ミゾソバ、アキノノゲシ、オオイヌタデ、メマツヨイグサ、アレチハナガサ

画像 河畔の水際に堆積した土地に生えていた草花です。ミゾソバが群生していました。今年は上高地でも東谷山フルーツパークでも花に出会え無かったのですが、身近の河畔に咲いていました。6月にはありませんでしたから、天候の加減で開花が遅れたのかも知れません。

 カナムグラが繁茂して沢山の花をつけている中で、一株だけアキノノゲシが花を咲かせていました。草丈2m程にもなる背の高い草ですので、カナムグラを見下ろしているようでした。棘は無く柔らかい葉なのですが深い切れ込みがあり、まるでアザミの葉のようです。

 ヤナギタデが花をつけていました。葉は下半分は枯れかけていました。花穂が紅白マダラに見えて他のタデと少し感じが違います。単にタデと言う場合は、ヤナギタデを指し、「蓼食う虫も好きずき」の蓼もヤナギタデです。名は、葉がヤナギに似ていることから。葉に特有の香りと辛味を持ち、香辛料として薬味や刺身のつまなどに用います。食用に用いるものは、柳タデ、紅タデ、青タデ、細葉タデなどがあります。
 カエル爺さんから教えて頂きまして、オオイヌタデに訂正しました。ご教授感謝!

 メマツヨイグサ、繁茂したカナムグラに、巻き付かれたり押し倒されたりしながら、メマツヨイグサが花を咲かせていました。護岸コンクリートの継ぎ目に生えることが多いのですが、日照りで枯れてしまったようです。

 アレチハナガサが咲いていました。アレチハナガサは南アメリカ原産の多年草で河畔などに生育します。草丈は1mを超え、直立して茎は四角で稜があり、花はスターチスに似ています。

 撮影:庄内川河畔にて 撮影:2012.10.3



 ミゾソバ 学名:Polygonum thunbergii タデ科 別名:ウシノヒタイ 庄内川河畔にて 撮影:2012.10.3
画像

画像



 アキノノゲシ 学名: Lactuca indica キク科 庄内川河畔にて 撮影:2012.10.3
画像

画像

画像

画像
周りは全てカナムグラ



オオイヌタデ 学名:Persicaria lapathifolium subsp. nodosum タデ科 庄内川河畔にて 撮影:2012.10.3
画像
食べられるタデ

画像

画像

画像

画像

画像
ヤナギタデとアメリカセンダングサのコラボ



 メマツヨイグサ 学名:Oenothera biennis アカバナ科 庄内川河畔にて 撮影:2012.10.3
画像
カナムグラに押し倒された

画像

画像



 アレチハナガサ(荒地花笠) 学名:Verbena brasiliensis クマツヅラ科 庄内川河畔にて 撮影:2012.10.3
画像

画像

画像

画像

画像



当画像はホームページ 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム 「河畔の花2」 として掲載予定いたしております。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2012年10月17日 08:32
タデ科の植物も花盛りですね。中には、食べられるタデ科もあるんですね。
アキノノゲシやメマツヨイグサも綺麗に咲いていますね。
2012年10月17日 09:55
長さんコメント有難うございます。タデ科のヤナギタデ(ホンタデ)、食べられるとは知りませんでした。刺身のツマについている赤いモヤシのようなものは、ホンタデの若芽だそうです。
2012年10月17日 16:28
ミゾソバは可愛い花ですね。大きな牛の額ですか。
ウシノヒタイの別名のアンバランスが面白いですね。
マツヨイグサが美しいですね。
2012年10月17日 17:52
naka-ziziさんコメント有難うございます。ミゾソバは名とは違うイメージで綺麗な花です。
私はホンタデに興味を持っています。来春にこの植物が出ていたら、タデ酢を作って試食してみたいと思ってます。
2012年10月17日 21:49
タデ類 追っかけてきましたが、まだヤナギタデにあえません。
葉を噛んで辛みのある蓼ですね。
蓼を見つけると葉を噛むのですが、あえません。
今年は駄目かもしれません。
2012年10月18日 06:35
ヤナギタデ、はじめて教えていただきました。もっとまばらな花付かと思っていました。
2012年10月18日 07:55
shuuterさんコメント有難うございます。食べられるホンタデをお探しですか、出会えるといいですね。葉の細いものだそうです。
2012年10月18日 07:57
目黒のおじいちゃんコメント有難うございます。意外に花が沢山ついていました。私も初めてなんですよ。
カエル爺さん
2012年10月20日 02:35
ご無沙汰しています。早速ですが、ヤナギタデでUPされているタデは、その花序の特徴や全体の姿からヤナギタデてはない様に思います。ヤナギタデの花序は、もっと細く花被片もまばらに付きますね。姿からしてオオイヌタデやサナエタデに近いと思いますが如何でしょうか。
2012年10月20日 07:04
カエル爺さんお久しぶりです。ヤナギタデは間違っていますか?難しいですね。ホンタデを見つけたと喜んでいたのですが、残念無念。早速味見などして調べて見ます。ご教授有難うございます。
カエル爺さん
2012年10月20日 10:56
久しぶりに出てきたかと思うと失礼なコメントばかりでお許し下さい。ヤナギタデを探されるのでしたら、今の時期ですと、山里の刈り取りの終った水田などに行かれると良いでしょう。あちこちでヒョロヒョロと生えています。私も、確認のため試食しますが、しばらくしてから感じる辛みは尋常ではありせんね。さて、今朝、お邪魔した時、コメントが弾かれて何回かトライしたのですが、結果、入ることが出来ませんでした。もしかして、何回も同じコメントが入っていなかったでしょうか?〈目黒のおじいちゃん〉のところで〈寿々木〉さんも書かれていた運営サイトのトラブルの様なのですが、しつこく何回も入っていたのなら改めてお詫びいたします。