ベゴニア、バナナ、シロノセンダングサ

画像 ハイサイプラザ(総合案内所)まで階段を降りると、花人形のディスブレイが数体有ります。ポットに植えてある草木が伸びて、これから衣装なおしが始まるようで、サメのディスプレイは骨組みだけになっていました。

 ここから、右手は有名な美ら海水族館、私たちは左手に折れて蘭の花が咲き乱れる、熱帯ドリームセンターに向かいます。道に白花ベゴニアのハンギング・バスケットがズラリと並び、街路樹のアクセントになっていました。道は沖縄郷土村の横を通るのですが、生垣代わりにバナナの木が植えられていて、丁度花が咲いていました。 バナナの木と糸芭蕉は大変よく似ていて、地元の人でも見分けがつかないと聞きました。芭蕉布という歌がありますが、着物一枚分の芭蕉布を織るのに13本の木が必要だそうです。

 途中、草むらに大きな白い舌状花をもち菊の花のように見える、シロノセンダングサが茂っていました。沖縄では何処に行っても見かける雑草で、センダングサの仲間です。白い舌状花を持たないアメリカセンダングサ、コセンダングサしか知らない私ですが、先端が二股に分かれたヒッツキ虫の種を見ると納得です。地元の人に聞くと民間薬で、煎じて飲むと下痢腹痛に効き、お風呂に入れて体を温めると言っていました。
 
 沖縄海洋博公園 沖縄郷土村横にて 撮影:2012.1.17




 花人形ディスプレイ ハイサイプラザ横にて 撮影:2012.1.17
画像

画像



 ベゴニア 学名:Begonia semperflorens シュウカイドウ科 別名:シキザキベゴニア 沖縄郷土村横にて 撮影:2012.1.17
画像

画像



 バナナ 学名:Musa acuminata バショウ科 沖縄郷土村横にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像



 シロノセンダングサ 学名:Bidens pilosa var. radiata キク科 沖縄郷土村横にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像

画像


当画像は 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム 「沖縄2012」として掲載予定いたしております。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


"ベゴニア、バナナ、シロノセンダングサ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント