形を利用して、入り口の温室の床の高さは西側の大温室の2階になり空中の廊下でつながっています。訪れたのが12月22日でクリスマス直前でしたから、入り口のウエルカムフラワーはクリスマス関係のポインセチアもありました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

椿 小公子、椿 淡侘助、椿 紅妙蓮寺、椿 関戸太郎庵、水仙 'デュエット' 、日本水仙

椿と紫陽花の小道を半分ほど歩いた辺りで秋咲きと冬咲きの椿が咲き始めていました。秋咲きの西王母は終わっていましたが、春咲きの椿が多いので花は少ないです。熱帯果樹温室に向かう途中で八重の水仙が咲いていましたので撮りました。 名古屋市立東谷山フルーツパーク・椿と紫陽花の小道にて 撮影:2020.12.22   椿 小公子 学名:C…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

金柑、山桜シダレ、ビワの花、椿 花冠、イチゴノキ、椿 小公子、椿 関東スキヤ

ブルーベリー園南の生け垣金柑には沢山実が付いていました。栗園、ビワ園の脇を通って当園南垂れ斜面下にある、椿と紫陽花の小道を歩きました。この夏の乾燥と高温で被害を受けたイチゴノキは実は無く花が満開でした。秋咲きと冬咲きの椿が咲き始めていました。 名古屋市立東谷山フルーツパーク・椿と紫陽花の小道にて 撮影:2020.12.22 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

マユミ、四季桜、サザンカ、ビワの花、ホトケノザ、ブルーベリー、キウイ園

四季の花園の出口に生えるマユミは葉が落ちて赤い実が残っていました。実が爆ぜた物の中に赤い実が残っているのを1個見つけました。四季の花園の外の道沿いに生える四季桜、サザンカ、ビワの花を撮りました。梨の木を抜いて、スモモの木を植えたスモモ園草地ではイヌタデと交代してホトケノザが咲いていました。 名古屋市立東谷山フルーツパーク・四季の花…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ユズ、モチツツジ、サザンカ、椿 紅乙女、ヒイラギナンテン

四季の花園の中へ入り渓流添いの小道沿いに柚の木があり実が鈴生りでした。手を伸ばせば取れそうですが、公園の物を無断で採ることは躊躇われます。売店で売っているかもと思い帰路立ち寄りましたが売っていませんでした。道沿いに苅り込まれたモチツツジが紅葉していました。この道沿いに水仙ペーパーホワイトが咲くのですがまだ花はありませんでした。奥の方に椿…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

タカサゴユリ、パンジー、ガーベラ、ガザニア、オリーブ、マンリョウ、サザンカ、イロハモミジ、椿 西王母、椿 白侘助

熱帯果樹温室広場の周りにある花壇ではガーベラやガザニアがさいていて、花も実も無いけどオリーブの木が健在でした。温室広場を出て売店前を通って四季の花園へ来ました。四季の花園の入り口に数種類椿の木があるのですが、白侘助の木に沢山花が咲いていました。秋咲きですので花は傷んで沢山落ちてもいますが蕾もありました。 名古屋市立東谷山フルーツパ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

フジバカマ、ストック、パンジー、ニワナズナ、ピラカンサ

ロックガーデンの下で咲いていたフジバカマは綿毛となり、林檎園の防鳥ネットは巻き上げられ、林檎園前では枯れススキでした。北門前花壇には子供達が植えた花と子供達の作品が並んでいました。 名古屋市立東谷山フルーツパークにて 撮影:2020.12.22   フジバカマ(藤袴) 学名:Eupatorium japonicum キク科 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

メタセコイア 、オニノゲシ、ボケ、モミジバフウ、サザンカ、フウ、アキニレ、ツワブキ、アセビ

冬枯れの12月暮れに訪れました。南門近くに生える10本のメタセコイヤは紅葉が過ぎてかなり落葉していました。湿地園から日本庭園へ行く道の生け垣のボケに白花、赤花が咲き始めていました。日本庭園広場のモミジバフウは落葉して丸裸、紅葉が遅れた日本庭園のフウは紅葉していましたがまだ落葉していませんでした。芝生広場のアキニレもすっかり葉が落ちていま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コギク、ナンテン、クロガネモチ、ヤブコウジ、マンリョウ、ブルーベリー・ラビットアイ、シロバナハギ、ゴモジュ

放りっぱなしで猫の額ほどの荒れた庭ですが11月に撮った草木の花です。11月に入ると小菊が咲き出し樹木や大きい草の影を避けてアチコチに枝を伸ばして乱れて咲いています。  庭にて 撮影:2020年11月「其の2」   コギク 学名:Chrysanthemum morifolium キク科 撮影:2020.11.5 撮影:2…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コンギク、ローズマリー、シュウメイギク、ユリオプス・デージ、木立朝鮮朝顔、ツワブキ、ノブドウ、カンツバキ、マルバヒ…

放りっぱなしで猫の額ほどの荒れた庭ですが11月に撮った草木の花です。「其の1」  庭にて 撮影:2020年11月   コンギク(紺菊) 学名:Aster ageratoides var. ovatus 'Hortensis' キク科 撮影:2020.11.5 撮影:2020.11.11 撮影:2020.11.21 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

サンダンカ、バーレリア カンディダ、アシスタシア・インツルサ、フトボナガボソウ、セキドウサクラソウ、ゴクラクチョウ…

デイゴ、オオゴチョウに並んで沖縄の三大名花であるサンダンカが咲いていました。名札はサンタンカですが、名の呼び方は琉球大学理学部生物学科卒の屋比久 壮実 著「亜熱帯沖縄の花」に従っています。フトボナガボソウが茂って居ました。花穂が白花は垂れ下がり、青花は上を向いて伸びます。石垣島のゴルフ場脇で草と一緒に咲いているのを見たことがあります。ア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カリアンドラ・トゥウィーディー、ヒメノウゼンカズラ、ウナズキヒメフヨウ、ウツボカズラ、ブーゲンビレア、トウワタ、キ…

明けましてお目出度うございます。本年も宜しくお願いします。  サンギャラリー中段にオオベニゴウカンに似た花が咲いていました。ウナズキヒメフヨウの木が大きくなって花が沢山ついていました。この樹は蕾は上を向いてますが、花は垂れ下がるので頷きです。サンギャラリー西端には食虫植物が展示されており、ウツボカズラも数種類有るようです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

タバコソウ、ムラサキゴテン、ジャワヒギリ(白花)、ジャワヒギリ、プセウデランテマム・ビコロル、ルエリア・ロゼア、チ…

中南米産植物温室を出ると出口に赤と白のジャワヒギリが咲いていました。クサギの仲間ですから、雄花の時と雌花の時があり、雌しべが上を向いているときが雌花です。成る程と思わせる花の形をしたチャイニズハットが満開で、花が沢山ついた枝は垂れ下がっていました。こんな光景に出会ってラッキーでした。 名古屋市立東山動植物園・中南米産植物温室とサン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブーゲンビレア、ハイビスカス、ツバキカズラ、ハナアナナス、イトアシ糸葦、サルオガセモドキ、ペレスキア・グランディフ…

ハワイアンハウスを出るとサンギャラリーにはブーゲンビリアやハイビスカスが茂って居ます。中南米産植物温室の入り口にはチリの国花であるツバキカズラが1輪咲いていました。中南米産植物温室は部屋の中央に砂が積み上げられサボテン類が植えられて、奥には岩が組まれて間にパイナップル科の植物が植えられています。パイナップル科の植物は紅色と薄紫の花が多く…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ノランティア・ギアネンシス、ビカクシダ、ムクナ・ベネッティー、キッスス・シキオイデス、ブーゲンビレア、ルエリア・マ…

サンギャラリーとハワイアン温室の天井をノランティア・ギアネンシスが這っていて花穂をつけています。豆粒状の丸いのが花の蕾で赤いのは苞で蜜が詰まっているそうです。ハワイアン温室はフイリ植物を主に展示していましたが、現在は5年もかかっている工事中のシダ植物の保存場所になっています。天井から赤いムクナ・ベネッティーが垂れ下がって咲いていました。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

白花金魚木、カミガヤツリ、ニンフォイデス、レッドジンジャー、スパシフィラム・マウナロア、ハイビスカス、プレクトラン…

サンギャラリーの水生植物温室の戸口前に白花金魚木が咲いていました。金魚の名の由来は花が金魚が口をパクパクするのに似ていると言うことだそうです。水生植物温室入り口の池に生えるカミガヤツリは沖縄本島東南植物楽園の池に大群生しているのに出合ったことがあります。この時期は水生植物温室の花は少ないです。 名古屋市立東山動植物園・水生植物温室…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

白花リュエリア・グラエキザンス、フリワケサンゴバナ、ハイビスカス、ヒポエステス・アリスタータ、ベニマツリ、ブーゲン…

白花リュエリア・グラエキザンスが少し咲いていました。フリワケサンゴバナが咲いて綺麗でした。所々にハイビスカスの木があって咲いています。ヒポエステス・アリスタータは咲き乱れた感じです。ベニマツリの種名にodorataと有りますが「odo」はラテン語で「香り」、香りのすると言う意味で、文字通り良い香りがします。水生植物温室入り口にブーゲンビ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

カトレア、レリオカトレア・セルレア、カランセ・ブライアン、ミルタッシア、オオベニウチワ、ゴエテア・ストリクティフロ…

サガロ温室では巨大サボテンが目立ったのですが、枯れてしまって、他所から移植したそうです。ドアを開けてサンギャラリ-にはいりますと綺麗なランが咲いていました。垂れ下がって咲いていたツンベルギアは花は終わったようで花穂はなく、哲学者ゲーテに因むゴエテア・ストリクティフロラ木の幹から花が咲いていました。沖縄那覇港から高速艇で2時間ほどかかる由…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

中国大花マユミ、トキワサンザシ、メキシコラクウショウ、ラクウショウ、温室前のウエルカムフラワー、ネリネ、テイカカズラ

中国産植物園林で中国大花マユミの実が爆ぜていました。種を探しましたが見つかりませんでした。中国産植物園林出口にメキシコラクウショウ数本植えられ、紅葉している木としていない木がありました。ギネスに載ってる世界で最も太い木の仲間だそうです。温室の入り口は現在サガロ温室の非常口が使われています。温室入り口前にウエルカムフラワーとして綺麗な花の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

水仙、コバノランタナ、四季桜、中国ガマズミ、支那柊

桜の木の下で水仙が咲き始めていました。お花畑の出口では葉は傷んでいますがコバノランタナが沢山花を咲かせて綺麗でした。急な坂を気をつけて降りる途中で、冬枯れの落ち葉の積もる中で四季桜が咲いていました。坂を下りると竹類見本園で、次いで中国産植物園林です。中国産植物園林では木々が紅葉し、中国ガマズミと柊に真っ赤な実が出来ていました。 名…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

リュウノウギク、パンジー、サルビア・レウカンサ、コノデガシワ、桜 アーコレード、十月桜、子福桜

リュウノウ菊が立ち上がって紅白入り交じって咲いていました。葉に特徴が有り、葉を揉むと樟脳に似た香りがします。畑の中ばかりでは無く道沿いの花壇にもパンジーが咲いて綺麗でした。アメジストセージと言われるサルビア・レウカンサは花が終わっても、花穂が残って綺麗な紫色の萼が見事です。先般「ヒノキの虫エイ」としてUPして、コノテガシワの実では無いか…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ウインター・コスモス、ソテツ、セイヨウガマズミ、パンパスグラス、ロシアンセージ、ヒメツルソバ、デージー、パンジー

お花畑で葉が落ちたビデンスが黄色い花を咲かせていました。ソテツに花が咲いていました。ヒメツルソバが石垣に張りついて繁茂していたのは吃驚しました。至る所に色々な色のパンジーが植えられて綺麗でした。 名古屋市立東山動植物園・お花畑にて 撮影:2020.11.26   ウインター・コスモス 学名:Bidens laebis cv.…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more