波止の釣り

アクセスカウンタ

zoom RSS コウトウヒスイラン、ホワイトキャンドル、テイキンザクラ、ヘリコニア、ハエジゴク、チュラビ

<<   作成日時 : 2018/04/05 08:47   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 8

 ビクトリア温室の出口近くで見た草木の花や風景です。沖縄固有種のコウトウヒスイランがたくさん花をつけて、ホワイトキャンドルと称する白い筒状のツボミをつけるに木にもたくさん花がついていました、以前トックリキワタの庭でホシソケイと道を挟んで咲いていた記憶があるのですが、今はありません。出口にあるヘリコニアの大木にたくさん花穂がついてとてもきれいでした。階段を降りてトックリキワタの庭に出て、沖縄で新しく開発された花の小さなハイビスカス「チュラビ」の鉢が並んで咲いていました。花弁が小さくキョウチクトウ科の花のように重なりが目立ちます。ロータスポンドの池の畔には鉢植えのハイビスカスで飾られてとてもきれいでした。

 沖縄海洋博公園・熱帯ドリームセンター・ビクトリア温室にて 撮影:2018.2.20



  コウトウヒスイラン 学名:Vanda lamellata ラン科 撮影:2018.2.20
画像
別名:尖閣蘭、沖縄固有種です

画像

画像

画像



  ホワイトキャンドル 学名:Whitfieldia elongata キツネノマゴ科 撮影:2018.2.20
画像

画像

画像

画像



  テイキンザクラ 学名:Jatropha integerrima トウダイグサ科 ビクトリア温室にて 撮影:2018.2.20
画像
石垣島のホテルの庭には露地植えの低木でした

画像

画像

画像



  ヘリコニア・ロストラータ(頷きヘリコニア) 学名:Heliconia Rostrata バショウ科 撮影:2018.2.20
画像
今年は花数が多いです

画像



  ハエジゴク 学名:Dionaea muscipula cv. モウセンゴケ科 撮影:2018.2.20
画像
左:園芸品種「鮫の歯」('Shark's teeth')、右:園芸品種「赤と緑」('Red Green')

画像
ハエジゴク 学名:Dionaea muscipula 'Shark's teeth' モウセンゴケ科

画像
ハエジゴク 学名:Dionaea muscipula 'Red Green' モウセンゴケ科



  階段を下りてトックリキワタの庭になります 撮影:2018.2.20
画像
ハイビスカスに似た小さな花の新種チュラビの鉢植えがある場所



  チュラビ トックリキワタの庭にて 撮影:2018.2.20
画像
学名はついていないようです

画像

画像

画像

画像

画像

画像



  熱帯スイレン 学名:Nymphaea lotus スイレン科 ロータスポンドにて 撮影:2018.2.20
画像

画像

画像

画像



  ハイビスカス 学名:Hibiscus cv. アオイ科 撮影:2018.2.20
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
数ある花のなかで鮫の歯や蠅地獄は名を聞いただけで怖くなりますね。
触れたら噛まれますか。
今日は一転涼しくなりました。
目黒のおじいちゃん
2018/04/05 09:59
ここのコウトウヒスイラン、昨年も綺麗に咲いていました。
昨年とわずか2週間ほどの差ですが、花の数も種類も増えているように感じます。やはり沖縄は暖かいのですね。
チュラビを調べてみたら、2009年頃、沖縄生まれの新種として、特許庁に新種登録申請したようです。もしかすると学名が着いたかもね。
長さん
2018/04/05 11:48
目黒のおじいちゃんコメントありがとうございます。ハエジゴクは噛みつきそうな格好ですね。手を触れるのは躊躇われます。
寿々木
2018/04/05 12:06
長さんコメントありがとうございます。花数が変わりますか、私がこの時期を選ぶのは東南植物楽園のヒスイカズラが開花し始めるからです。国際らん展も見たいのですが・・
 チュラビ、私も調べました、学名登録は国際的なもので死語のラテン語で書く決まりになっています。探したのですが見つかりませんでした。
寿々木
2018/04/05 12:13
コウトウヒスイランですか?
沖縄にはコウトウと名の付くのが多い気がします。
ハエジゴク、モウセンゴケの仲間ですね。
おどろおどろしい?
チュラビ 、かわいい子ですね。
ハイビスカスは南国のお花ですね☆彡
nobara
2018/04/05 19:05
ハエジコク 蠅を捕まえているところみたいです。
shuuter
2018/04/05 20:16
nobarasaさんコメントありがとうございます。チュラビを漢字で書けば「美ら美」でしょう。沖縄のハイビスカスが海外から来たものだと知って作者が発憤して作ったのだそうです。沖縄にも古くから存在し現在も野山や道脇で見られ、現地の人がブッソウゲと呼んでいる赤い小さな花が親ではないかと推測します。ハイビスカスを沖縄ではブッソウゲというといわれますが、最近のことでしょう。
寿々木
2018/04/05 20:24
shuuterさんコメントありがとうございます。蓋が閉じているということは中に虫がいる証拠でしょう。溶けてしまったらまたふたを開けるんだろうと思います。
寿々木
2018/04/05 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
コウトウヒスイラン、ホワイトキャンドル、テイキンザクラ、ヘリコニア、ハエジゴク、チュラビ 波止の釣り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる