テーマ:日記

子福桜、十月桜、穂咲彼岸八重桜

 お花畑は丘陵の上ですが、東斜面の陽当たりのよい場所に、沢山の桜の品種が植わっています。まだ若木が多く花も見事とは言えませんが、品種に興味有る者にとっては、貴重です。コヒガンザクラの交配種である、子福桜、十月桜、穂咲彼岸八重桜が花をつけていました。  コブクザクラはコヒガンザクラ(Purnus subhirtella)と中国原産の…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ハボタン、三色菫、コスモス、カミヤツデ

 東山植物園の東丘陵の上は、耕されてお花畑になっています。花壇ではなく、文字通り畑です。ハボタンがキャベツの苗のように整然と植わっていました。三色菫も整然と並んでいましたが、成長して大きな花をつけた株でしたが、場所が広いので密植できません。お花の代わりに、キャベツでも植えたら、助かるのにと思うのは、貧乏性の私だけでしょうか。  コ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ノジギク、三色菫、セイヨウガマズミ

 キク科の花は同定が難しく、私の手に負えませんが、花弁の様子、葉の形、咲いて入る時期などからノジギクではないかと思います。葉縁が白っぽっく、毛が生えている様子なので、足摺ノジギクかと迷うところですが、花弁の先端が丸いのでノジギクと言うことにしました。  草地が耕されて、三色菫が綺麗に植わっていました。場所が広いので、防鳥のラインは…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ハンノキ、クリ、ジャノメエリカ、ギョリュウバイ

 お花畑の隅に生えるハンノキに固いツボミが出来ていました。隣には栗の木が1本ありましたが、実は落ちていませんでした。  丘陵の上に造られた展望台からは、東山タワーと名古屋市名東区の辺りのビルが少し望遠されますが、里山の木に遮られて見通しは良くありません。  ジャノメエリカとギョリュウバイがツボミをつけ、所々で花が開き始めてい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

椿 秋の山、ムサシアブミ、キバナコスモス

 椿園を出て、万葉の散歩道に戻りました。合掌造りの家横にて色々な色合いをした椿が咲いていました。目立つところに植わっているのは貴重な椿なのでしょうか、秋の山と言うのだそうで、白、紅、縦絞り、覆輪など多様に咲き分けると書いてありました。  ムサシアブミ、赤い実が綺麗でした。サトイモ科テンナンショウ属の植物で、この種の仲間は栄養状態に…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

椿(加賀八朔、久寿玉)、サザンカ、富士の峰

 椿園入り口付近の花です。加賀八朔は青みを帯びた澄んだ白色で、古くから茶室の名花とされています。  久寿玉、美しい吹きかけ絞りで関西の「弓場絞」と同一種です。  一重の赤花、白花のサザンカが満開でした。ツバキに比べて花期が短いですが、樹高が高く茂っていました。  富士の峰はカンツバキの一品種で明治初期に関西から広まった…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ツバキ(赤西王母、初音、寿老庵、尾張五色錦)

 東山植物園の椿園には250種のツバキがあると言われていますが、12月18日ではまだ殆どがつぼみ状態で、花が一輪二輪咲いている木を探して撮りました。多くの落葉樹に混じって生えていますので、山道には厚く落ち葉が積もっていました。  赤西王母、西王母の自然実生だそうです。東谷山フルーツパークで見た西王母との違いにビックリです。ピンク色…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

フラワー・ブラボー・コンクール

 1月7日、朝7時の気温は1℃、雲一つない晴天で風はありません。このところ朝は無風状態ですが、昼頃になると木枯らしがビュウビュウ吹いて雨戸をカタカタ鳴らします。昨日は二四節気の小寒でした。本格的な寒さはこれからでしょう。寒さに負けずに頑張らないといけません。  12月18日に撮影した東山植物園の風景です。温室を出ると、気温は低くと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

テイキンザクラ、ランプの妖精、ルエリア・マクランサ

 テイキンザクラは西インド諸島原産で、細い枝の先に紅色の花が数輪集まって咲きます。ANAインターコンチネンタル石垣リソートの庭に露地植えで背丈よりも高くなって咲いていたのを憶えています。  流通名ランプの妖精と呼ばれるストロビランテスはインド(アッサム地方)原産の亜低木です。冬から初夏に筒状花を咲かせます。アニソフィルスと言うのは…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

オオオニバス、アフェランドラ、カリアンドラ、コーヒー

 水性植物室の池にオオオニバスのロングウッドハイブリッドの花が咲いていました。暖かい10月には戸外のスイレン池でもっと大きな花が咲いていたのですが、寒い時期なので奇異に感じましたが、水温は28℃だそうです。この花はオオオニバスとパラグアイオニバスの雑種なのだそうです。  アフェンドラ・シンクレイリアナは中央アメリカ原産で、キツネノ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

オオシロソケイ、ルエリア、ブーゲンビレア

 サンギャラリーの通路脇に、10月頃は花が満開のリュウゼツラン科コルディリネ属の各種園芸品の鉢植えが置いてあったのですが、花が終わったのでしょうか。全てクロトン(変葉木)の鉢植えに変わっていました。よく似ている植物もあるので間違えそうになります。  先般ホシソケイを紹介しましたが、花弁がやや細長い大きな花のオオシロソケイが咲いてい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

キャットテール、ジャスティシア、ベニヒモノキ、ウナズキヒメフヨウ

 名古屋市立東山植物園・サンギャラリーの花たちです。英名赤猫のシッポといわれるアカリファが花をつけていました。いつ見ても花をつけていますから、多分周年開花でしょう。最初見たときは、ベニヒモノキの幼木かと思ったのですが、別種のようです。  ジャスティシアは咲き始めは綺麗なのですが、花が終わっても散らないので汚いと言うことですが、まだ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ペリストロフェ、シャウエリア、セイロンマツリ、アシスタシア

 1月2日、朝9時の気温は3℃、風無く曇り空です。例年ですと、この時期庭に果物を求めて、メジロやヒヨドリが賑やかなのですが、半分に切ったミカンを枝に刺してやっても、食べた跡はなく、今年は鳥たちの姿を見ません。家の前を流れる河川敷の樹木が洪水で殆ど流されてしまったからでしょう。  ペリストロフェはインド原産の低木で、花弁が2枚に見え…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ホシソケイ、タバコソウ、極楽鳥花

 明けましてお目出度うございます。今年は天災のない良い年であり、天に昇る龍の勢いで、被災された方々の復興が進むことを祈願致します。  名古屋市立東山植物園総合案内所の横に、ニューイヤーハンギングバスケットが飾られていました。葉牡丹が沢山飾られていて、クリスマスリースとは、ひと味違った趣があります。  東山植物園は昭和12年(…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ハナキリン、ユーフォルビア、アフェランドラ、クレロデンドルム

 名古屋市立東山植物園の花たちです。寒い戸外から逃れて、12月の温室は快適です。係員による散水が行われていましたが、湿度が高いのも気になりません。周年開花のハナキリンが沢山花をつけていました。  草丈が人の背丈ほどにもなるハナキリン、ユーフォルビア・ロフォゴナが花をつけていました。黒摩利支天というのだそうです。すごい棘で、これで生…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

パボニア、ロウアガキ、ヤマガキ、シセントキワガキ

 東谷山フルーツパークの花と柿4種です。パボニア・ムルティフローラが綺麗に咲いていました。先回訪れた時は気がつきませんでしたか、咲いていなかったのでしょう。  パボニア・ムルティフローラは、ブラジル原産で、パボニア・ハスタータとの交雑種が、先般長さんが紹介されたパボニア・インテルメディアだそうです。花は赤い苞の中から濃紫色の花弁が…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

メディニラ、クダモノトケイソウ、フトモモ、ベニバナトケイソウ

 東谷山フルーツパークの熱帯果樹温室を覗いてみました。先回訪れて1ヶ月経ちますので、変わった花でも無いか、先回ピンボケだったヒョウタンノキの花はまだ咲いてないかと探してみました。  ノボタンの仲間のメディニラ・マグニフィカの鉢植えが、ポインセチアに混じって置いてありました。沖縄では背丈を超える木ですが、鉢植えのせいか、生気がなく気…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ツバキ(小公子、紅椿乙女、紅妙蓮寺、関戸太郎庵)、カクレミノ

 12月28日水曜、朝7時の気温は1℃、空は筋状のウロコ雲がビッシリと覆っています。昨日はとても寒かったので、日陰の屋根にはまだ溶けずに雪が残っています。天気予報では寒気が緩むと言っていますが、その気配はありません。  東谷山フルーツパークの椿園に咲いていた、のこりの4種類の椿です。此所のツバキはまだまだ咲き始めで、ツボミが固い木…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ツバキ(花冠、紅侘助、天の下、窓の月、関東スキヤ)

 12月27日火曜、昨日は当地でも積雪8cmで、冷え込み今朝も雪が残っています。朝7時の気温は0℃、晴天ですが遠くの王子製紙の煙突から出る煙が茜色に輝いて、横にたなびいています。  東谷山フルーツパークの椿園に花がボチボチ咲き始めていました。まだまだ咲き始めの木が多くて、ツボミだけの木が多かったですが、花が開いていた5種類の椿をこ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

カキ、水仙、紅乙女椿

 東谷山フルーツパーク、北丘陵芝生広場の隅にカキノキが数本生えています。食べる鳥もいないのか、実だけ沢山残って、萎み始めたものもありました。リンゴ園を覆っていた防鳥ネットが取り払われて、数個の傷リンゴが残っていましたから美味しい物から食べ始めているのでしょう。  リンゴ園横の花壇に水仙が咲いていました。日本水仙と白いタゼッタ水仙、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

パンジー、ハボタン、コモンヒース、アカシア・レチノイデス

 寒くなって家に引きこもりがちで運動不足なので、一ヶ月ぶりに東山植物園を歩いてみました。植物園前から見える、動物園のメタセコイアもすっかり落葉して、景色が寂しくなっていました。  色々な花がいっぱい植えられていた植物園前の花壇も整理されて、パンジーに変わっていました。野鳥防止のためでしょうか、テグス糸が張り巡らされていました。植物…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポインセチア、ソシンロウバイ

 本日は12月24日、クリスマスイブです。天候は晴れ、風弱く空はちぎれ雲でいっぱいです。朝7時の外気温は0℃、この冬一番の冷え込みです。  6年ほど滞在した北海道では、クリスマスに降った雪は溶けずに根雪となり、クリスマスイブに雪が降ると、物音一つしない雪原の中からサンタクロースの鈴音が聞こえてくるのではないかと想像したものです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

メタセコイア、ガマズミの実、サザンカ

 東谷山フルーツパークへカメラ片手に出かけて見ました。一ヶ月前に訪れた時に撮った写真がピンボケで撮り直したいものがありましたし、椿の開花状態も気になり、駆け足で回ってみました。園内のお客はまばらでしたが、石灰硫黄合剤が散布されたようで一面に匂っていました。ボランティアらしき人を含めて大勢が、除草や落ち葉清掃、植え替え、土地の耕し等をして…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ベンガルヤハズカズラ、グズマニア、デンドロビウム、アシスタシア・イントルサ

 12月22日(冬至)、当地の日の出は6時57分、朝7時になっても雲が垂れ込めて薄暗いです。風無く外気温は5℃で辺りには霜は降りていませんが底冷えがします。昨年に比べて暖かい初冬のようです。戸外においてあった。モンステラ、ベゴニア、カランコエ、ポインセチアを玄関に入れました。日が当たらなくなりますから植物には迷惑でしょうが、枯れるよりは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キュウコンベゴニア、カランコエ

 東谷山フルーツパークの温室に、花色の変化が多く、とても綺麗な八重咲きのベゴニアが咲いていました。最初は何か分かりませんでしたが、沖縄記念博公園のハイサイプラザ南壁面にタペストリー状になってバラのような大きな花が咲いていて、名札に球根ベゴニアとあったのを思い出しました。ここの花はバラ咲き種では無いようですがそれでも大変目を引きます。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

モミジバフウ、フウセントウワタ

 本日は12月20日、無風状態で晴れ、朝6時の気温は3℃ですが、河畔の枯れ草は霜で白く光っています。 11月20日に撮影した東山植物園の画像は本日でお終いです。  ハーブガーデンを過ぎて薬草園の向かい側に巨大なモミジバフウが数本生えています。昨年はモミジより一足早く黄色く紅葉してとても綺麗だったのですが、今年はあまり綺麗では無く散…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シュウメイギク、マヌカ、チコリ、ワタ、サルビア

 お花畑を後にして、かなり急な坂道を下りますと、竹類見本園を通ります。落ち葉を踏むと滑りますので転ばぬように気をつけました。孟宗竹からは春先立派なタケノコが出て、採ってはいけませんと表示が出ます。名も知らぬ竹や笹が沢山植えられていますが、笹などはコンクリートで枠が造ってあって、その中にあるのですが、それでも混じらないように管理するのは大…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

カミヤツデ、キバナセンニチコウ、コブクザクラ

 お花畑の隅に巨大なヤツデがツボミをつけていました。カミヤツデというのだそうで、カミヤツデはウコギ科の常緑低木です。茎の髄を乾燥させて、薄く切った物を通草紙といい、造花や書画で使う紙の一種で、これが紙八手の名前の由来だそうです。関東以西の暖地では庭植えも可能で野生化群生しているものもあるそうです。  お花畑に、キバナセンニチコウの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ユリオプスデージー、ユーパトリウム

 万葉の散歩道から右手の丘陵の山道をフウフウ言いながら登るとお花畑のある丘の上に出ます。出たところは東山植物園敷地の東端で、高台になっているので見晴らしがよく、展望台があります。  お花畑には、名を知らない花が沢山植えられていましたが、周年開花のユリオプスデージーも綺麗に咲いていました。当方庭の片隅にも咲いているのですが、やはり日…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ポインセチア、ミラクルフルーツ、パキスタキス、バナナ

 東谷山フルーツパークを一周して、まだ体力の余裕がありましたので、果樹温室へ入ってみました。入口はクリスマスの花、ポインセチアの鉢植えがズラリと置いてあって、鮮やかな赤色が目立ちました。  ミラクルフルーツの赤い実が出来ていました。昨年は当園のレストランでミラクルフルーツ・セットを五百円でどうぞと書いてあったのですが、今年は見当た…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more