オミナエシ、ヒナタノイノコズチ、コバギボウシ、シュウメイギク、ヒメキンミズヒキ、オオバコ、オトギリソウ、ツリフネソウ、ゲンノショウコ、ウメモドキ、カキツバタ、コスモス

大講堂西横に流れる小川の畔の草地にいろいろ花が咲いていました。ヒナタノイノコズチは何処にでも蔓延る草ですが、昆虫の成長成分を含み、この草を食べた幼虫は早く成虫になるそうです。小川の畔を赤い花で飾るオオベンケイソウは虫がついて全て刈り取られていました。近寄れない場所にツリフネソウが咲いていましたので、カメラの光学60倍望遠機能で撮りました。小さい黄花が咲いていました、葉を見るとオトギリソウのようです。ここでオトギリソウに気がついたのは初めてです。

 駒ヶ根高原・光前寺大講堂付近にて 撮影:2020.8.21


  オミナエシ 学名:Patrinia scabiosaefolia オミナエシ科 大講堂裏にて 撮影:2020.8.21
IMG_7198.JPG
IMG_7199.JPG


  大講堂の風景 撮影:2020.8.21
IMG_07200.JPG
大講堂正面

IMG_7201.JPG
西横は小川が流れ草地で、美術館跡の広場があります



  ヒナタノイノコズチ 学名:Achyranthes fauriei ヒユ科 撮影:2020.8.21
IMG_7202.JPG


  コバギボウシ 学名:Hosta sieboldii ユリ科 撮影:2020.8.21
IMG_7203.JPG


  シュウメイギク 学名:Anemone hupehensis var. japonica キンポウゲ科 撮影:2020.8.21
IMG_7204.JPG
沢山茂っていました

IMG_7205.JPG
IMG_7206.JPG


  ヒメキンミズヒキ姫金水引 学名: Agrimonia nipponica バラ科 撮影:2020.8.21
IMG_7207.JPG
1株咲いていました



  オオバコ(大葉子)学名:Plantago asiatica オオバコ科 撮影:2020.8.21
IMG_7208.jpg


  オオベンケイソウ大弁慶草 学名: Hylotelephium spectabile ベンケイソウ科 撮影:2020.8.21
IMG_7209.JPG
虫がついて全て刈り取られていました



  オトギリソウ 学名:Hypericum erectum オトギリソウ科 撮影:2020.8.21
IMG_7210.JPG
ここで見たのは初めてです

IMG_7211.JPG


  ツリフネソウ 学名:Impatiens textori ツリフネソウ科 マメ科 撮影:2020.8.21
IMG_7212.JPG
カメラの光学60倍望遠機能で撮りました

IMG_7213.JPG
IMG_7214.JPG
IMG_7215.JPG
IMG_7216.JPG
IMG_7217.JPG


  ゲンノショウコ 学名:Geranium nepalense subsp. thunbergii フウロソウ科 別名:ミコシグサ 撮影:2020.8.21
IMG_7218.JPG
露草と一緒に咲いていました

IMG_7219.JPG


  アオハダ 学名:Ilex macropoda モチノキ科 大講堂前の池畔にて 撮影:2020.8.21
IMG_7220.JPG
ウメモドキと間違えていました、実が出来ています

IMG_7221.JPG


  カキツバタ 学名:Iris laevigata アヤメ科 大講堂前の池にて 撮影:2020.8.21
IMG_7222.JPG
元気に咲き続けています

IMG_07223.JPG


  フジバカマ(藤袴) 学名:Eupatorium japonicum キク科 大講堂前の花壇にて 撮影:2020.8.21
IMG_7224.JPG
まだつぼみは固いです、赤花に少し白花株があります

IMG_7225.JPG


  コスモス 学名:Cosmos bipinnatus キク科大講堂前の花壇にて 撮影:2020.8.21
IMG_7226.JPG
咲き始めです

IMG_7227.JPG


  2020.8.21撮影の駒ヶ根高原はこれでお終いです、ご覧頂き有り難うございました。
  次回から9月5日撮影の名古屋市立東谷山フルーツパークの花と風景になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年09月19日 08:48
ヒナタノイノコズチ、昆虫さんの成長を助ける力を秘めているのですか?
コバギボウシはそろそろ終わりかしら?
シュウメイギクは本番になってきていますよね。
シナノオトギリっぽいですね。葉を見ると。
ツリフネソウ、葉が萎れ加減ですね。
陽が当たりすぎだったのかしら?
日陰で見かける事が多いですよね。
目黒のおじいちゃん
2020年09月19日 09:08
寿々木さん
駒ヶ根高原を繰り返し訪問され、野草など観察を楽しまれましたが、咲き始めから満開までレンゲショウマを賞味できたのは良かったですね。
千畳敷は秋が進んでいるでしょうか。
2020年09月19日 09:11
nobaraさんコメント有難うございます。信州信濃に咲くオトギリソウですから、シナノオトギリですね。ここから登山バスで30分、ロープウエイで7分、標高2600mまで登るとミヤマオトギリが咲いているのですが、公共交通機関の利用が躊躇われますので、新コロナ収束までは利用しないです。
2020年09月19日 09:18
目黒のおじいちゃんコメント有難うございます。レンゲショウマを見るのが楽しみで通いました。「中央アルプス駒ヶ岳ロープウエイ」のホームページには山の紅葉の具合が、2台のカメラで常時映し出されていますので、楽しめます。
shuuter
2020年09月19日 10:09
駒ケ根は車でお福できるのですね。いい場所があってよろしいですね。
私 娘より車の運転するなと言われています。
妻に車を運転してもらって出かけています。
ダンダン行動半径が小さくなってゆきます。
2020年09月19日 12:03
松の間からオミナエシが咲いていると、なんか変な感じがします(笑)。
シュウメイギク、萼片の大きさが同じくらいなので、園芸種かなーという気がします。
オオバコに花が咲いていますね。最近、田園地帯でも見かけなくなりました。
ツリフネソウ、日陰だとかなり蔓延るようです。日光植物園でもあちこちで増えていました。
2020年09月19日 12:28
shuuterさんコメント有難うございます。高齢者の事故が多いですから、運転は気をつけないといけませんね。最近免許更新に、認知症検査、実地試験と段階を追って警察が関与し、免許更新通知を受け取ってから、更新するまでに6ヶ月かかりました。
2020年09月19日 12:37
長さんコメント有難うございます。シュウメイギク、この地は涼しいから開花していますが、当方庭の株はまだツボミです。当地植物園でも蕾は固く開花したの2~3個でした。隣家の日陰になって葉が焼けなかったホワイトジンジャーが開花しました。アオキの葉は真っ黒に焼け、山吹は葉が焼けて落ち、ミツバツツジは葉が縮んで天候異常の被害を受けています。
2020年09月19日 13:42
シュウメイギクがきれいですね。カキツバタは開花期が長くていいですね。
2020年09月19日 16:02
夢楽さんコメント有難うございます。長野県駒ヶ根高原は少し気温が低いのでシュウメイギクが咲いたのでしょう、当地はまだ咲いていません。