サンダンカ、矮性ハイビスカス、アメリカバンマツリ

画像 中庭に沖縄の三大名花の1つサンダンカの園芸品種が咲いていました。サンダンカ(Ixora chinensis)は花弁の幅が広く、小花は丸く見えます。コバノサンダンカの花によく似ていますが、葉の大きさに違いがあるようです。

 ハイビスカスは沖縄を代表する花の1つで、方言名ブッソウゲといい、バスガイドさんの話によると、あまり縁起の良い花とはされていないそうです。高さ3mくらいになる常緑低木で成長が早く公園や家の生垣などに利用されます。周年開花で、多くの園芸品種があります。画像は矮性種だろうと思います。

 アメリカバンマツリ、中南米原産の非耐寒性常緑低木で,、白から薄紫に変色するニオイバンマツリ(Brunfelsia australis)の花がちょうどグリーンがかった黄色になった感じです。中庭からカトレア温室に入りました。

 熱帯ドリームセンター・・中庭にて 撮影:2012.1.17



 サンダンカ 'スーパーキング' 学名:Ixora chinensis 'Super King' アカネ科 熱帯ドリームセンター・中庭にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像

画像



 矮性のハイビスカス 学名:Hibiscus cv. アオイ科 熱帯ドリームセンター・中庭にて 撮影:2012.1.17
画像
 


 アメリカバンマツリ 学名:Brunfelsia americana ナス科 熱帯ドリームセンター・中庭にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像

画像



 カトレア温室入口 熱帯ドリームセンターにて 撮影:2012.1.17
画像


当画像は 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム 「沖縄2012」として掲載予定いたしております。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


"サンダンカ、矮性ハイビスカス、アメリカバンマツリ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント