ポインセチア、ソシンロウバイ

画像 本日は12月24日、クリスマスイブです。天候は晴れ、風弱く空はちぎれ雲でいっぱいです。朝7時の外気温は0℃、この冬一番の冷え込みです。

 6年ほど滞在した北海道では、クリスマスに降った雪は溶けずに根雪となり、クリスマスイブに雪が降ると、物音一つしない雪原の中からサンタクロースの鈴音が聞こえてくるのではないかと想像したものです。

 東谷山フルーツパークの熱帯果樹温室の入口には手作りと思われるクリスマス・リースが飾られていました。このリースにもポインセチアが使われていて、クリスマスには何故ポインセチアが飾られるのか、想像を逞しくしてみました。

 新約聖書では、東方の三賢者が「ベツレヘムの星」と呼ばれる天空の星に導かれて、馬小屋の飼い葉桶に寝かされた生まれたばかりのイエス・キリストの元を訪れると記され、メキシコに住む信者達は、花の形が「ベツレヘムの星」と似ているところから、クリスマスになるとポインセチアを飾るのだそうです。

 ポインセチアはメキシコ原産の常緑低木で、葉は薄く花弁はなく、花の下につく苞葉が赤く染まるので、キリストの血の色に例えられます。アメリカ合衆国の初代メキシコ公使であったJ.R.ポインセットが初めてこの花を欧米に紹介したので、ポインセチアと呼ばれるようになり、クリスマスフラワーの別名があります。

 映画十戒では、奴隷だったユダヤの民がモーゼに導かれてエジプト脱出に際して、いけにえの血が鴨居に塗ってあった家は、神の裁きが「過ぎ越し」て無事でした。これは聖書の出エジプト記12章に書かれているそうです。

 ヨーロッパではクリスマスにキリストの血の色、すなわち赤を飾る風習があり、クリスマス時期に赤くなる苞葉をベツレヘムの星に、花の中にある黄色い蜜腺を、キリストの誕生を知らせる天国からの喜びの鈴に見立てて、クリスマスに用いられるようになったのではないでしょうか。

 日本には明治時代に渡来し、和名はショウジョウ木。近年園芸品種が多様化して、赤色に加えて、乳白色、淡い黄緑、ピンク、斑入りなどのバリエーションがあります。なお、ポインセチアには全草にフォルボールという有毒成分が含まれ、皮膚炎・水疱などを引き起こします。東谷山フルーツパーク熱帯果樹温室にて 撮影 2011.12.21

 当方庭に、ソシンロウバイが開花しました。この木は例年クリスマスになると数輪開花して、近隣のソシンロウバイより早く咲きます。我が家にとってはクリスマスを告げる花です。良い香りのする花で、1月中旬満開の頃は辺り一面に芳香が漂い、メジロなど野鳥が集まり蜜を吸いますが、悪戯ヒヨドリがきて、花を千切っては落とすのは困りものです。 庭にて 撮影:2011.12.22



 クリスマス・リース 東谷山フルーツパーク熱帯果樹温室にて 撮影 2011.12.21
画像



 ポインセチア 学名:Euphorbia pulcherrima トウダイグサ科 和名:猩々木 撮影:東谷山フルーツパーク熱帯果樹温室にて 2011.12.21
画像

画像

画像

画像



 ソシンロウバイ 学名:Chimonanthus praecox f. concolor ロウバイ科 庭にて 撮影:2011.12.22
画像

画像

画像

画像


当画像は 波止の釣り の「花の小部屋」にアルバム 「東谷山2011-12」 として掲載いたしております。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年12月24日 09:40
東谷山フルーツパークでもポインセチアの展示が華やかですね。
もうソシンロウバイが咲きましたか。早く咲く木にはまだ葉が残っているようですね。
2011年12月24日 11:47
長さん、コメント有難うございます。ポインセチアはクリスマス近くになると現れます。当方のソシンロウバイはご近所より少し早いようです。葉はこれでも殆ど落ちたのです。
2011年12月24日 13:24
ポインセチアの謂われを興味深く読みました。
ショウジョウソウを木にした感じですよね。
ソシンロウバイは馥郁という言葉がぴったり。
東京のマイパークの一角も早くて
そのあたり一帯を佳い香りで包んでいました。
今の時期だと枯れ葉、旧の実殻、など同居してますね。
2011年12月24日 15:33
nobaraさん、コメント有難うございます。ポインセチアはクリスマスになるとよく出てくる花で、いわれも面白いです。
当地公園のソシンロウバイの仮果がまだ残っている木が多いのですが、当方の木には
全く無いのです。剪定時に庭師さんが取り去ったのかも知れません。
2011年12月24日 17:25
私も先日 ちらりと近所の庭先にロウバイが咲いているのを見かけましたです。
例年 年明けてから咲くように思いますが、早いですね。
蝋梅の黄色の花は 春を呼ぶ花と心得ているのですが。
2011年12月24日 18:01
shuuterさん、コメント有難うございます。御地でも咲き始めたソシンロウバイがありましたか、年明けてから咲くのが普通のようです。良い香りがしますのと、野鳥を呼びますので、窓越しに鳥の姿を楽しめます。

この記事へのトラックバック