ハンゲショウ、ツリガネニンジン、キキョウ、ハキダメギク、スジギボウシ、エノテラ、エゾミソハギ、オオミヤブコウジ、ヤ…

 半夏生が太田切川左岸花壇に群生し満開状態で見事でした。ツリガネニンジンに沢山花が咲いていましたが倒れて乱れていました。此所でもハキダメギクが1株咲いていましたが植えたモノではないでしょう。葉に斑入り模様のギボウシがありスジギボウシとしましたが、ネット上で調べますと自生種だとか、園芸品種だとかいろんな事が書かれていて判断出来ません。手持…
コメント:9

続きを読むread more

マリゴールド、コマクサ橋から見た風景、フロックス、キョウカノコ、コマクサ、ヤブラン、コケモモ

 太田切川に架かる吊り橋の手前にプランターに植えられたマリゴールドなどの花が並んで綺麗でした。太田切川に架かる吊り橋(コマクサ橋)を渡ると、左岸堤防の下では水遊びをする人たちがいました。左岸堤防から石段を降りると花壇があります。綺麗な花が咲いていたのでキョウカノコがまだ咲いていると思ったら、フロックス花魁草でした。中部山岳地帯では高山帯…
コメント:6

続きを読むread more

駒ヶ根ファームス、農産物直売場、マツバギク、ハキダメギク、ウモウゲイトウ、ニチニチソウ、マリーゴールド、フウロソウ…

 光前寺から車で10分ほどで、川公園に続く駒ヶ根ファームス駐車場へ着きました。以前はパン工房横の芝地に生えていたハキダメギクが花壇の中でマツバギクと一緒に咲いていました。肥料を貰ったせいか芝地で咲いてたときより株が大きいです。温泉女子部が管理する花壇に朝鮮ヨメナが咲いていました。太田切川に架かる吊り橋を越えて左岸の花壇に名札があったので…
コメント:6

続きを読むread more

大講堂周りの風景、オオベンケイソウ、ヤマアジサイ、ガクアジサイ、ダイコンソウ、キツネノボタン、コアカソ、ゲンノショ…

 参道から大講堂の裏へ通じる脇道に入りました。ここに紅白の山萩が咲くのですがまだでした。大講堂は大掃除中のようで座布団敷物が干してありました。大講堂横に流れる小川に沿って畔にオオベンケイソウが植えられていて真っ赤な花を咲かせるのですが、今年は一番大きな株に虫がついたのか病気のようです。小川の畔にコアカソが茂っていました。コアカソに似た木…
コメント:6

続きを読むread more

ガクアジサイ、アジサイ、紫陽花の小道の風景

 賽の河原から先に進めなかったので、三重塔まで戻り、塔前から降りて東屋を通り、案内図の散歩コース、紫陽花の小道を歩いて参道に戻りました。ガクアジサイが綺麗に咲いていました。此所ではタマアジサイが開花したのかと思いましたが、よく見ると葉に皺があって葉脈の見え具合が違います。狭い紫陽花の小道は左右に沢山花が咲いていて綺麗でした。  駒…
コメント:8

続きを読むread more

タマアジサイ、霊犬早太郎、上穂十一騎之碑、三重塔、姫キンミズヒキ、アカソ、賽の河原

 玉アジサイはヤマアジサイより葉が倍ほど大きく、蕾が玉状で、開花が遅く未だ殆ど蕾でした。霊犬早太郎の墓がありました。毎年若い娘を人身御供に掠う妖怪狒々を退治した 霊犬早太郎のお墓です。道を挟んで向かい側に真田幸村配下、上穂十一騎之碑がありました。当地駒ヶ根市の人たちだそうです。三重塔前の杉林道を西方向に歩きますとキンミズヒキに出会いまし…
コメント:6

続きを読むread more

レンゲショウマ、シライトソウ、アジサイ、コアジサイ、本堂の風景、本堂の風景、手水場の観音様、延命水飲み場、タマアジ…

 参道の両脇には石が積み上げられ、隙間にヒカリゴケが生えています。その上に生えるレンゲショウマは垂れ下がった花でも撮りやすいです。三門を過ぎると本堂が見えて来ます。装飾花の無いコアジサイの花後が健在でした。手水場の柄杓と延命水飲み場のコップが撤去されたようです、新コロナ感染予防の処置でしょう。本堂横に群生する玉アジサイが1輪2輪咲き始め…
コメント:8

続きを読むread more

イトバハルシャギク、ヤマアジサイ、レンゲショウマ、参道の風景

 長野県駒ヶ根高原の光前寺を40日ぶりに訪れました。本坊の受付前の花壇ではレンゲショウマがチラホラ咲き始めていましたがまだツボミが小さいのが多かったです。ヤマアジサイに綺麗な花が残っている木がありました。大半は装飾花が裏返しになって赤っぽくなっていました。有料ですが本坊に上がって宝物や仏像を拝観することも可能です。  駒ヶ根高…
コメント:8

続きを読むread more

オニユリ、カノコユリ、ノブドウ、ブルーベリー・ラビットアイ、ムクゲ、ヒッペアストルム、シンテッポウユリ、タカサゴユ…

 放りっぱなしで猫の額ほどの荒れた庭ですが春から夏にかけて撮った草木の花や実です。オニユリとカノコ百合が咲きました。オニユリは蕾から開花まで半月ほどですが、カノコユリは1ヶ月ほどかかります。ヘクソカズラは至る所に繁茂し、ムカゴから発生した小さいオニユリを引き倒しましたので花を見つけ次第引きちぎっていますが無くなりません。キンミズヒキが繁…
コメント:10

続きを読むread more

フェイジョア、ニッコウキスゲ、ヤブカンゾウ、ヒメヒオウギズイセン、ハブランサス・ロブスター、ゼフィランサス、レモン…

 放りっぱなしで猫の額ほどの荒れた庭ですが春から夏にかけて撮った草木の花や実です。標高2600mでも咲く高山植物ニッコウキスゲが咲きました1日花で半月ほど咲き続けます。ニッコウキスゲに半月ほど遅れて八重で花色の濃いヤブカンゾウが咲きました。眼下の河畔から移植した草で繁殖力が強く増えて行きます。河畔ではブルドーザで頻繁に草刈りが行われ絶え…
コメント:6

続きを読むread more

ツタスミレ、バーベナ リギダ、オオバギボウシ、コモチマンネングサ、クロバナロウバイ、ヤマボウシ、ドクダミ、クロガネ…

 放りっぱなしで猫の額ほどの荒れた庭ですが春から夏にかけて撮った草木の花や実です。  庭にて 撮影:2020年5月6月8月   ツタスミレ 学名:Viola hederacea スミレ科 別名:パンダスミレ 撮影:2020.5.29 花が多い時期です   バーベナ リギダ 学名:Verbena rigida クマツヅ…
コメント:6

続きを読むread more

フトボナガボソウ、アシスタシア・インツルサ、ヤエサンユウカ、ヤエサンユウカ、イセハナビ、シャウエリア・カリコトリカ…

サンギャラリー下段で見た花です。フトボナガボソウの白花と青花が咲いていました。白花は花穂が垂れ下がり、青花は立ち上がります。イセハナビは沖縄の東南植物楽園に畝を造って植えられていたのですが、数年休園したときに消えてしまい今はありません。セイロンマツリが咲いていました、学名のPlumbはラテン語で鉛(元素記号はpb) 、agoはラテン語で…
コメント:6

続きを読むread more

ネペンテス・ミクスタ、ウツボカズラ類、ウナズキヒメフヨウ、トウワタ、オクナ・キルキイ、イクソラ・グランディフロラ、…

 サンギャラリーの西端には沢山の食虫植物が展示され、時期によってはモウセンゴケ等も出ています、各種ウツボカズラが名札つきで展示されています。代表してウツボカズラ ミクスタをクローズアップしてみました。サンギャラリ-は上下2段になっていて、下段の道を入口方向へ歩きました。トウワタに花が咲いていました。株が増えたようです。デイゴ、オオゴチョ…
コメント:6

続きを読むread more

ルエリア・キリオーサ、プセウデランテマム・ビコロル、ジャワヒギリ、ホルムショルディア・テッテンシス、ツンベルギア・…

 中南米産植物温室を出てサンギャラリーで見た花たちです。ヒメアリアケカズラの下に、草丈の低いルエリア・キリオーサやプセウデランテマム・ビコロルが咲いていました。ホルムショルディア・テッテンシスと名札のついた青紫色の綺麗な花が咲いていました。花はすぐに落ちて萼が長く残るそうで、チャイニーズハットの仲間です。ツンベルギア・フォーゲリアナと名…
コメント:8

続きを読むread more

グズマニア、ネオレゲリア・カロリナエ、月下美人、ベゴニア ヘラクレイフォリア、サイコトリア ペピギアナ、ムラサキゴ…

 中南米産植物温室の花たちです。この時期パイナップル科の花は少なく、綺麗な花を見つけられませんでした。月下美人が長い花柄を垂らして咲いていました。ホットリップスというとサルビアミクロフィラを思い出すのですが、アカネ科のサイコトリア ペピギアナにホットリップスの名札がついていました。中南米産植物温室を出てサンギャラリーに戻ると出口にヒメア…
コメント:8

続きを読むread more

ジャワヒギリ(白花)、ニオイバンマツリ、ツバキカズラ、ベゴニア・ロラントイデス、ベゴニア・インペリアリス・スマラグ…

 中南米産植物温室手前に白花のジャワヒギリとニオイバンマツリが咲いていました。ニオイバンマツリの花は紫色で二日ほどで青紫から白へ変化するそうで、匂いを嗅ぐと良い香りがします。中南米産植物温室は中央に荒砂が積み上げられ、奥に岩が積み上げられて、岩の隙間に植物が植えられています。 名古屋市立東山植物園・中南米産植物温室にて 撮影:20…
コメント:8

続きを読むread more

ハイビスカス、カリアンドラ・トゥウィーディー、アシスタシア・インツルサ、ルエリア・バルビラーナ、フトボナガボソウ、…

 ハワイアンハウスを出てサンギャラリー戻るとネムノキの花に似たベニゴウカン属の花が咲いていました。フトボナガボソウの花が咲いていました。白花の花穂は垂れ下がり青花の花穂は立ち上がります。石垣島のゴルフ場の草地で雑草に混じって咲いているのに出合ったことがあります。サンギャラリーは沢山のブーゲンビレアでいつも飾られています。 名古屋市…
コメント:8

続きを読むread more

ヤエサンユウカ、ハメリア・パテンス、クレロデンドルム・スカンデンス、ハイビスカス、ビカクシダ、サクララン、キッスス…

 水生植物温室を出てサンギャラリー戻ると花盛りのヤエサンユウカに出合いました。この花はヤエクチナシにそっくりです。匂いは弱く夕方に香るのだそうです。水生植物温室の隣のハワイアンハウスに入ってみました、此所は現在工事中のシダ温室の植物が疎開中でシダ類が混み合って置かれています。 名古屋市立東山植物園・温室サンギャラリーとハワイアンハ…
コメント:8

続きを読むread more

ニンフォイデス、トーチジンジャー、レッドジンジャー、ヘリコニア・ロストラータ、ヘリコニア・プシッタコルム、スパシフ…

 水生植物温室では戸外の気温と同じですから眼鏡が曇ることはありません。トーチジンジャーが1輪綺麗に咲いて、レッドジンジャーには沢山花穂が出ていました。沖縄で群生に出会ったことありますが、ここの花は草姿が痩せた感じです。頷きヘリコニアが咲いていました綺麗な花色でみごたえがありますが、赤や黄色は苞だそうです。 名古屋市立東山植物園・水…
コメント:6

続きを読むread more

ウナズキヒメフヨウ、ハイビスカス、ブーゲンビレア、ベニヒモノキ、白花リュエリア・グラエキザンス、ベニマツリ、ルリマ…

 温室内は新コロナウイルス感染予防のため歩く道順が指定されていました。温室の上の窓は開放され所々に扇風機が回ってましたので戸外より涼しく感じました。 名古屋市立東山植物園・温室サンギャラリーにて 撮影:2020.7.15   ウナズキヒメフヨウ 学名:Malvaviscus arboreus var. mexicanus ア…
コメント:8

続きを読むread more