タビビトノキモドキ(白極楽鳥花)

画像 ホテルの庭に大形のストレチアがあって、綺麗に花が咲いていました。例年2月に訪れますので、綺麗な花を見ることは少ないのですが、今年は幸運でした。ストレチアと言いますと橙色の切り花を連想しますが、これは屋根を越える大木で旅人の木モドキとよばれます。

 タビビトノキモドキ(白極楽鳥花)、南アフリカ原産で、名前は外観がタビビトノキに似ていることによります。本種は、タビビトノキと比べて小型で根元から分枝し、多数発生するのが特徴で花の形は同属の極楽鳥花に似ており、美しい白花を咲かせます。

 アメリカンブルーが綺麗に咲いていました。沢山撮ったのですが、光量不足でピンボケばかりでした。プールの片隅に観葉植物モンステラが茂っていました。当方庭にも一鉢有るのですが、冬は屋内に引っ越しています。

 珊瑚の岩を積み上げて造った壁にシダが植えてありました。オオタニワタリに似ていますが、小柄でちょっと寂しいです。
 
 那覇市内ホテルにて 撮影:2012.1.16


 タビビトノキモドキ 学名:Strelizia alba オオギバショウ科 別名:白極楽鳥花 那覇市内ホテル庭にて撮影:2012.1.16
画像

画像

画像

画像



 アメリカンブルー 学名:Evolvulus pilosus ヒルガオ科 別名:エボルブルス 那覇市内ホテル庭にて撮影:2012.1.16
画像



 モンステラ 学名:Monstera deliciosa サトイモ科 別名:ホウライショウ 那覇市内ホテル庭にて撮影:2012.1.16
画像



 シダ 那覇市内ホテル庭にて撮影:2012.1.16
画像


当画像は 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム 「沖縄2012」として掲載予定いたしております。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


"タビビトノキモドキ(白極楽鳥花)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント