バーベナ リギダ、クズ、ツユクサ、イグサ、アレチハナガサ、メマツヨイグサ、マメアサガオ、アレチウリ、センダン、オニ…

 庄内川左岸河畔堤防下の平らな護岸コンクリートを下流方向へ歩きました。平らな護岸コンクリートは水面と堤防平面のほぼ中間にあります。平らな護岸コンクリートと言えども、草や枯れ草が生い茂り、まるでブルドーザになった気分で身体で押さないと進めません。至る所に蔓延り、脚をとるので倒れそうになって困るクズの花が満開で芳香の主でした。ここではアレチ…
コメント:8

続きを読むread more

ナンキンハゼ、アレチヌスビトハギ、マメアサガオ、アメリカアサガオ、クサギ、キンエノコロ、ヨモギ、ヤハズソウ、メドハ…

 フルーツパークの熱帯果樹温室に入る前に、庄内川河畔堤防の草木報告をします。少し涼しくなったので4ヶ月ぶりに河畔堤防を歩いて見ました。堤防への降り口にある小公園ではナンキンハゼの実が大きくなりました。坂道を下ると堤防の入り口からアレチヌスビトハギが大繁茂で実が出来ていました。今年は実の数がとても不揃いで5連の実もありました。マメアサガオ…
コメント:10

続きを読むread more

メランポディウム、タピアン、オミナエシ、サルビア・レウカンサ、薔薇 アイスバーグ、モミジアオイ、コバノセンナ、ヒマ

 ボランティアが管理する花壇に宿根バーベナは咲いていましたが、葉が焼けて花数が少なかったです。メランポディウムやアメジストセージは変わりなく、コバノセンナが綺麗でした。この花は沖縄では秋から冬に咲く花で沖縄本部半島にある海洋博公園で出合ったことがあります。ヒマに実が出来ていました、戦時中は至る所に栽培されたものです。種から絞る油をヒマシ…
コメント:10

続きを読むread more

ヤマザクラシダレ、クリ、ハナミズキ、椿と紫陽花の小道、イチゴノキ、アベリア、フェイジョア、フレンチマリーゴールド

 キウイ園から南垂れ地形の下部、椿と紫陽花の道を目指して歩きました。途中当園には2本しか無いヤマザクラシダレが傷んでいました。栗園では枝が枯れ、紫陽花の葉が枯れ、イチゴノキも下枝が枯れ、ボランティアの管理する花壇入り口でいつも花をつけて迎えてくれたブルーキャットミントが枯れてしまいました。2ヶ月に及ぶ干天で雨が降らず、連日日が照りつけ、…
コメント:8

続きを読むread more

狸の剃刀、カリン、キウイ、白蝶草、マツバギク、エノコログサ、キダチチョウセンアサガオ、金柑、ベニバナエゴ

 北西丘陵の段々畑前を直進しますとブルーベリー園にぶつかります。ブルーベリー園横の5月頃ヒルザキツキミソウが咲く場所の上の土地に「狸のカミソリ」が咲いてました、狐の剃刀は知ってますが、狸は初めてです。ネットで調べたところ、「和名:タヌキノカミソリ狸の剃刀、リコリス インカルナータは、中国原産のリコリスの原種のひとつで、乳白色の花弁に桃紫…
コメント:10

続きを読むread more

コムラサキ、マユミ、四季桜、モモ、ヒナタノイノコズチ、メヒシバ、コスモス、ブドウ

 渓流に咲く四季の花園の池の畔でコムラサキに実が出来ていました。四季の花園出口にあるマユミの実は大きくなっていましたが、例年はチラホラ花をつける四季桜に花は無く、葉が散って、残った葉も縮んでいました。桃園の桃の木も果実は無く葉が焼けて縮んでいました。2ヶ月降雨が無く、日照りが続いたことが原因と思われます。当園北西丘陵に行く道脇草地には、…
コメント:8

続きを読むread more

熱帯果樹温室広場の風景、チュウキンレン、メランポディウム、タイタンビカス、 ハイビスカス、リンゴアルプス乙女、エゾ…

 熱帯果樹温室広場にある花壇に花が咲いたり、温室の鉢植えが花壇に置かれたりしていました。温室に置かれていたチュウキンレンが花壇の草地に置かれ、葉が枯れていました。係の人が散水に余念が無いので乾燥のせいでは無いと思います。温室広場から坂を下りて売店前に来ると大勢の人で大賑わい、立ち寄るのはやめて渓流に咲く四季の花園を歩きますと大きくなった…
コメント:10

続きを読むread more

ニチニチソウ、マリーゴールド、センニチコウ

 北門前花壇はいつもは小学生などが植えて、植えた人の名前や絵などがついているのですが、新コロナ禍で人が集まることも出来なかったようです。色とりどりのニチニチソウ、黄花のマリーゴールド、赤白紅の千日紅もあって綺麗でした。 名古屋市立東谷山フルーツパーク・北門前花壇にて 撮影:2020.9.5   ニチニチソウ日々草 学名:Vi…
コメント:6

続きを読むread more

サルスベリ、リンゴ園の風景、カタバミ、リンゴアルプス乙女

 サルスベリが日本庭園広場の隅で咲いていました。木に咲く小花を詳しく見た事は無いのですが、画像で花弁の付け根が棒状で長いのに気がつきました。林檎園では防鳥ネットが張られてます。林檎が熟すと、土曜、日曜の時間を限って、希望者に収穫体験と称して、自分で果物を採らせてくれます。採った分は自分で買い取りです。袋を被せた木が多いのですが、当地も他…
コメント:8

続きを読むread more

ナツメ、芝生広場、カヤツリグサ、ブタナ、柿、ヒメジョオン、ツユクサ、ハナトラノオ、キンミズヒキ、ヌスビトハギ

 芝生広場入り口にナツメ木が2本あり実が出来ています。乾燥果肉を大棗と称し、漢方では汎用されます。カヤツリグサが生えていました。子供の頃茎を四角に裂いて(茎の真ん中を2回裂き広げます)、蚊帳だと言って遊びました。芝生広場の南垂れ斜面に岩を積み上げロックガーデンと称しています。下へ降りて下部の花を見ました。 名古屋市立東谷山フルーツ…
コメント:8

続きを読むread more

シダレザクラ、トウハクチョウゲ、メタセコイア、ボケ、ヒナタノイノコズチ、モミジバフウ、ユズリハ

 2ヶ月ぶりにフルーツパークを訪れました。土曜日でしたので大勢の人が梨の収穫体験に訪れていました。当地は7月8月の2ヶ月間ほとんど雨が降らず、最高気温38℃の日照りが続いて、樹木や草花にもかなりの被害が出たようで、南門付近の枝垂れ桜は葉の落ちた枝が目立ちました。 名古屋市立東谷山フルーツパーク・南門付近、湿地園、日本庭園にて 撮影…
コメント:8

続きを読むread more

オミナエシ、ヒナタノイノコズチ、コバギボウシ、シュウメイギク、ヒメキンミズヒキ、オオバコ、オトギリソウ、ツリフネソ…

大講堂西横に流れる小川の畔の草地にいろいろ花が咲いていました。ヒナタノイノコズチは何処にでも蔓延る草ですが、昆虫の成長成分を含み、この草を食べた幼虫は早く成虫になるそうです。小川の畔を赤い花で飾るオオベンケイソウは虫がついて全て刈り取られていました。近寄れない場所にツリフネソウが咲いていましたので、カメラの光学60倍望遠機能で撮りました…
コメント:10

続きを読むread more

タマアジサイ、三重塔辺りの風景、紫陽花の小道の花と風景、紅花と白花のハギ

前回訪れて10日経ちましたので、タマアジサイ、フジバカマの様子が気になり再訪しました。本堂横の杉木立の下に茂るタマアジサイは蕾や咲き始めもありましたが、散り始めや花の終わったのが沢山ありました。紫陽花の小道を通って参道に出て、大講堂の裏へ階段を降りますと、紅と白のハギが咲いていました。  駒ヶ根高原・光前寺にて 撮影:2020.8…
コメント:8

続きを読むread more

ツユクサ、アカツメクサ、仁王門、参道風景、レンゲショウマ、山門、本堂前の風景

前回訪れて10日経ちましたので、レンゲショウマやタマアジサイ、フジバカマの様子が気になり再訪しました。レンゲショウマは見頃でとても綺麗でした。フジバカマはまだ固い蕾でした。  駒ヶ根高原・光前寺にて 撮影:2020.8.21   ツユクサ 学名:Commelina communis ツユクサ科 駐車場の草地にて 撮影:202…
コメント:6

続きを読むread more

ハマナデシコ、フウロソウ 、朝鮮ヨメナ、ヤブラン、ヒメツキミソウ、ハナトラノオ、キキョウ、ツルボ、ワレモコウ、メマ…

太田切川左岸の花壇と少し上流にあるこまくさ野花園でみた花や風景です。  駒ヶ根高原・太田切川左岸花壇とこまくさ野花園にて 撮影:2020.8.11   ハマナデシコ 学名:Dianthus japonicus ナデシコ科 撮影:2020.8.11 別名:フジナデシコ   フウロソウ 学名:Geranium en…
コメント:6

続きを読むread more

シレネ・ディオイカ、ヤブラン、コケモモ、ミズヒキ、ハンゲショウ、キキョウ、ヘメロカリス、スジギボウシ、エゾミソハギ…

太田切川左岸の花壇でみた花や風景です。ヤブカンゾウに似て八重で花色はニッコウキスゲのように黄色の花が咲いていました。属名のヘメロカリスと記載しましたが、この名でネット上で索引すると色々な花が出てきて、種名は判りませんでした。ヤマハギが咲き始めて綺麗でした。  駒ヶ根高原・太田切川左岸花壇にて 撮影:2020.8.11   シ…
コメント:10

続きを読むread more

ムシトリナデシコ、コスモス、カキツバタ、コマクサ橋からの風景、フロックス

光前寺大講堂前にある池のカキツバタは綺麗に咲いていましたが、枯れた花穂には立派な実が出来ていました。カキツバタの実を見たのは初めてです。車で10分ほどの駒ヶ根ファームスに移動し農産物直売所で林檎シナノレッド5個250円を4パック購入し川公園に向かいました。太田切川の河原では大勢の人たちが水遊びしました。左岸堤防を降りると花壇のオイランソ…
コメント:8

続きを読むread more

紫陽花の小道、オオベンケイソウ、コバギボウシ、シュウメイギク、キツネノボタン、ダイコンソウ、アカソ

三重塔前から紫陽花の小道を通って参道へ出て大講堂前まで来ました。大講堂の横を流れる小川の畔に茂る草地の花を撮りました。コバギボウシが1株ずつ草に混じってアチコチに咲いていて、集まって咲くいうイメージが壊れます。シュウメイギクにツボミが出来てまもなく開花でしょう。小川の畔にコアカソもあるのですが、アカソはコアカソより葉が大きく、葉先が三裂…
コメント:8

続きを読むread more

本堂前の風景、コアジサイ、ガクアジサイ、タマアジサイ、ヤマアジサイ、霊犬早太郎の墓、三重塔

本堂横のタマアジサイの群生場所は殆ど開花しているところと、蕾が目立つ場所があり、7分咲きくらいでしょうか。三重塔前両側にもタマアジサイとヤマアジサイが植えられていて、ヤマアジサイは花が終わり、タマアジサイも散り始めている株がありました。  駒ヶ根高原・光前寺にて 撮影:2020.8.11   本堂前の風景 撮影:2020.8…
コメント:8

続きを読むread more

光前寺仁王門、参道の風景、本坊のお庭、レンゲショウマ、コバギボウシ、山門、本堂前の風景

 駒ヶ根高原へ8月11日に訪れました。光前寺の本坊のお庭ではレンゲショウマが5分咲きでチラホラ全開した花に出合いました。もう少し経ったら素晴らしい光景になるでしょう。参道に戻ると道沿いに積まれた石垣の上にレンゲショウマが植わっているので俯き花でも、撮るのが楽です。まだ咲き始めでしたが・・。三門前の空き地にコバギボウシが咲いていて綺麗でし…
コメント:10

続きを読むread more

クサソテツ、オカトラノオ、マツヨイグサ、ハタザオギキョウ、コマツナギ、キキョウ、ハナトラノオ、朝鮮ヨメナ、ゲンノシ…

 太田切川左岸花壇よりやや上流にあるこまくさ野花園で見た草花です。名札の周りにコゴミと思われるシダが繁茂していました。若葉が巻いている様子を、屈(コゴ)んだ実と見立て、別名:コゴミと称し食べられます。北海道在住時に個人商店で乾燥したのを売っているのに出合いました。円形で何だろうと思い店の人に尋ねたらコゴミだとおしえてくれました。 …
コメント:8

続きを読むread more

ヤマオダマキ、ハマナデシコ、シナノナデシコ、朝鮮ヨメナ、ヤマハギ、ヤブラン、ヒメフウロ、ニッコウキスゲ、ヤブカンゾウ

 太田切川左岸花壇にハマナデシコと名札のついた草が咲いていました。釣りが趣味で浜辺海岸をよく歩いたのですがこのような花に出合ったことはありません。シナノナデシコと名札のついたミヤマナデシコが咲いていました。この花は標高1500mの梓川右岸の某ホテル前に咲いているのに出合ったことがあります。朝鮮ヨメナが綺麗に咲いていました。名札が無ければ…
コメント:8

続きを読むread more

ハンゲショウ、ツリガネニンジン、キキョウ、ハキダメギク、スジギボウシ、エノテラ、エゾミソハギ、オオミヤブコウジ、ヤ…

 半夏生が太田切川左岸花壇に群生し満開状態で見事でした。ツリガネニンジンに沢山花が咲いていましたが倒れて乱れていました。此所でもハキダメギクが1株咲いていましたが植えたモノではないでしょう。葉に斑入り模様のギボウシがありスジギボウシとしましたが、ネット上で調べますと自生種だとか、園芸品種だとかいろんな事が書かれていて判断出来ません。手持…
コメント:9

続きを読むread more

マリゴールド、コマクサ橋から見た風景、フロックス、キョウカノコ、コマクサ、ヤブラン、コケモモ

 太田切川に架かる吊り橋の手前にプランターに植えられたマリゴールドなどの花が並んで綺麗でした。太田切川に架かる吊り橋(コマクサ橋)を渡ると、左岸堤防の下では水遊びをする人たちがいました。左岸堤防から石段を降りると花壇があります。綺麗な花が咲いていたのでキョウカノコがまだ咲いていると思ったら、フロックス花魁草でした。中部山岳地帯では高山帯…
コメント:6

続きを読むread more

駒ヶ根ファームス、農産物直売場、マツバギク、ハキダメギク、ウモウゲイトウ、ニチニチソウ、マリーゴールド、フウロソウ…

 光前寺から車で10分ほどで、川公園に続く駒ヶ根ファームス駐車場へ着きました。以前はパン工房横の芝地に生えていたハキダメギクが花壇の中でマツバギクと一緒に咲いていました。肥料を貰ったせいか芝地で咲いてたときより株が大きいです。温泉女子部が管理する花壇に朝鮮ヨメナが咲いていました。太田切川に架かる吊り橋を越えて左岸の花壇に名札があったので…
コメント:6

続きを読むread more

大講堂周りの風景、オオベンケイソウ、ヤマアジサイ、ガクアジサイ、ダイコンソウ、キツネノボタン、コアカソ、ゲンノショ…

 参道から大講堂の裏へ通じる脇道に入りました。ここに紅白の山萩が咲くのですがまだでした。大講堂は大掃除中のようで座布団敷物が干してありました。大講堂横に流れる小川に沿って畔にオオベンケイソウが植えられていて真っ赤な花を咲かせるのですが、今年は一番大きな株に虫がついたのか病気のようです。小川の畔にコアカソが茂っていました。コアカソに似た木…
コメント:6

続きを読むread more

ガクアジサイ、アジサイ、紫陽花の小道の風景

 賽の河原から先に進めなかったので、三重塔まで戻り、塔前から降りて東屋を通り、案内図の散歩コース、紫陽花の小道を歩いて参道に戻りました。ガクアジサイが綺麗に咲いていました。此所ではタマアジサイが開花したのかと思いましたが、よく見ると葉に皺があって葉脈の見え具合が違います。狭い紫陽花の小道は左右に沢山花が咲いていて綺麗でした。  駒…
コメント:8

続きを読むread more

タマアジサイ、霊犬早太郎、上穂十一騎之碑、三重塔、姫キンミズヒキ、アカソ、賽の河原

 玉アジサイはヤマアジサイより葉が倍ほど大きく、蕾が玉状で、開花が遅く未だ殆ど蕾でした。霊犬早太郎の墓がありました。毎年若い娘を人身御供に掠う妖怪狒々を退治した 霊犬早太郎のお墓です。道を挟んで向かい側に真田幸村配下、上穂十一騎之碑がありました。当地駒ヶ根市の人たちだそうです。三重塔前の杉林道を西方向に歩きますとキンミズヒキに出会いまし…
コメント:6

続きを読むread more

レンゲショウマ、シライトソウ、アジサイ、コアジサイ、本堂の風景、本堂の風景、手水場の観音様、延命水飲み場、タマアジ…

 参道の両脇には石が積み上げられ、隙間にヒカリゴケが生えています。その上に生えるレンゲショウマは垂れ下がった花でも撮りやすいです。三門を過ぎると本堂が見えて来ます。装飾花の無いコアジサイの花後が健在でした。手水場の柄杓と延命水飲み場のコップが撤去されたようです、新コロナ感染予防の処置でしょう。本堂横に群生する玉アジサイが1輪2輪咲き始め…
コメント:8

続きを読むread more

イトバハルシャギク、ヤマアジサイ、レンゲショウマ、参道の風景

 長野県駒ヶ根高原の光前寺を40日ぶりに訪れました。本坊の受付前の花壇ではレンゲショウマがチラホラ咲き始めていましたがまだツボミが小さいのが多かったです。ヤマアジサイに綺麗な花が残っている木がありました。大半は装飾花が裏返しになって赤っぽくなっていました。有料ですが本坊に上がって宝物や仏像を拝観することも可能です。  駒ヶ根高…
コメント:8

続きを読むread more