ビオスの丘入園口の花と風景、亜熱帯の森、カトレア、バンダ、デンドロビウム、オオバン、ヒカゲヘゴ

 東南植物楽園から車で30分ほど走って、うるま市石川嘉手納にあるビオスの丘を訪れました。嘉手納空軍基地の近くで、たまに飛行機の爆音が聞こえます。丘と湖が入り組んだ地形の亜熱帯樹林の中を歩きました。入り口で入場料を払って奥のドアを開けると空中廊下、上から亜熱帯の森を見下ろせます。エレーベータで下りてランで飾られた森の中を歩きました。横の沼には黒いオオバンがいます。嘴の上が白いのが特徴で、ここと天染池の住人、自由に飛ぶことも出来ます。

  沖縄・ビオスの丘にて 撮影:2020.2.19


  空中廊下の風景 撮影:2020.2.19
IMG_3367.JPG
入り口のドア

IMG_3368.JPG
廊下は花で飾られています

IMG_3369.JPG
IMG_3370.JPG
IMG_3371.JPG
IMG_3372.JPG
IMG_3373.JPG
IMG_3374.JPG
IMG_3375.JPG
IMG_3376.JPG
入り口方向を振り返る

IMG_3377.JPG
亜熱帯の森を見おろします、ヒカゲヘゴが葉を広げています

IMG_3378.JPG


  エレベータで下に降りた出口の風景 撮影:2020.2.19
IMG_3379.JPG
建物出口

IMG_3380.JPG
案内図



  カトレア 学名:Cattleya ラン科 撮影:2020.2.19
IMG_3381.JPG
IMG_3382.JPG


  バンダ 学名:Vanda sp. ラン科 撮影:2020.2.19
IMG_3383.JPG
IMG_3384.JPG


  デンドロビウム 学名:Dendrobium ラン科 撮影:2020.2.19
IMG_3385.JPG
耐寒性、耐暑性ある「日の出フラミンゴ」1株1200円~900円、売店にて

IMG_3386.JPG


  オオバン クイナ科 撮影:2020.2.19
IMG_3387.JPG
IMG_3388.JPG
部分的に水が干上がっています



  ヒカゲヘゴ 学名:Cyathea lepifera ヘゴ科 撮影:2020.2.19
IMG_3389.JPG
IMG_3390.JPG


  カトレア 学名:Cattleya ラン科 撮影:2020.2.19
IMG_3391.JPG
IMG_3392.JPG
IMG_3393.JPG
IMG_3394.JPG
IMG_3395.JPG
IMG_3396.JPG
前方に龍のトリアピーが見える殿内(集落の中心という意味)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年03月31日 12:05
入口を入って空中廊下の手前に花が沢山並べられていますね。ここの花を撮ったのは最初に1,2回で、後は見るだけになりました。
エレベーターを降りて殿内に向かう途中のランは必ず撮ります。前回だったか、ランの入れ替え作業をしているところでした。何度も交換されるから綺麗なのですね。
2020年03月31日 13:03
長さんコメント有難うございます。空中廊下の入り口にオンシジューム・シャリーベイビーが置いてあって良い香りがすると思ったのですが、今年はありませんでした。入れかえ作業にであったことありますか。
2020年03月31日 15:11
渡り廊下は花鉢でいっぱいですね。
ランの花が多いようですね(*^-゚)⌒☆
ヒカゲヘゴがエキゾチックな柄?みたいです。
カトレアが綺麗ですね
2020年03月31日 15:24
nobaraさんコメント有難うございます。ヒカゲヘゴの幹の模様は葉柄の落ちた跡が小判状に残るのです。ここの花の景色は額に入れて今でも部屋に飾っています。
shuuter
2020年03月31日 15:30
洋ラン画にぎやかに飾られていますね。

我が家での今 セッコクとデンドロの花が咲き 玄関先に飾っています。
2020年03月31日 16:46
shuuterさんコメント有難うございます。お宅に温室をお持ちでしたね。綺麗に咲いているのでしょう。
2020年03月31日 19:15
ランの花がきれいに咲いていましたね。特に、カトレアの写真がいいですね。
2020年04月01日 08:39
夢楽さんコメント有難うございます。戸外で見るカトレアは一段と綺麗ですね。沖縄は気温以外に台風に気おつけないといけませんから、温室で育てられているのでしょう。