コハウチワカエデ、イロハモミジ、クヌギ、ナガバシロヨメナ

大田切川右岸散策路入り口に綺麗なグラデーションの枝を持つコハウチワカエデの木と巨大なイロハモミジが目を引きました。上を見上げるとイロハモミジが覆い被さるように見えて、モミジのトンネルを歩いているな気分になりました。対岸の里山の紅葉も陽に輝いて、この時期にならないと見ることが出来ない景色です。足下に生えるナガバシロヨメナはほとんど無くなりましたが、まだ頑張っている株もありました。アキノキリンソウは全て枯れていました。

駒ヶ根高原・水と文化の森公園・大田切川右岸にて


  コハウチワカエデ 学名:Acer sieboldianum ムクロジ科(旧カエデ科) 大田切川右岸散策路入り口にて 撮影:2020.11.13
IMG_8988.JPG
葉は枯れかけですが、グラデーションが綺麗です

IMG_8989.JPG
IMG_8990.JPG
IMG_8991.JPG


  イロハモミジ 学名:Acer palmatum ムクロジ科 撮影:2020.11.13
IMG_8992.JPG
大木です

IMG_8993.JPG


  クヌギ 学名:Quercus acutissima ブナ科コナラ属 撮影:2020.11.4
IMG_8994.JPG
IMG_8995.JPG
IMG_8996.JPG
IMG_8997.JPG
クヌギの落ち葉です



  対岸の里山の紅葉も楽しみながら上流へ歩きました 撮影:2020.11.13
IMG_8998.JPG
この時期にならないと見ることが出来ない景色です

IMG_8999.JPG
IMG_9000.JPG
IMG_9001.JPG


  ナガバシロヨメナ 学名:Aster ageratoides Turcz. var. tenuifolius キク科 撮影:2020.11.13
IMG_9002.JPG
数は減りましたが、健在の株もありました

IMG_9003.JPG


  モミジのトンネル 撮影:2020.11.13
IMG_9004.JPG
IMG_9005.JPG
IMG_9006.JPG
IMG_9007.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年11月30日 09:27
コハウチワカエデ、臙脂っぽ色が粋な感じですね~
かなり姐さん色? ゾクッとしますね(*^-゚)⌒☆
イロハモミジもなかなかのものですよね。
川岸から山に駆け上がる紅葉が素晴らしいですね。
野菊も個体差がありますね。頑張っていますね



2020年11月30日 11:36
nobaraさんコメント有難うございます。コハウチワカエデの色の濃いグラデーション、素晴らしいでしょ。この散歩道はイロハモミジの大木が頑張っていました。木立の中では黄葉がかなり落葉して、ユリノキの大木も丸裸でした。
2020年11月30日 12:33
コハウチワカエデ、黄色から濃い赤まで1枚の葉に凝縮されたグラデーションが良いですね。日照時間が少ない下の方の葉だからでしょうね。
shuuter
2020年11月30日 12:42
シロヨメナ 素朴ですが、好きなのです。
野菊も終わりに近づきましたね。

紅葉も色濃くなり 楽しめますね。
2020年11月30日 12:42
長さんコメント有難うございます。このような濃い色のグラデーションに出会うことはめったにありません。日当たりの良い葉から紅葉するようですね。当地も気温が下がってきました。霜の降りる前に、アフリカハマユウなどにビニールで覆いを掛けないと枯れてしまうので要注意です。
2020年11月30日 12:46
shuuterさんコメント有難うございます。イナカギクの葉が茎を抱かないものをシロヨメナというそうですが、この草は葉が長いからナガバシロヨメナでしょう。
2020年11月30日 20:08
コハウチワカエデやイロハモミジの色合いの良い紅葉がいいですね。
2020年12月01日 08:23
夢楽さんコメント有難うございます。この地では紅葉のお終いの季節です。まもなく落ち葉になるでしょうね。