モチツツジ、トサミズキの実、シキミ、マユミ、コヒルガオ、芍薬

 四季の花園渓流沿いの道にモチツツジの残り花が咲いていました。花や茎、葉に粘液腺が多数あって触れると粘ります。水源が止められたようで渓流が干上がっていて、下流の緋鯉が心配でしたが、池の水は流出を止められていたようで鯉は無事でした。四季の花園渓流沿いの道の出口に咲いていたシキミは終わって花後で「悪しき実」がこれから出来るのでしょう。コヒル…
コメント:8

続きを読むread more