ハニーサックル、ラクウショウ、ヒマラヤユキノシタ、コウヤボウキ、ソシンロウバイ、日本水仙、椿 有楽、ヨシの門松

建物の壁に巻き付いて綺麗な花を咲かせていたハニーサックルのも冬枯れ状態で、落羽松はすっかり落葉していました。宿根草園の出口にヒマラヤユキノシタが咲いていました。薬草の道へ出るとコウヤボウキが綿毛をつけていました。薬草の道を左へ降りて武家屋敷門のヨシの門松を見ました。

名古屋市立東山動植物園・宿根草園から也有園へ 撮影:2021.1.5


  ハニーサックル 学名:Lonicera X heckrotii 'Gold Flame' スイカズラ科 宿根草園にて 撮影:2021.1.5
IMG_0221.JPG
良い香りのする花ですが、冬枯れで蕾一房だけ

IMG_0222.JPG
IMG_0223.JPG


  ラクウショウ(落羽松) 学名:Taxodium distichum スギ科 撮影:2021.1.5
IMG_0224.JPG
IMG_0225.JPG
宿根草園には3本生えています、南の風景



  ヒマラヤユキノシタ 学名:Bergenia stracheyi ユキノシタ科 撮影:2021.1.5
IMG_0226.JPG
春咲く花ですが・・

IMG_0227.JPG
IMG_0228.JPG


  コウヤボウキ 学名:Pertya scandens キク科 薬草の道にて 撮影:2021.1.5
IMG_0229.JPG
IMG_0230.JPG
IMG_0231.JPG
IMG_0232.JPG
薬草の道北東方向

IMG_0233.JPG
薬草の道南西方向を振り返る



  薬草の道を左へ降りると武家屋敷門 撮影:2021.1.5
IMG_0234.JPG


  ソシンロウバイ 学名:Chimonanthus praecox f. concolor ロウバイ科 武家屋敷門前にて 撮影:2021.1.5
IMG_0235.JPG


  日本水仙 学名:Narcissus tazetta var. chinensis ヒガンバナ科 武家屋敷門前にて撮影:2021.1.5
IMG_0236.JPG


  椿 有楽 学名:Camellia 'Uraku' ツバキ科 武家屋敷門前にて 撮影:2021.1.5
IMG_0237.JPG
明藤桃、一重、長筒・ラッパ咲、中輪、晩秋咲、有楽 x 菊月の実生、1964長浜昇発表(関東)

IMG_0238.JPG
IMG_0239.JPG


  武家屋敷門 ヨシの門松 撮影:2021.1.5
IMG_0240.JPG
旧尾張藩士兼松家の門を移築

姉川の合戦でヨシを門松の代わりにした故事に倣って

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2021年01月20日 07:59
ハニーサックル、葉も落とさずに頑張ってますね。
エッ@@ 蕾まで付いてるのですか?
ヒマラヤユキノシタ、12月頃から咲いていますね(*^-゚)⌒☆
そこの案内も2月~見られると表示してありますね。
コウヤボウキの冠毛が可愛いです
有楽はタロウカジャとも言いませんか?
ラッパ型で華やかですね。
ワビスケ系なのに大きくて華やか~ですね。
武家屋敷門 ヨシの門松、ここならではですね。
15日のようですがいつまで飾られるのでしょう。
こちらでは7日まで、でしたが・・・

目黒のおじいちゃん
2021年01月20日 08:48
寿々木さん
葉を落とした落羽松も良い風情がありますね。
ワビスケ(有楽)可愛いですね。
ヒマラヤユキノシタの花、私も散歩道で見て来ました。
2021年01月20日 09:05
nobaraさんコメント有難うございます。訪れたのは8日です。有楽は太郎冠者と言います。名札に書いてありましたが、邪魔が入って見えません。有楽は不明な点が多いとネット上で書かれていますね。椿園で再登場しますからよろしく。
2021年01月20日 10:08
ハニーサックルは秋まで花を見ることがありますが、年が超えても蕾が残っているなんて奇跡に近いかも。
ヒマラヤユキノシタは12月から咲き始めるものもありますね。後輩のブログに載っていました。
流石にソシンロウバイはまだつぼみですね。
2021年01月20日 10:43
長さんコメント有難うございます。当方庭にもヒマラヤユキノシタが2箇所にあったのですが、ドクダミが茂って1箇所は消え、毛1箇所も消えそうです。
ソシンロウバイ当方庭では大晦日に咲いたのですがここは遅いです。