テーマ:

アガパンサス'ブルー ヘブン'、アガパンサス'セナ'、アガパンサス'ガーデンクイーン'、ノリウツギ'シルバーダラー…

 お花畑中央辺りに、アガバンサスの園芸品種3種とノリウツギの園芸品4種が咲き始めていました。 名古屋市立東山植物園・お花畑にて 撮影:2020.7.15   アガパンサス'ブルー ヘブン' 学名:Agapanthus 'Blue Hesven' ユリ科 撮影:2020.7.15   アガパンサス'セナ' 学…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

モモイロアベリア、キンシバイ‘ヒドコート’、キササゲ、ブッドレア藤姫、ブッドレア 'イエローマジック'、ブッドレア…

 当植物園東南端丘陵の上が平坦な畑状に造られ色々な花が植えられて、お花畑と呼んでいます。アベリアの園芸品種モモイロアベリアと西洋キンシバイことキンシバイ‘ヒドコート’が垣根状に苅り込まれてチラホラ咲いていました。ブッドレア(房藤空木)の藤色、黄色、白色、赤色がのびのびと咲いて綺麗でした。昨年は苅り込まれた株がありましたが、今年はのびのび…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ケイトウ、トネアザミ、ナツメ、ヤブミョウガ、ジャノヒゲ、枝垂れ栗、リョウブ

 万葉の道は東海の森保存園(ビオトープ)前で終わります。此所にケイトウが綺麗に咲いていました。トネアザミはまだ花をつけていませんでした。ナツメの木に実が出来ていました。万葉集に詠われていたらしく、立て札が出ていました。 ナツメの実の果肉を乾燥したモノは大棗と言われ、漢方で汎用され、漢方の聖書と言われる「傷寒論」の冒頭に記載されている「…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

トサミズキ、ヤブカンゾウ、オミナエシ、ノリウツギ、ヤマブキ、ユズリハ、キガンピ

 星ヶ丘門隧道前でタイタンビカスを撮ることが出来たので、万葉の道に戻り東方向へ歩きました。道右の山側に新しく開かれた花壇がありオミナエシが咲いてましたので立ち寄ってみました。奥池横では蕾だったノリウツギがここでは咲いていました。山吹、ユズリハの横に万葉集に記された詩が書かれた立て札がありました。 名古屋市立東山植物園・万葉の道にて…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

オオハンゲ、アカソ、キキョウ、タイタンビカス 'ピンク'、タイタンビカス 'ピーチ・ホワイト'

 湿地園を越えると薬草の道は万葉の道と名が変わり、万葉集に詠われた植物に立て札がついています。道端にオオハンゲが咲いていました。仏炎苞から伸びる中間体の髭がとても長いです、姿は同じですが自宅で咲いているカラスビシャクの三倍は有ると思います。日本庭園の池の畔で、高原で見かけるアカソが真っ赤な茎を伸ばしていました。コアカソの葉は小さくアカソ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ハンゲショウ、ヤエクチナシ、ノリウツギ、ミソハギ、ヌマトラノオ、ミズギボウシ

 也有園を出て薬草の道を奥池沿いに、湿地園に向かって歩きました。左手奥池対岸に半夏生が茂っていましたの、カメラの望遠機能で撮ってみました。道の右手山側にあるノリウツギはまだ蕾でした。 名古屋市立東山植物園・薬草の道、湿地園にて 撮影:2020.7.15   薬草の道を奥池沿いにあるきました 撮影:2020.7.15 薬草の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アジサイ、アマチャ、ウメモドキ、マンリョウ、ボケ、タツナミソウ、一里塚

 也有園は織田家の家臣、横井也有翁に因んでつけられた名で、也有翁が草木に因んで詠まれた詩が書かれています。 名古屋市立東山植物園・也有園にて 撮影:2020.7.15   武家屋敷門を越えて也有園の景色 撮影:2020.7.15 武家屋敷門 遠くに茶室、宗節庵   アジサイ 学名:Hydrangea mac…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヘメロカリス 'ハドソン バレー'、ヘメロカリス 'デウェイ ロックモア'、コウヤボウキ、ヒトツバ、イワナンテン、…

 宿根草園の出口に黄色と赤色のヘメロカリスの花が咲いていました。宿根草園を出て薬草の道を東へ歩きますと、右手山側にコウヤボウキ、ヒトツバが茂り、久しぶりに岩南天の花に出合いました。モミジのトンネルを通ると左谷側に也有園へ降りる坂道があり、下へ降りると入り口の円形に囲まれた花壇に藍の若草が生えていました。 名古屋市立東山植物園・宿根…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

エキナセア・プルプレア、ハニーサックル、レモンバーム、ヒメヒオウギズイセン、パイナップルリリー、コムラサキ

 宿根草園の奥に可愛い子供の像があり足下に紫馬簾菊が花盛りでした。穴の開いたチューブが置かれ簡単に散水できるようです。トイレ脇で、以前羽衣ジャスミンが植わっていた場所に、ハニーサックルが花盛りでした。この花も良い香りがします。レモンバームに花が咲き始めていました。当方庭に繁茂しているのですが、全草に芳香油を含み、刻んでお湯を掛ければハー…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヒメツルソバ、源平小菊、イトバハルシャギク、三尺バーベナ、キバナノミソハギ、アサギリソウ、リアトリス・スピカタ、ヤ…

 春から冬の初めまで咲き続ける花期の長い、ヒメツルソバと源平小菊がさいていました先回訪れた時には此所では咲いていなかったイトバハルシャギクが満開でした。リアトリスに久しぶりに出合いました。花の名は女性の名に使われることが多くて「リアトリ姉ちゃん」の歌を思い出しました。 名古屋市立東山植物園・宿根草園にて 撮影:2020.7.15 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

インパチェンス、サルビア・コッキネア、サラセニア、シマトネリコ、ルドベキア・ヒルタ、ルドベキア・ヒルタ 'グロリオ…

 植物会館からモノレール駅前を通って宿根草園方向へ進むと、工事のためフェンスで仕切られたスイレン池の縁にあったシマトネリコの枝に花が咲いていました。5年以上も囲われて剪定されないせいか随分枝葉が伸びたようです 名古屋市立東山植物園にて 撮影:2020.7.15   ニチニチソウインパチェンス 学名:Impatiens wal…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アベリア、イソトマ、ネコノヒゲ、アンゲロニア、マリーゴールド、カンナ、インパチェンス

 降り続いた雨が止んだので、曇天でしたが1月半ぶりに植物園に出かけてみました。どうゆうわけだか、植物園では幼児を連れた若いご婦人が目立ちました。正門前の花壇では猫のヒゲが群生して見事でした。正門入り口ではマスクの着用と手のアルコール消毒を求められました。 名古屋市立東山植物園にて 撮影:2020.7.15   アベリア 学名…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

カシワバアジサイ、クロガネモチ、シロタエギク、獅子柚子、コバギボウシ

 帰路にみた草木の花や実と風景です。北門前の歩道にカシワバアジサイの白い装飾花が赤くなっていました。カシワバアジサイの白と並んでアジサイアナベルがあったのですが、無くなって、どうしたのだろうかと思っていたらレストラン前の空き地に移植されていました。本館の庭に獅子柚の実が大きくなっていましたが、肌がブツブツでカボチャのような感じです。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

スモークツリー、セイヨウニンジンボク、サルビア・ガラニチカ、モナルダ、サルビア・ファリナケア、ロシアンセージ、キキ…

 スモークツリーの横にニンジンボクによく似た花が咲いていました、小花をよく見ますとやや丸い感じで、葉が均一でどの葉にも切れ込みがありませんから、セイヨウニンジンボクだろうと思います。スイセンノウは残り花ですが少し咲いていました。蛇が口を開けたような花を咲かせるサルビア・ガラニチカが伸び上がって咲いていました。草丈の高いサルビアです。帰路…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ルドベキア・タカオ、ルピナス、コンギク、薔薇 アイスバーグ、サンカクカタバミ、バラ、ブッドレア

 ルドベキア 'プレーリーサン'と一緒に、英名 黒目のスーザンことルドベキア・タカオが咲いていました。当地でルピナスに出合うことは少ないのですが、1株咲き始めていました。ツアーでスイス山岳都市を訪れた時、アニメ「アルプスの少女ハイジ」に因む「ハイジ公園」と言うのがあってこの花が咲いていたのを思い出しました。コンギクが咲き出しました、白花…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スモモ・サンタローザ、フェイジョア 'マンモス'、宿根バーベナ、メランポディウム、マリーゴールド、ルドベキア 'プ…

 スモモ園の横を通ってボランティが管理する花壇を覗いてみました。スモモ園の生け垣に使われているフェイジョアの園芸品種マンモスに実が出来始めていました。可食部が大きいのだそうです。ボランティアの管理する花壇には秋の七草ですがオミナエシが咲き始めメランポディウム、マリーゴールド、ルドベキア 'プレイリーサン'などが綺麗に咲いていました。雑草…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アジサイ、ブラックベリー

 南垂れ斜面のミカン園下で紫陽花の咲く小道を歩きました。紅色のアジサイが多く咲く場所があり、咲き始めの白や緑色から紅色に変わって行く花がついている株がありました。椿と紫陽花の小道の終わり近くでは、紅花と青花が混じって綺麗に咲いていました、スモモ園の横で以前バラが咲いていた場所にブラックベリーが移植されたようで沢山実ができていました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ヤブガラシ、柿、クリ、アジサイ

 キウイ園横に小広場狩り草地にヤブガラシが咲いていました。河畔ではよく見かけるのですが此所ではあまりないので撮ってみました。柿園、栗園の横を通って、紫陽花の咲く当園南垂れ丘陵下の小道を歩きました。名札無くアジサイの種名はわかりませんので、歩いて撮った順で比較的綺麗なものを報告します。 名古屋市立東谷山フルーツパークにて 撮影:20…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コヒルガオ、ヒルザキツキミソウ、ヤマブキ、金柑、ガウラ、ブッドレア、マツバギク、サルビア・ミクロフィラ

 当園南西丘陵にある梨園と段々畑の間の小道をブルーベリー園に向かって歩きました。草地にはコヒルガオとヒルザキツキミソウが咲いていて、ブルーベリー園南側には金柑の木で生け垣が作られ花盛りでした。金柑の木の横、ブルーベリー園前の花壇ではガウラが満開で、風に揺れる姿は沢山の蝶が舞っているようでした。その横に生えるブッドレアも満開で、良い時期に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コムラサキ、シラン、マユミ、ムラサキカタバミ、ツユクサ、アーモンド

 渓流に咲く四季の花園の池の畔でムラサキシキブコムラサキが咲き始めていました。枝が枝垂れていないからコムラサキでは無いだろうと思います。四季の花園出口のマユミの木には沢山実ができていました、秋には赤い実が綺麗だろうと思います。四季の花園出口に続く桃園と北西丘陵にアーモンドの木が2本あって実が大きくなっていました。アーモンドの花は実桃の花…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ネムノキ、ヤエクチナシ、ギボウシ、アベリア、トサミズキ、ヤマハギ

 渓流に咲く四季の花園の入り口にネムノキの大木があって花が咲いていました。道を挟んでヤエクチナシが咲いていました、花を見ますと東山植物園の温室で見る八重サンユウカにそっくりですが、葉の葉脈の出方が交互で無いので違います。渓流添いの小道にはアベリアが咲き、トサミスキは実ができていました。ヤマハギが大きく伸びて小道を塞いでいました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ハイビスカス、ガザニア、ルドベキア・タカオ、メランポディウム、ムベ、キンシバイ・ヒドコート、源平枝垂桃

 北門前から熱帯果樹温室広場へ入りました。鉢植えのハイビスカスがオンシから外へ出ていました。温室横の花壇にはガザニア、ルドベキア、メランポディウムなどが綺麗に咲いていました。広場出口のムベの棚では実ができていました。売店前の花壇に植わっている、源平枝垂桃に実ができていました混合遺伝子を持つというキメラと呼ばれる植物でも実ができるとは知り…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

サルビア・ミクロフィラ'ホットリップス'、リンゴ園の風景、ムラサキカタバミ、イモカタバミ、センニチコウ、ニチニチソ…

 ロックガーデンを出て、リンゴ園に沿って北門と南門を結ぶ道路に向かって歩きました。リンゴ園は未だ防鳥ネットが張られていません。道を挟んで中央広場沿いにサルビアミクロフィラが咲いていました。北門前花壇には、千日紅やニチニチソウ、マリーゴールドが綺麗でしたが、茶の木が覆い被さるように茂っていました。 名古屋市立東谷山フルーツパークにて…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ハナズオウ、アセビ、ヒメヒオウギズイセン、ガクアジサイ、リンゴ、ノカンゾウ、ヤマモモ、ユリ、ホタルブクロ

 芝生広場の端、南垂れの地形に石を置いてロックガーデンと称しています。ロックガーデン上部ではハナズオウとアセビに実ができていました。石段を降りると、道を挟んでリンゴ園に向かい合うロックガーデン下部になります。下部に山桃の木が沢山実をつけていて、木の周りには薄い外が置かれて落ちる実を受けていました。売店で山桃を売っていましたから、選んで商…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

メタセコイア、ボケ、モミジバフウ、チチコグサ、チチコグサモドキ、ナツメ、アキニレ、ヤマモモ、ブタナ、ニガナ

 湿地園脇に10ポンハエテイルメタセコイアは元気で、根元にアジサイが1株咲いていました。湿地園から日本庭園裏道を通って当園東丘陵の芝生広場へ進みました。日本庭園広場入り口で足下を見ると、花が少なく葉の長いチチコグサモドキに似た草があり、帰宅後書籍で調べたら初見のチチコグサでした。ナツメに花が咲いて実が出来始めていました。熟した実の果肉を…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ブタナ、ネジバナ、オオニワゼキショウ、コヒルガオ、カタバミ、ザクロ、トウハクチョウゲ、ハンゲショウ

 お天気が良かったので運動を兼ねて東谷山フルーツパークを訪れてみました。南門手前の草地には、ブタナとかなり沢山のネジバナが咲いていました。南門を入ってすぐ右の梅園草地にはコヒルガオが咲いていました。湿地園脇のトウハクチョウゲが先回訪れた時は一重花ばかりで吃驚したのですが、今回は同じ木が八重花になっていて安心しました。半夏生の数が随分増え…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヤマハギ、ウツボグサ、トネアザミ、アスチルベ、クガイソウ、ムラサキツユクサ、クリスマスローズ、フウロソウ、オカトラ…

 太田切川左岸のこまくさ野花園で撮った草花です。オカトラノオが群生し、先ほどみた花壇では蕾でしたが此所では花が咲いていました。八重花のドクダミが群生していました、何度も訪れている場所ですが、この時期は初めてですので八重花だとは知りませんでした。  駒ヶ根高原・太田切川左岸・こまくさ野花園にて 撮影:2020.6.23   ヤ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ウツボグサ、クガイソウ、クリスマスローズ、フウロソウ、オカトラノオ、ハマナデシコ

 ウツボ草、クガイ草など梅雨明けに上高地を訪れると見かける懐かしい花が咲いていました。ウツボ草は花穂の形が弓の矢を入れる靱(ウツボ)に似ているからついた名だそうです。オカトラノオが群生していました。花穂が出たばかりでしたが咲いたら綺麗でしょう。花壇を一回りして石段を登って堤防に戻り、やや上流にある花壇「コマクサ野花園」の様子を見に行きま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ムラサキツユクサ、ヒメツキミソウ、白花キョウカノコ、ユウスゲ、オオミヤブコウジ、カラフトエンビセンノウ、ウメモドキ…

 ヒルザキツキミソウは薄紅色ですが、黄花でやや小さいヒメツキミソウが群生していました。この花も別名はヒルザキツキミソウだそうです。キョウカノコにそっくりな葉をした白花が咲いていました。シロバナキョウカノコだそうです。  駒ヶ根高原・太田切川左岸花壇にて 撮影:2020.6.23   ムラサキツユクサ 学名:Tradescan…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

キョウカノコ、ニッコウキスゲ、シレネ・ディオイカ、コマクサ、シラン、フウロソウ、ミヤコワスレ、ヒメフウロ、ヤマオダ…

 吊り橋(コマクサ橋)を出て太田切川左岸堤防の石段を降りると、花壇に赤い花が満開でした。シモツケが茂って居るのかと思いましたが、よく見ると葉がモミジバで違い、キョウカノコでした。東山植物園では花後しか出会えませんでしたので、ラッキーです。高山植物の女王と言われるコマクサに出合いました。花後でわびしい格好ですが高山の砂地にだけ咲くコマクサ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more