トキワハゼ、西洋ジュウニヒトエ、ハナズオウ、コデマリ、シラー・ヒスパニカ、シラン、ヒメウツギ、東海タンポポ、スズラ…

 猫の額ほどの庭の草木の花です。日当たりの悪い出入り口に置いた黄エビネの鉢が赤カタバミに乗っ取られ、割り込んだトキワハゼが咲きました。玄関先に繁茂した西洋ジュウニヒトエの花穂が伸び賑やかになりました。鈴蘭の葉芽が沢山出ました。半日陰で日当たりが悪いから、ミニチュア鈴蘭です。庭の至る所に蔓延っているアカバナユウゲショウが花をつけました。花…
コメント:8

続きを読むread more

クレソン、オオカワヂシャ、ナワシロイチゴ、オヘビイチゴ、ノミノツヅリ、オオアマナ、ハルジオン、カラスノエンドウ

 遠くにある平池の水が暗渠を通って流れ落ちる場所に、クレソンとオオカワジシャが咲いていました。クレソンはステーキの添えに使われますから食べられるのでしょう。堤防の草道に上がって橋の近くまで歩いて見ました。橋のたもとの丘の上には区画整理でお移りになられた鎮守様が祀られ木が茂っています、そこにオオアマナが咲いていました。誰かが植えたのでしょ…
コメント:10

続きを読むread more

ゴヨウアケビ、アカメガシワ、スイカズラ、ナヨクサフジ、ナワシロイチゴ、オニグルミ

 お目当てのゴヨウアケビが水際に繁茂していました。ゴヨウアケビはアケビと三つ葉アケビの交雑種だそうで、雌花と雄花があるのですが、実は見たことがありません。葉が茂っていて花が見えないので、蔓をヨッコイショと持ち上げて撮りました。白く数の多い花が雄花で、赤色で大きいのが雌花だと思います。  庄内川河畔にて 撮影:2020.4.25 …
コメント:10

続きを読むread more

ノバラ、イヌコモチナデシコ、西洋カラシナ、キツネヤナギ、ギシギシ、コモチマンネングサ、イタチハギ、オニグルミ

 堤防下の平坦な護岸コンクリートを下流に向かって歩きました。草のない場所は気楽に歩けますが、まもなく枯れ草や小木の生える場所になります。今まで2本しかないと思っていた狐柳が沢山生えていて吃驚しました。ネコヤナギは有名ですが、狐柳は花が黄色いからの名だそうです。イタチハギが花穂を伸ばしていました。黒い花をつけるので知られています。イヌ、キ…
コメント:10

続きを読むread more

ヘラオオバコ、オニノゲシ、ミドリガメ、カスマグサの実、ヒメオドリコソウ、バショウ、西洋芥子菜

 堤防の入り口にヘラオオバコが花穂を伸ばしているのに出合いました。花はまだ開花前です。堤防草地の終点近くに水際へ降りる石段があります。見下ろすと緑に茂る草があります。栽培すると罰金を食らう厄介者のオオキンケイギクです。ゴヨウアケビに花が咲く時期ですから、平坦な護岸コンクリートの上に繁る枯れ草をかき分け下流へ歩きました。クズの蔓に足を取ら…
コメント:10

続きを読むread more

イタドリ、東海タンポポ、スズメノヤリ、ヒメオドリコソウ、ギシギシ、西洋カラシナ、オオイヌノフグリ、キュウリグサ、ノ…

 草むらの中でオオイヌノフグリ、キュウリグサ、ノミノツヅリ3種の花が寄っていました、まるで相談している様子、面白いので撮ってみました。他の草と混じると見にくいのですがスズメノヤリが群生している場所がありました、名は武器の槍では無く、大名行列の先頭でやっこさんが振っている「毛槍」に見立てたのだそうです。ノミノツヅリが満開でした、ツヅリとは…
コメント:10

続きを読むread more

マツバウンラン、イヌコモチナデシコ、カタバミ、カスマグサ、コメツブツメクサ、ノヂシャ、ナヨクサフジ、カラスノエンド…

 住宅地から河畔への降り口に青色の花が咲いていました。最初はキキョウソウかと思ったのですが、よく見るとリナリアに似たマツバウンランでした。米粒ツメクサの間からイヌコモチナデシコが出て花が咲いていました。コモチナデシコと花は似ていますが、茎下部に粘液繊毛があるので見分けられます。もう少し経つと、ここには苞の様子が似たマンテマが咲きますがま…
コメント:10

続きを読むread more

緑亀、ヒメオドリコソウ、オニノゲシ、カスマグサ、クレソン、オオカワヂシャ、スズメノヤリ、オランダミミナグサ、モッコ…

 河幅約200mで川沿いの堤防は約600m程の草地でその先は竹林と雑木林となり道は無くなります。道の終点まで来ました。ここは本流から中州によって分けられた水が流れ込む場所です。流れの変わる場所にミドリガメが甲羅干をしていました。水中に見える姿を含めると20匹居ます。1km程離れた丘にある平池の水が地下暗渠を通って流れ落ちる出口にクレ…
コメント:10

続きを読むread more

ソメイヨシノ、八重白花と八重黄花のモッコウバラ、ダッチアイリス、ヤマボウシ

 4月15日に愛知県春日井市にある王子製紙春日井工場バラ園のバラはどんな様子だろうと覗いてみました。残念な事にバラ園花壇の薔薇は全く咲いて無くてツボミもありませんでした。駐車場所に咲くソメイヨシノの古木が満開で、バラ園前の桜並木は葉桜でしたが木によってはまだ花が残っているのも散見されました。Bゾーンのベンチが置いてある休憩所の周りに植え…
コメント:10

続きを読むread more

ノヂシャ、東海タンポポ、スズメノエンドウ、カラスノエンドウ、カスマグサ、ナヨクサフジ、コメツブツメクサ、ヤエムグラ…

 河幅約200mで川沿いの堤防は約600m程の草地でその先は竹林と雑木林となり道は無くなります。ここは河口から30Kmの距離にあり、上流は岐阜県に入ると土岐川と名が変わります。キュウリ草が堤防一面に繁茂してどういうことかと思ったら、キュウリ草では無くてノジシャでした。カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサが咲いています。カスマグ…
コメント:8

続きを読むread more

西洋ジュウニヒトエ、ハナズオウ、シラー・ヒスパニカ、シラン、ヒメウツギ、白山吹、フイリアマドコロ、ブルーベリー、山…

 猫の額ほどの庭ですが、玄関先に繁茂しロゼット状態だった西洋ジュウニヒトエの花穂が伸び賑やかになりました。米のとぎ汁ををやっていたのでコハコベが増えて入り交じって咲いています。昨年12月末に立木の剪定をしてもらい、酷く切り詰められて花が咲かないだろうと思っていた白山吹に2輪花が咲きました。アチコチに繁るスズメノエンドウに混じって生えてい…
コメント:10

続きを読むread more

レンテンローズ 'カシスレッド'、ムスカリ マクロカルパム 'ゴールデン フレグランス'、クリスマスローズ 'パウ…

 シャクナゲの森、最後の花たちです。 名古屋市立東山植物園・シャクナゲの森にて 撮影:2020.4.2   レンテンローズ 'カシスレッド' 学名:Helleborus orientalis 'Cassis Red' キンポウゲ科 撮影:2020.4.2   ムスカリ マクロカルパム 'ゴールデン フレグ…
コメント:6

続きを読むread more

レンテンローズ 'エリックスミシイ'、ムスカリ アズレウム、ムスカリ アズレウム アルバ、ムスカリ オーチェリー …

 名札のついているレンテンローズ(春咲きクリスマスローズ)とムスカリを撮りながら、緩やかな坂道を下りました。珍しいことに青と共に、白やピンク色のムスカリが咲き始めていました。 名古屋市立東山植物園・シャクナゲの森にて 撮影:2020.4.2   レンテンローズ 'エリックスミシイ' 学名:Helleborus X eric…
コメント:8

続きを読むread more

レンテンローズ 'ロイヤル パープル'、レンテンローズ '氷の薔薇 レッド'、椿 'マーガレット デービス ピコテ…

 名札のついているレンテンローズ(春咲きクリスマスローズ)を撮りながら、緩やかな坂道を下りました。やがて道は園外の車道と平行になりシャクナゲの森入り口方向へ続きます。 名古屋市立東山植物園・シャクナゲの森にて 撮影:2020.4.2   レンテンローズ 'ロイヤル パープル' 学名:Helleborus X Hybri…
コメント:8

続きを読むread more

西洋ジュウニヒトエ、ノゲシ、ハナズオウ、ツルニチニチソウ、ヤブサンザシ、スズメノエンドウ、フリージア、シラン、コバ…

 猫の額ほどの庭ですが、玄関先に繁茂した西洋ジュウニヒトエの花穂が伸び、河畔から種が飛んできたのでしょう、立派なノゲシガ咲きました。棘はやわらく触れても痛くありません。蔓延った蔓日々草が綺麗な花をつけました。  庭にて 撮影:2020年4月12日   西洋ジュウニヒトエ 学名:Ajyuga reptanse 'Atropur…
コメント:8

続きを読むread more

レンテンローズ 'アシュード ワイン シフォン'、レンテンローズ 'ガーネット レッド'、レンテンローズ 'ピンク…

 名札のついているレンテンローズ(春咲きクリスマスローズ)を撮りながら、緩やかな坂道を下りました。道は車が通れるように広くシャクナゲの森を抜けて後方のフォークダン広場まで行けるようです。 名古屋市立東山植物園・シャクナゲの森にて 撮影:2020.4.2   レンテンローズ 'アシュード ワイン シフォン' 学名:Hel…
コメント:8

続きを読むread more

レンテンローズ、椿 ラスカ・ビューティ、クリスマスローズ 'ダブル ファンタジー'、クリスマスローズ 'マリア'、…

 シャクナゲの森の一番高い場所辺りからレンテンローズ(春咲きクリスマスローズ)が現れました。鉢植えには名札がついている物もありましたが、歩いてなだらかな坂を下りながら撮った順に紹介します。この辺りのシャクナゲはまだ開花していない物が多いです。 名古屋市立東山植物園・シャクナゲの森にて 撮影:2020.4.2   レンテンロー…
コメント:8

続きを読むread more

シャクナゲ '黄山(コウザン)、シャクナゲ・ムラミチコ、コブシ、シャクナゲ 'ミセス・フジイ'、シャクナゲ・太陽、…

 シャクナゲの森を反時計回りに歩きました。黄山と名札のついた薄い黄花のシャクナゲが咲き始めていました、黄色系は性質の弱いものが多いのですが、この品種は比較的丈夫だそうです。シャクナゲ・ムラミチコはこの日出合った花色の中で最も濃い赤色で、太陽とともに大きくなってシャクナゲの森を飾っていました。訪れた時期が少し早いのでツボミが多く見られます…
コメント:8

続きを読むread more

シャクナゲ・太陽、シャクナゲ 'ピンク ルージュ'、、シャクナゲ・夢路、シャクナゲ 'クリソマニカム'、シャクナゲ…

 シャクナゲの森を反時計回りに歩き、階段を上って行くと道の両脇に花が現れました。進行方向右側には花壇状に作られた所に小木が植えられています。黄花のシャクナゲには、クリソマニカムと名札がついていました。 名古屋市立東山植物園・シャクナゲの森にて 撮影:2020.4.2   シャクナゲ・太陽 学名:Rhododendron 'T…
コメント:6

続きを読むread more

シャクナゲ・夢路、シャクナゲ・太陽、シャクナゲ 'アルタイル'、シャクナゲモドキ 'レッドファンネル'、シャクナゲ…

 ガーデンテラスから一般道に架かる花園橋を渡るとシャクナゲの森入り口で上り坂になります。両側に花の咲く道を反時計回りに歩きました。時期が半月ほど早いのでツボミの木もありましたが早咲きの石楠花や、樹高が高くなった「太陽」や「ムラミチコ」など真っ赤な花が目立ちました。 名古屋市立東山植物園・シャクナゲの森にて 撮影:2020.4.2 …
コメント:8

続きを読むread more