ツルソバ、コバノランタナ、コバテイシ、ヒメコリウス

画像 ツルソバの花がアチコチで咲いていました。球状に咲く花をつけるヒメツルソバはお馴染みで、この時期でも花が咲いているのは普通ですが、タデ科の植物でミゾソバのような花が咲くとはちょっと意外で、最初はツルソバとは思いませんでした。

 ツルソバの花期は5月から11月と言うことになっていますが、暖かい地方では周年開花なのでしょう。和歌山県那智勝浦町の岬の先端、狼煙山頂上でも1月に葉や茎が赤く焼けた、よく似た花を見たのを思い出し、実の様子、葯が薄紫色であること、地上を這うことなどから、ツルソバだと気がつきました。

 コバノランタナは道沿いに植え込みになっているのですが、丁度刈り取られたところで花が殆ど咲いていませんでした。黄花ランタナ(L. camara var. hybrida)は名古屋でもよく見ますが、黄色いコバノランタナに出会えたのは幸運でした。

 ラン温室のある熱帯ドリームセンターへの道は両側にコバテイシの樹が植えられていて日陰を造っています。秋にはスモモを押し潰したような実が出来て、落ちたのを野鳥が囓っているのを見たことがあります。

 ヒメコリウス、プランターに植えられていて、花をつけていました。東山植物園で見たヒメコリウスより一回り小さいようです。花がとても小さいので旨く撮れていません。

 海洋博公園にて 撮影:2012.1.17



 ツルソバ 学名:Polygonum chinese var. thunbergianum タデ科 海洋博公園にて 撮影:2012.1.17
画像

画像



 コバノランタナ 学名:Lantana montevidensis クマツヅラ科 海洋博公園にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像



 コバテイシ 学名:Terminalia catappa シクンシ科 海洋博公園にて 撮影:2012.1.17
画像

画像

画像



 ヒメコリウス 学名:Coleus pumilus シソ科 海洋博公園にて撮影:2012.1.17
画像

画像

画像


当画像は 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム 「沖縄2012」として掲載予定いたしております。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年01月24日 09:19
ツルソバ 初めてです。
普通のソバとはすこし趣を異にしますね。
2012年01月24日 10:18
ツルソバの黒い実も見えていますね~~~
唐津で群生してるのを見ました。崖などに枝垂れていました。
日当たりが良ければ越年もするようです。
コバノランタナに黄色が??←初見です。ピンクと白しか~
2012年01月24日 10:36
光を浴びたコバテイシの並木が本土の季節と
決定的な違いを見せていますね。
2012年01月24日 11:14
shuuterさん、コメント有難うございます。ツルソバを見かけることは少ないです。ソバのような実をつけますが、食用ではないそうですよ。
2012年01月24日 11:20
nobaraさん、コメント有難うございます。沖縄では日当たりの悪いところにも生えていましたが、内地のツルソバは日当たりの良い場所に生えますね。冬に花をつけますので、気がつきます。
黄色いコバノランタナは、初めてです。七変化の仲間ですから、半呆けの私に化けて見せてくれたのかも・・・
2012年01月24日 11:23
naka-ziziさん、コメント有難うございます。結構たくさん落ち葉がありますので、冬だなと思いますが、亜熱帯性の気候なんです。