タイワンツバキ、ミントマリーゴールド、ライオンノミミ

画像 お花畑より、急な斜面を下って竹類展示場を過ぎると中国産植物展示場に至ります。ここでタイワンツバキが綺麗にさいていました。タイワンツバキは花弁にシワがあり、波打っていますので少し感じが違います。右に曲がるとハーブガーデンですが、曲がり角にミントマリゴールドが数株花をつけていました。

 ミント・マリーゴールド、名の如くミントの香りがするのかと花を嗅いだり、葉を揉んだりしてみましたが、香りませんでした。花や葉をサラダなど食用にしたり、ポプリ、ドライ・フラワーなどにするそうです。

 ライオンノミミ、シソ科の植物で南アフリカ原産で下部が木化する低木状の多年草、花期が11~12月上旬と短いのですがまだ花が咲いていました。開花中の花にはライオンノミミという名札が立っていましたが、英名のlion's earの直訳だろうと思います。和名をカエンキセワタ(火炎被綿)といいます。英名も和名もビロードのようにふわふわした花冠の様子をあらわしています。属名の Leonotis はギリシャ語の leon(ライオン)とous(耳) に由来するそうです。シソ科の植物でサルビアの仲間に似ています。

 朝9時の開門と同時に入園し、2時間程散歩して、11時5分に園を出ました。さすがに12月の暮れ近くともなりますと、咲く花も少なく、訪れる人もめっきり少なかったです。
 
 名古屋市立東山植物園にて 撮影:2011.12.18
 


 タイワンツバキ 学名:Goldonia axillaris ツバキ科 名古屋市立東山植物園にて 撮影:2011.12.18
画像

画像

画像

画像



 ミント・マリーゴールド 学名:Tagetes lucida キク科 名古屋市立東山植物園にて 撮影:2011.12.18
画像

画像

画像



 ライオンの耳 学名:Leonotis leonurus シソ科 名古屋市立東山植物園にて 撮影:2011.12.18
画像

画像

画像

画像

画像



 風景 名古屋市立東山植物園にて 撮影:2011.12.18
画像
薬草園から植物園正門方向、左に園内を走るモノレール駅

画像
スイレン池脇の花壇

画像
カートに乗って園内を案内して貰える


当画像はホームページ 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム「東山植物園2011No2」として掲載予定いたしております。なお、当ホームページ並びにブログには悪意あるcookieなどを送りつける可能性があるアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス