ティボウチナ・グラヌロサ、ネメシア、ヘリクサム ペティオラレ、ヒューケラ 'パリ'、ビオラの兎、ヤツデ、西洋ノコギリソウ、メンデルのブドウ

植物会館前に鉢植えで咲いていたシコンノボタンは学名が違いますからブラジル東部原産の別種でした。珍しい草が鉢に寄せ植えされていましたから出来るだけ撮ってみましたが花はありません。ヒューケラは沖縄で出合ったことがあるユキノシタノ仲間ですが多種類有ります。ビオラの鉢植えの中に兎の顔をした花があるそうです。モノレール駅前を通って宿根草園に移動しました。

名古屋市立東山動植物園・植物園植物会館前と宿根草園にて 撮影:2021.1.5


  ティボウチナ・グラヌロサ 学名:Tibouchina granulosa ノボタン科 撮影:2021.1.5
IMG_0201.JPG
ブラジル東部原産

IMG_0202.JPG
IMG_0203.JPG


  ネメシア 学名:Nemesia hybrida ゴマノハグサ科 撮影:2021.1.5
IMG_0204.JPG
耐寒性あり

IMG_0205.JPG


  ヘリクサム ペティオラレ 学名:Helichrysum petiolare キク科 撮影:2021.1.5
IMG_0206.JPG
IMG_0207.JPG


  ヒューケラ 'パリ' 学名:Heuchera 'Paris' ユキノシタ科 撮影:2021.1.5
IMG_0208.JPG
IMG_0209.JPG
IMG_0210.JPG
IMG_0211.JPG


  ビオラの兎 撮影:2021.1.5
IMG_0212.JPG
何処かに居るそうです

IMG_0213.JPG
IMG_0214.JPG


  ヤツデ 学名:Fatsia japonica ウコギ科 別名:テングノハウチワ モノレール駅前にて 撮影:2021.1.5
IMG_0215.JPG


  西洋ノコギリソウ 学名:Achillea millefolium キク科 別名:ヤロー 撮影:2021.1.5
IMG_0216.JPG
宿根草園、落羽松の落ち葉で覆われています

IMG_0217.JPG
IMG_0218.JPG


  メンデルのブドウ 宿根草園にて 撮影:2021.1.5
IMG_0219.JPG
棚に巻き付いた木です

IMG_0220.JPG
メンデルが遺伝の研究に使ったブドウの分株です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2021年01月19日 07:37
ノボタンにもいろんな種類があるんですね(*^-゚)⌒☆
ひとくくりでノボタンっと思っちゃいます(^o^)丿
ネメシアもビオラと同じくらい、この時期、人気がありますね。
我が家のうさちゃんビオラとおんなじです。
色がもっとクリアーですが。機会を見てアップします。
あとゾウさんビオラもいますよ

目黒のおじいちゃん
2021年01月19日 07:59
今日明日は寒いようですね。底でしょうか。こ
ヤツデが頑張っていますね。同じ日にみかけました。
2021年01月19日 08:47
nobaraさんコメント有難うございます。ノボタンにもいろいろあるようです。大きなピンク色の傘を被ったノボタンには最近出会いません。兎さんの中に象さんが居るのですか、鼻が曲がっているのでしょうか。
2021年01月19日 08:51
目黒のおじいちゃんコメント有難うございます。同じ日にヤツデを撮られましたか、明日は24節気の大寒のいり、一年で一番寒いときですね。
2021年01月19日 09:11
鉢植えの植物が面白いです。ティボウチナ・グラヌロサの写真がいいですね。
2021年01月19日 09:20
夢楽さんコメント有難うございます。ノボタンの仲間は綺麗ですね。小木ですが内地では鉢植えが多いようです。沖縄では露地植えですが・・
2021年01月19日 11:20
ティボウキナ・グラヌロサは樹高8~12m、幹周り20~40cmになる大型のシコンノボタンです。日本での展示は多分ここだけでしょう。
なお、一般にティボウキナと表記しますが、ティボウチナと表示しているのもここだけだと思います。
2021年01月19日 12:35
長さんコメント有難うございます。そうですか、そんなに珍しいノボタンですか。大事にしないといけませんね。学名の読み方は、英語ヨミ、ローマ字ヨミなどあるようですが、英語ヨミですね。
shuuter
2021年01月19日 16:43
ノコギリソウ 葉がのこぎり状になっているのですね。
花色はいろいろあるのですね。
2021年01月20日 10:38
shuuterさんコメント有難うございます。ノコギリソウ、葉を鋸に見立てた名です。この草は葉の突起が又突起を持っているでしょう、だから西洋鋸草です。カナディアンロッキーを歩いたとき、山麓の湖の畔で見ました。道東然別湖畔で見た日本のノコギリソウは2重突起ががありません。少し持ち帰って庭に植えたら咲いたのですが、庭木の剪定をお願いしたら、作業員にむしり取られてしまいました。