浜名湖釣日記2011年6月09日

画像  釣果:アイナメ30cm1匹、フグ2匹リリース

 久しぶりに出かけて見ました。潮の具合で夜釣りは無理と思い早朝家を出ました。高速道路はスムーズでしたが、三ヶ日ICを出てから渋滞で、三ヶ日から海釣り公園まで60分かかってしまいました。8時28分新居海釣り公園に着きました。気温24℃、風弱く薄日がさしていました。エサ屋のお姉さんに様子を聞きましたらボチボチだと言っていましたから、ボチボチは釣れないと言うことでしょう。T字堤ではルアーを投げている人が多いようでした。

 新居堤ケーソン上では釣り人4人、メジナ釣りをしていました。潮は上げ始めたところで、水色は濁り気味、水温21℃でした。昼間はエサ取りがいてクロダイは無理だろうと思い、潮目を狙って投げ込んで、キビレでも来ないかと期待しましたが、エサが無くなりません。ヒジキに似た海草がラインに掛かって、引き上げるのが大変でした。潮が緩んだところでアイナメが1匹釣れましたが、後は全く気配無しでした。潮が下げ始めましたので納竿しました。

 両隣でコマセを撒いて小メジナを釣っていましたが、水面にメジナの姿は見えません。地元の常連さんに聞いたところ、湖内でマダカが出るそうで、今切口は駄目だ、魚がいないと言って見えました。ケーソン上に絞め跡は無く、サッカケの連中もいません。帰路聞いたところでは、表浜でキスを狙ったが1匹だけで、フグばかりだったそうです。

 表浜には、ハマヒルガオなど、花が咲き始めていましたが、今年はハマダイコンが消えてしまいました。ポケットに入るコンデジで撮りましたので、ピントが甘いものが多いです。

 帰りに顔見知りのウナギ屋さんに立ち寄りました。地震のせいでしょうか、今年はウナギの稚魚が捕れなくて養鰻業者は困っているそうです。浜名湖の魚自体も魚影が薄いように思います。




 駐車場 新居海釣り公園 撮影 2011.6.09
画像



 5番T字堤 撮影 新居海釣り公園 撮影 2011.6.09
画像



 新居堤 午前 8:47 撮影 2011.6.09
画像



 コウボウムギ 学名:Carex kobomugi カヤツリグサ科 別名:フデクサ 撮影 2011.6.09
画像

画像



 ハマニガナ 学名:Ixeris repensキク科 別名:ハマイチョウ 撮影 2011.6.09
画像



 ハマヒルガオ 学名:Calystegia soldanella ヒルガオ科 撮影 2011.6.09
画像

画像



 ハマボウフウ 学名:Glehnia littoralis セリ科 撮影 2011.6.09
画像

画像



 メマツヨイグサ 学名:Oenothera biennis アカバナ科 撮影 2011.6.09
画像



 ハマエンドウ 学名:Lathyrus japonicus マメ科 撮影 2011.6.09
画像

画像



 新居堤 午前 9:48 撮影 2011.6.09
画像



 今切れ水道の漁船 撮影 2011.6.09
画像



 釣り人 撮影 2011.6.09
画像



 タコ足附近 撮影 2011.6.09
画像



 対岸の舞阪には釣り人10名ほど 撮影 2011.6.09
画像


潮時、タックルなど詳細はホームページ 波止の釣り に書いております。なお、当サイトにはアフィリエイトや広告宣伝などは一切置いておりません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2011年06月10日 10:03
今回の釣果は残念でしたね。
コウボウムギって面白いですね。カヤツリグサ科なのに、麦の穂にそっくりです。
2011年06月10日 10:33
案じていましたがやはりでしたね。坊主はいやですけど地震と津波の影響は想像をこえて甚大であることがわかりました。サカナも近寄らないとは困ったもの。静岡の新茶は先般知事が販売を自粛しないと強気でしたけど生産者の検査でも規制値を越えていることが発覚したね。
今朝は一転して国に損藍賠償すると記者会見で話していました。生産者の方しか向いていない行政TOPはどうなんでしょう?
2011年06月10日 12:43
長さんコメント有難うございます。太平洋遠州灘に面した数キロに広がる砂浜で、植物は飛び砂に埋もれています。赤海亀の産卵場所でもあり、この砂浜でサンドバギーを走らせる不心得者がいて、車乗り入れ禁止の札が立っています。
2011年06月10日 12:50
目黒のおじいちゃん、コメント有難うございます。やはり魚は少ないようです。静岡は福島からちょっと離れていますから、変だなと思いますが、ちょっとした情報を確認もしないで右往左往するのはみっともないですね。まず観測態勢を整備することが第一でしょう。国と言っても、結局は国民負担と言うことですから、焼け太りには厳しい目が必要ですね。
2011年06月10日 17:19
先般NHKテレビで特集があり放射線計測器を搭載した車両でその道に詳しい専門家が福島県と首都圏の路線の実地調査を敢行したドキュメントを二回見ました。
今回たまたま神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬の茶葉の測定で規制値をオーバーしたので静岡を含めて荒茶の出荷を自粛するよう国が通達を出したのですが静岡の知事のみが調査を拒否しましたね。今回工場が自主調査をしたところ規制値を上回るセシウムを検出し行政が慌てて緊急追跡調査を実施し確認したです。あの知事は今日も飲用しても健康に被害はないと断定的に安全宣言し一方では国家に損害賠償すると記者会見しています。ほかの自治体の首長に見られないスタンスですね。このようなことでは知らぬが仏で通す生産者が続出し結果として消費者が被害をうけ国際的な信用も失墜するのではと危惧します。安全判定の目安自体がいい加減な線引きであり、わたしたち高齢者はいいとしても未来を生きる世代のためにははやはり安全に安全を重ねる慎重さが欲しいですね。魚だって循環で
蓄積されますから単に希薄するから問題ないとは言い切れないと思います。これ
ま、リニア新幹線完成のときはこの世にいない老人が自分の先のことを心配している訳ではありませんけどね。東関東ではコウナゴ漁が全面中止のなかでサクラ海老が静岡で飛ぶように熟れている現実はsいあて、かがなものでしょう?
2011年06月10日 18:26
目黒のおじいちゃん。お茶の木には足がありませんが、魚は動きますから、いずれ近海魚全体に放射性物質が濃縮されることは予測されますね。かといって貴重なタンパク源ですし、安全性についての中立的な研究、公表を直ちに行うことが大事です。兎に角、企業や政治家、利害省庁に操られる御用学者をテレビ界から一掃し、震災を食い物にするワイドショーを封じ込めることも必要だと思います。
2011年06月10日 20:57
こんばんは。
9日の午後1時くらいからT字堤をぶらぶらしてみました。
初めて見に行ったんですけど浅いんですね。
落とし込みには、向いてないみたいですね~。
タコを何匹かあげてる人を見かけました、今度挑戦してみようと
思ってます。
アイナメいいですね。(^_^)v
2011年06月11日 06:58
へっぽこ黒鯛師 さん、コメント有難うございます。T字堤は久しく竿を出してませんので様子が判りませんが、駐車場側は浅いですね。反対側は流がきつくて釣りにならない(^o^;;
蛸はカニを熊手のような金具に縛り付けて引っかけるのですが、豚の脂身も使うようですね。