ビオスの丘入園口の花と風景、亜熱帯の森、カトレア、バンダ、デンドロビウム、オオバン、ヒカゲヘゴ

 東南植物楽園から車で30分ほど走って、うるま市石川嘉手納にあるビオスの丘を訪れました。嘉手納空軍基地の近くで、たまに飛行機の爆音が聞こえます。丘と湖が入り組んだ地形の亜熱帯樹林の中を歩きました。入り口で入場料を払って奥のドアを開けると空中廊下、上から亜熱帯の森を見下ろせます。エレーベータで下りてランで飾られた森の中を歩きました。横の沼…
コメント:8

続きを読むread more

ニチニチソウ、クコ、ゲンペイクサギ、アフリカンブルーバジル、ムラサキルーシャン、メキシカン・ブッシュ・セージ、アジ…

 最後にハーブ園を訪れました。懐かしい花を見つけました。大学4年後期に半年間午前中の授業が終了後、卒業実習で各個人にテーマが与えられ、小生は生薬学教室で成分の分離研究に挑戦した植物です。矮性の園芸品種ニチニチソウはよく見かけますが、草丈50cm程に立ち上がるのにはほとんど出会えません。   沖縄・東南植物楽園・植物園にて 撮影:2…
コメント:8

続きを読むread more

ウスベニニガナ、エクメア・フルゲンス、トウロウソウ、ユスラヤシ並木、熱帯スイレン、ブーゲンビレア、ナンヨウスギ

 ティフォノドルムが繁る池の畔にパイナップル科のエクメア・フルゲンスがトウロウソウと並んで咲いていました。パイナップル科の植物の花は紅色と薄紫のものが多く綺麗です。ユスラヤシ並木を歩きました。当園にとっては歴史のある、大事な木なのだそうです。珍しい斑入りのブーゲンビレアの木を発見、真っ白な葉も有りました。   沖縄・東南植物楽園・…
コメント:8

続きを読むread more

コエビソウ、アメリカンブルー、極楽鳥花、クロトン、パワースポット「ヘゴ林」、モンステラ、サボテン類、セイロンベンケ…

 高台の上から来た方向を眺めますと「思いやりの湖」の水面上に多数のネオン管で作った蝶などが目立ちます。売店や食堂のある建物には入らないで、朝入った門から出ました。出ると駐車場ですが、駐車場はガラガラでした。まっ直ぐ進んで、車の通る一般道を越えると「植物園」入り口です。ここにパワースポット「ヘゴ林」と称する場所が出来ていて中に入ってパワー…
コメント:6

続きを読むread more

フトボナガボソウ、ユスラヤシ、ビンロウジュ、タイワンレンギョウ、極楽鳥花、カミガヤツリ、ランタナ、メキシコノボタン…

 南外周道を直進しますと、ヤギ島への分かれ道手前の湖畔にフトボナガボソウが大量に繁っていました。花数は少ないですが濃い花色をして元気そうです。左手にヤギ島と称する動物小屋へ道があり、その手前に「ふるさとの小道」と名のついた木道があり花でかがられていました。南外周道は左へまがってユスラヤシが群生する道となりそれを過ぎると湖畔にゴクラクチョ…
コメント:10

続きを読むread more

ハナキリン、ヒメキランソウ、キダチアロエ、トックリラン、タイホウリュウ、竜血樹、ハツミドリ、オオベニゴウカン、オオ…

 ロックガーデン二つ目の築山には大きなトックリランがあって、葉の垂れる様子ががポニーテイル似てるからPonytai Palmと言われるそうです。ロックガーデンから道は曲がって南外周道になります。道は「思いやりの湖」にそって続きます。途中池を渡る道がありますが直進しました。   沖縄・東南植物楽園・水上楽園にて 撮影:2020.2.…
コメント:6

続きを読むread more

オオバナアリアケカズラ、テイキンザクラ、バンザクロ、アロエ・サポナリア、ハナキリン、竜血樹、ヒメキランソウ

 カピバラの住む「いちむし村」を過ぎて西外周道をロックガーデンへ進みました。途中、ガーデンウエディングに使うのではないと思われる綺麗な小屋があり、バンザクロの木の花に覆われていました。ロックガーデンは二つの小さな築山で、アロエやリュウセツラン類、ハナキリンなどが繁っていましたが、5千~7千年も生きると言われる世界一長寿の木である龍血樹が…
コメント:8

続きを読むread more

見晴らしの丘、湖釣り堀の風景、ナンヨウスギ、リュウキュウマツ、ウコンラッパバナ、タイワンレンギョウ、タコノキ、ビヨ…

 語らい橋の上からから見晴らしの丘を見ると白い見晴台が見えます。めぐりあいの湖は語らい橋を境に釣り堀になっています。誰も人はいませんでしたが。「タコノキステーション」(釣り堀小屋)の屋根にはウコンラッパバナが蔓延り、人がいないのでバンと思われる鳥がニワトリのように歩いていました。橋を降りて前方を見るとタコノキ並木が続いていて、釣り堀小屋…
コメント:11

続きを読むread more

ベニデマリ、アジサイ、ナンヨウスギ、ドラセナ・フレグランス・マッサンギアナ、ブーゲンビレア、ビンロウジュ、クロトン…

 トーテムポールの前から、「めぐりあいの湖」に向けて降りる階段はイルミネーションに飾られた「ひかりの散歩道」だそうです。この道脇には花の咲く変葉木があってとても綺麗でした。ビンロウジュに沢山の実がなっていました。この実はキンマという植物と併せて噛みタバコのように使われているそうです。キンマとビンロウジュは夫婦の象徴として、インドやベトナ…
コメント:8

続きを読むread more

サンダンカ、アラマンダ、メキシコハナヤナギ、ヒスイカズラ、ベニツツバナ、見晴台からの風景、ヒスイカズラの棚の終点

 キバナサラカの木の下に新しく舗装道路が出来て「コビトの森」が誕生したようで、チョッピリ覗いてみました。もとは木が繁っていた南垂れの斜面だったと思います。森の木にアラマンダが咲いていました。元へ戻ってヒスイカズラの棚沿いユスラヤシの根元でメキシコハナヤナギが咲いていました。ここのヒスイカズラの棚は自由に出入りできるので、しばらく木が敷き…
コメント:8

続きを読むread more

ベニヒモノキ、ヒスイカズラ、オオベニゴウカン、アカボゲットウ、コダチヤハズカズラ、ハイビスカス、ヘリコニア・ラティ…

 竹で組まれた旧ヒスイカズラの棚の前にベニヒモノキの小木がありました。温室で見ると花穂はもっと赤いのですが。旧ヒスイカズラの棚の中に入ってみましたが、殆ど木が枯れたようで花はありませんでした。旧ヒスイカズラの棚先端に接して金属製の棚が見晴らしの丘終点トーテムポールまで約100mほど続いていて、ヒスイカズラの花が沢山咲いていました。見晴ら…
コメント:8

続きを読むread more

ルリハナガサ、ハイビスカス、クロトン、ローソクノキ、オオベニゴウカン、オオシロゴウカン、コダチヤハズカズラ、デイゴ…

 北側の外周道の真ん中辺りの花や木と風景です。ヒスイカズラの棚が始まる場所で道を挟んで向かい側にローソクの木があり、長い実が沢山できていました。熟すとクリーム色になり食べられるそうです。この辺りは赤花のハイビスカスが垣根状に道に沿って植えられています。   沖縄・東南植物楽園・水上楽園にて 撮影:2020.2.19   ルリ…
コメント:8

続きを読むread more

コバノランタナ、カエンカズラ、ハナキリン、ヒメアリアケカズラ、ハクチョウゲ、ヒメノウゼンカズラ、アメリカハマグルマ…

 アロエやリュウゼツランの茂る湖畔を歩くと道は緩やかな登りとなって湖畔を離れます。道脇にはコバノランタナが咲いていました。屋根に火炎カズラが咲く東屋があります。東屋の周りにハクチョウゲが咲いていました。花が小さいのでうまく撮れませんが、私は一重の花に出合うのは沖縄だけです。北側の外周道に出て左側(入り口、食堂方向)を見ますと何やら白い物…
コメント:8

続きを読むread more

ドンベヤ・ウォリッキー、クロトン、ウスバリュウゼツラン、アロエについて、アロエ・ルペストリス、アロエ・サポナリア、…

 東側外周道路の椰子並木をしばらく歩くと右側にドンベヤ・ウォリッキーの花が咲いています。此所を過ぎるとクロトンの生け垣が続く道となり、左側にユスラヤシ林がある場所で小道がありますので左折しますと湖畔の道に出ます。白い縁取りの葉を持つリュウゼツランにウスバリュウゼツランと名札がついていました。花が咲くのに40年と書いてあり、海洋博公園で花…
コメント:10

続きを読むread more

ツツジ、シンノウヤシ、ユスラヤシ、ワシントニア、オオベニゴウカン、ハナチョウジ、繁栄の湖

 一夜明けて、那覇市から東南植物楽園へ向かいました。入り口には沢山のネオン管で作られた蝶などがおかれて、夜間の客を期待しているようです。東側外周道路の椰子並木を北向いて歩きました。椰子並木にはシンノウヤシ、ユスラヤシ、ワシントニアがありました。右手山側には色とりどのツツジが咲いていましたが沖縄自生種のケラマツツジは見当たりませんでした。…
コメント:8

続きを読むread more

ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、実梅 小梅、実梅 玉英、ボケ、花梅 一重寒紅枝垂れ、花梅 藤牡丹枝垂れ、花梅 …

 3月3日お天気が良いのに誘われて、梅の花が見頃になっただろうと、東谷山フルーツパークへ出かけてみました。当園の花梅の中で、とても綺麗で最後に咲く花梅 楊貴妃が満開でしたから、他の花梅は盛りを過ぎたものが多かったです。 名古屋市立東谷山フルーツパークにて 撮影:2020.3.3   ヒメオドリコソウ 学名:Lamium pu…
コメント:8

続きを読むread more

ケラマツツジ、リュウキュウコスミレ、マーガレット、花のタペストリ、美ら海水族館にて、アメリカンブルー

 足下に咲いているツツジが沖縄自生種ケラマツツジであると気がつきました。名札はありませんでしたが手持ちの図鑑そっくりです。時間がたっぷりありましたので美ら海水族館を覗いてみました。中には大勢の方が見えました。半分以上の方がマスクなしでしたからこれはいかんと、人混みをすり抜けて外へ出ました。   熱帯ドリームセンター出口と美ら海…
コメント:8

続きを読むread more

シロバナデイゴ、モンパノキ、熱帯スイレン、パラグアイオニバス、ゼラニュウム、ブーゲンビレア、ホシソケイ、白野栴檀草…

 白花デイゴは珍しい、一昨年はビクトリア温室で咲いていたが、今年は露地で見つけました。ロータス池の真ん中辺りにパラグアイオニバス(大オニバスの仲間)を見かけましたが、花はありませんでした。池の畔の道脇に色々な花色のブーゲンビレアが鉢植えで並んでいました。まるで盆栽造りのように感じさせる一品も見受けられました。   熱帯ドリームセン…
コメント:6

続きを読むread more

オオホウカンボク、熱帯スイレン、オオオニバス、ヘリコニア・ロストラータ、ハイビスカス、ベニヒモノキ、サルビア、ベン…

 ビクトリア温室の出口近くにオオホウカンボクがツボミをいくつかつけていました。小さな花が数十個まとまって一つの花を作る木でツボミがまるで果実のように見えました。大オニバスが1株ありましたが、花は咲いていませんでした。温室の出口はヘリコニア・ロストラータが繁っており、花が数個咲いていました。花色は東山植物園で見るより新鮮な感じで綺麗です。…
コメント:8

続きを読むread more

ターネラ・サブラータ、オクナ・カーキー、ブッドレア、ゴヨウアサガオ、源平カズラ、熱帯スイレン、ホウライカガミ、ゴー…

 ビクトリア温室の草木の花と風景です。ビクトリア温室の名は大オニバスの名を頂いてますので、温室中央に大きな池があります。此所では沢山の花をつける源平カズラが目をひき長い緑色の花糸が珍しいです。珍しいことに日本最大で天然記念物の蝶オオゴマダラの金色のサナギがホウライカガミについていました。ホウライカガミはオオゴマダラ幼虫の食草で有毒植物、…
コメント:8

続きを読むread more

トックリキワタの庭、ブラキカム、ウナズキヒメフヨウ、リュウキュウコスミレ、ペンタス、コバテイシ、タイワンレンギョウ…

 回廊を出てトックリキワタの庭を通ってビクトリア温室へ向かいました。赤いマリーゴールドが群生してる辺りは季節によって植えられる花が頻繁に変わる場所で年初は寒冷処理されたチューリップで一杯だったと思います。綺麗な花が一杯でどれを撮ろうかと迷いました。一昨年はルリハナガサが綺麗に咲いていたのですが見当たりませんでした。温室の外でウナズキヒメ…
コメント:8

続きを読むread more

タビビトノキ、遠見台の上から見た風景、オフリス、リュウゼツラン、ホンコンシェフレラ、オオベニゴウカン、ヒカゲヘゴ

 回廊に隣接する遠見台に上がってみることにしました。遠見台は海洋博公園の海側南端に突き出た石造りの塔で外部からもよく見えます。遠見台の入り口前に旅人の木が数本生えています。遠見台の上にはエレベーターで上がれますが、中程に資料室があり、ランの花が咲いていました。   熱帯ドリームセンター・遠見台にて 撮影:2020.2.18 …
コメント:8

続きを読むread more

カカオ、パフィオペディラム・ミスティックナイト、パフィオペディラム・ブラッディレイン、パフィオペディラム・アルゴニ…

 果樹温室真ん中辺りにお馴染みカカオの木が実をつけていました。別名:チョコレートツリーといわれ、カカオの種を発酵させて作るチョコレートには多量のポリフェノールが含まれ身体に良いそうです。中央部に材木が組み上げられて見晴らし台があり、此所にお目あてのヒスイカズラに出合ったことあるのですが、花は見つかりませんでした。パフィオペダルムが散見さ…
コメント:6

続きを読むread more

アカボゲットウ、パラミツ、ルエリア・コロラタ、碁盤の脚、クロトン、ジャワヒギリ、ビカクシダ

 果樹温室入り口では、レッドジンジャーがお出迎えです。背丈を超える大きさで、名古屋市の熱帯果樹温室にもあるのですが、大人と子供で迫力が違います。重さ40Kgにもなる世界最大の果実パラミツに実が出来ていました。ルエリア・コロラタの赤い苞葉が至る所にあって目をひきました。お目当てのヒスイカズラを探しているのですが見つかりません。 …
コメント:6

続きを読むread more

グズマニア、カトレア・スモール イエロー、カトレア、カトレア・ロバータ 'ジェニー'、オンシジュウム、ゼラニュウム…

 熱帯ドリームセンター・カトレア温室出口と中庭で見た花です。カトレア温室出口には黄色のオンシジュウムの鉢植えが沢山並んでいました。カトレア温室と次の果樹温室は繋がっておらず、中庭を通らねばなりません。以前此所には色とりどりの珍しいユキノシタガ密植されていて感動したのですが、箱庭風に飾られゼラニュウムが置かれていました。   熱帯ド…
コメント:6

続きを読むread more

カトレア、カトレア・ルティアカ、カトレアンセ

 熱帯ドリームセンター・カトレア温室で見た花です。いろいろな形や花色の変化が多くて全ての種類はクローズアップ出来ていないのが残念です。カトレアの花はこんなに種類が多いのかと吃驚しました。   熱帯ドリームセンター・カトレア温室にて 撮影:2020.2.18   カトレア 学名:Cattleya ラン科 撮影:2020.2.1…
コメント:6

続きを読むread more

カトレア、アマゾンリリー、マスデバリア、ブラッサボラ、オンシジウム・ホワイトブラウン、モンキー オーキッド

 熱帯ドリームセンター・カトレア温室で見た花です。蘭の女王と言われる花ですが、女王から下女までというか、いろいろな花色と形があって素敵でした。その横にモンキー・オーキッド(猿顔蘭)の仲間だった、マスデバリア属の花が5種類咲いていました。その後、成る程猿だと思わせるモンキー・オーキッドが1輪咲いていました。樹上逆光でしたの真っ黒になって回…
コメント:6

続きを読むread more

ビヨウタコノキ、ドラセナとクロトン、モンパノキ、マーガレット、カトレア、カランコエ

 熱帯ドリームセンター・バンダ温室から中庭に出たのは、温室の外にキバナイペーの小木があって花が咲くのを見たことがあるので探しに出たのですが、見つかりませんでした。その代わりビヨウタコノキの根元にカランコエの仲間だろうと思われる黄花を見つけました。初めて見る花で種名は分かりません。ビヨウタコノキはタコノキの中で一番美しいから美容だとしてい…
コメント:8

続きを読むread more

リンコスチリス ギガンテア、アングレカム、バンダ ハイブリッド、バルボフィラム、バンダ、バルボフィラム エキノラビ…

 熱帯ドリームセンター・バンダ温室出口近くの花たちです。此所にはバンダばかりでなく、葉の根元が膨れて大きいラン科の植物でバルボフィラムの花が1株咲いていました、5年前に出合ったときは全く違う花で、あまり花に出会え無い蘭です。蔓性のバニラがありました。沖縄では受粉を助ける虫がいないので人工授精だそうです。温室はカトレア館に続くのですが、横…
コメント:4

続きを読むread more

バンダ、シンビジュウム・ラッキーレインボウ、シンビジュウム、シンビジュウム・ファイヤービレッジ、アングレカム、パフ…

 熱帯ドリームセンター・バンダ温室の後半の花たちです。出口近くではシンビジュウムとパフィオペディラムが沢山展示されていました。   熱帯ドリームセンター・バンダ温室にて 撮影:2020.2.18   バンダ 学名:Vanda sp. ラン科 撮影:2020.2.18 温室の中なのに、中庭へ出たような感じ …
コメント:4

続きを読むread more

ビカクシダ、イリオモテラン、バンダ、レナンテラ ハイブリッド、アランダ、バンダ 'Suksamian Sunlit…

 熱帯ドリームセンター・バンダ温室の花たちです。バンダ温室真ん中辺りにイリオモテランの株が沢山ありました。イリオモテランは石垣島西表島固有種で絶滅危惧種の貴重な蘭です、残念ながらツボミで花は咲いていませんでした。沖縄国際欄展の受賞作品が通常の展示形式で並んでいました。聞いたことのない属名でしたが撮ってみました。   熱帯ドリームセ…
コメント:6

続きを読むread more