オオハンゲ、アカソ、キキョウ、タイタンビカス 'ピンク'、タイタンビカス 'ピーチ・ホワイト'

 湿地園を越えると薬草の道は万葉の道と名が変わり、万葉集に詠われた植物に立て札がついています。道端にオオハンゲが咲いていました。仏炎苞から伸びる中間体の髭がとても長いです、姿は同じですが自宅で咲いているカラスビシャクの三倍は有ると思います。日本庭園の池の畔で、高原で見かけるアカソが真っ赤な茎を伸ばしていました。コアカソの葉は小さくアカソ…
コメント:10

続きを読むread more