花梅 塒出錦、椿 紅乙女、ヤブツバキ、椿 花冠、椿 綴錦

当園釣り堀を除いて南端、南垂れの地形の下に椿と紫陽花の小道があります。この入り口手前に花梅 塒出の錦が咲き始めていました。塒は鳥屋(トヤ)と読み、「粗末な住まい」を意味するのだそうです。椿 紅乙女は咲き始めでしたが、ヤブツバキ、椿 花冠は満開で綺麗でした。見栄えのする椿 綴錦は1輪開花していました。

名古屋市立東谷山フルーツパーク・椿と紫陽花の小道にて 撮影:2021.2.4


  花梅 塒出錦 学名:Prunus mume 'Toyadenisiki' バラ科 撮影:2021.2.4
IMG_0821.JPG
名は、粗末な家を出ると綺麗な花がある、でしょうか

IMG_0822.JPG
IMG_0823.JPG
IMG_0824.JPG


  椿 紅乙女 学名:Camellia 'Kouotome' ツバキ科 撮影:2021.2.4
IMG_0825.JPG
濃紅・紅色、八重・千重咲、中輪、春咲、江戸古種、1859椿伊呂波名寄色附記載(関東)

IMG_0826.JPG
IMG_0827.JPG
椿と紫陽花の小道入り口、紫陽花は冬枯れ状態

IMG_0828.JPG


  ヤブツバキ 学名:Camellia japonica ツバキ科 撮影:2021.2.4
IMG_0829.JPG
IMG_0830.JPG
IMG_0831.JPG
IMG_0832.JPG


  椿 花冠 学名:Camellia 'Hana-kanmuri' 撮影:2021.2.4
IMG_0833.JPG
淡桃地紅の縦絞、一重、盃・ラッパ咲、筒蕊、中輪、初冬咲、卜伴の実生、1965桜木喜楽発表(愛知)

IMG_0834.JPG
IMG_0835.JPG
IMG_0836.JPG


  椿 綴錦 学名:Camellia 'Tuzure-nisiki' ツバキ科 東谷山フルーツパークにて 撮影:2021.2.4
IMG_0837.JPG
濃紅地白斑、八重、筒蕊、大輪、1965片山樹楽園発表(関西)
撮影:2021.2.4
IMG_0838.JPG
IMG_0839.JPG
咲き始めです

IMG_0840.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年02月19日 08:35
ツバキの花に癒されました。紅乙女や赤やぶツバキの写真がいいですね。
2021年02月19日 08:42
塒出錦の粗末な家を出ると綺麗な花がある意味、奥深いですね
枝垂れ?なんでしょうか。
紅乙女 の中心部がかわいいですね。
ヤブツバキ、地味ですが原点ですよね。すべての椿の。
綴錦も各地で名前が違うのでしょうか?
菊冬至、春日山もそんな感じですね~~


2021年02月19日 10:47
夢楽さんコメント有難うございます。これからしばらく椿と梅の花に癒されますね。不要不急の外出ご遠慮下さいで、巣ごもり中ですが・・
2021年02月19日 10:52
nobaraさんコメント有難うございます。花梅 塒出錦はかすかに枝垂れ気味ですね。椿の名は地方によってマチマチで、それだけ愛好家が多かったと言うことでしょうか。
2021年02月19日 14:16
塒という字は読めませんね。国語事典をひもといてみたら、いくつか意味がある中で、「歌舞伎劇場で、花道の揚げ幕の内部にある小部屋。花道への出入りの際の狭い控え所」というのがありました。塒出錦は、華やかな歌舞伎役者がそこから出て来た姿を例えた、という名付けかも知れませんね。
2021年02月19日 16:35
長さんコメント有難うございます。塒は訓読みでは「ねぐら」になってますね。以前この花の解説で読んだものを紹介しました。もう大分、梅も椿も開いただろうとウズウズしてるのですが ・・
2021年02月19日 17:21
藪椿
 美しく撮れましたね。
ときどき出会うのですが 高いところで思うように撮れません。

椿品種が多く 楽しめますね。
2021年02月20日 08:29
shuuterさんコメント有難うございます。ヤブツバキは実からツバキ油がとれるのでしたね。伊豆大島の特産かと思っていましたが九州熊本でも大木に出会ったことがございます。