波止の釣り

アクセスカウンタ

zoom RSS 花梅、花桃、 太郎冠者、サンシュユ、ヒュウガミズキ、トサミズキ、ハナニラ、シキミなど

<<   作成日時 : 2018/03/30 08:46   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 7

 中央広場に梅園では見なかった花梅がありました。売店前には紅と白の花桃が植えられてツボミが膨らんでました。渓流に花咲く四季の花園ではサンシュユが満開で、ヒュウガミズキとトサミズキが花をつけていました。花穂に着く小花の数と葯の色が違いますので見分けは容易です。草丈10pほどのミニスイセンが群生していました。

 名古屋市立東谷山フルーツパークにて 撮影:2018.3.17



  花梅 一重緑萼 学名:Prunus mume 'Hitoeryokugaku' キョウチクトウ科 中央広場にて 撮影:2018.3.17
画像

画像

画像

画像



  花梅 紅牡丹 学名:Prunus mume 'Benibotan' バラ科 中央広場にて 撮影:2018.3.17
画像

画像

画像



  売店前の花梅と花桃 撮影:2018.3.17
画像
花梅、名はわかりません

画像

画像
花桃2種、まだツボミです

画像

画像



  ハクモクレン 学名:Magnolia heptapeta(=Magnolia denudata) モクレン科 四季の花園にて バラ科 撮影:2018.3.17
画像

画像



  椿 太郎冠者 学名:Camellia 'Taroukajya' ツバキ科 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像
明藤桃、一重、ラッパ咲、中輪、早春咲、ワビスケ系、別名有楽、江戸以前古種、1739本草花蒔絵記載(関西)

画像

画像

画像



  サンシュユ 学名:Cornus officinalis ミズキ科 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像
満開でした



  ヒュウガミズキ 学名:Corylopsis pauciflora マンサク科 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像
花穂につく小花の数が少なく、葯の色が黄色

画像

画像



  トサミズキ 学名:Corylopsis spicata マンサク科 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像
花穂に着く小花の数が多いので花穂が垂れ下がり、葯の色が橙色

画像

画像



  ハナニラ 学名:Ipheion uniflorum ユリ科 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像
別名:トリテリア

画像



  シキミ 学名:Illicium anisatum シキミ科 別名:ハナノキ 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像
実は猛毒ですが、花はよい香りがします

画像

画像



  ミニスイセン・ティタティタ Narcissus cyclamineus cv. Tete a tete ヒガンバナ科 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像
草丈10pほどで小さいです

画像



  ムスカリ 学名:Muscari armeniacum ユリ科 別名:ルリムスカリ 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像



  ジンチョウゲ 学名:Daphne odora ジンチョウゲ科 四季の花園にて 撮影:2018.3.17
画像
満開でした

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
紅白の梅が青空に映えてきれいですね。
花桃はまだ咲き始めでしたか。昨日の散歩で見事な照手桃を見ました。
シキミは今頃でしたか。しばらく見ていません。
満開のジンチョウゲ、香りが伝わってくるようです。
長さん
2018/03/30 12:21
長さんコメントありがとうございます。花桃も咲く時期ですね、春の嵐というのでしょうか強風が吹いてスギ花粉が一気に飛び出し(今年は1か月遅いです)花粉症の私は自宅に隠忍蟄居しています。
寿々木
2018/03/30 13:12
梅から桜、桃に替わっていってますね。
もう〜何が何だか状態です。
今日の強風でいっきに桜吹雪になるようです。
こちらのシキミはお花が見られません。
鬱蒼とした林の中だからかしら?
ジンチョウゲも薫り高いですよね〜🎶
太郎冠者の花付きのいいこと。賑やかですね〜
nobara
2018/03/30 18:29
ヒュウガミズキですが?
ダンコウバイのような気がします。
花の様子と枝ぶりや木の大きさ????
nobara
2018/03/30 18:42
ヒュウガミズキはトサミズキより花が小さいのですね。
しばらくヒュウガミズキをみていません。
shuuter
2018/03/30 21:21
nobaraさんコメントありがとうございます。気温の変化も激しいですが、草木の花も移り変わりが激しいですね。確かに木が大きいからヒュウガミズキでないかもしれませんが、名札に従いました。葉が出ればわかりますね。ダンコウバイの葉は三裂しますから。
寿々木
2018/03/31 08:38
shuuterさんコメントありがとうございます。ヒュウガミズキと土佐水木の花は大きさが違いますか、気が付きませんでした。当地東山植物園にヒュウガミズキはたくさんあって、ビオトープ手前の道沿いに多数生え、桜の回廊入口には刈り込まれて垣根状になっています。
寿々木
2018/03/31 08:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
花梅、花桃、 太郎冠者、サンシュユ、ヒュウガミズキ、トサミズキ、ハナニラ、シキミなど 波止の釣り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる