波止の釣り

アクセスカウンタ

zoom RSS フロックス、日々草、三角カタバミ、サルビア、宿根ロベリア、キバナコスモス、アゲラタムなど

<<   作成日時 : 2017/09/01 08:31   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 9

 ブルーベリー園わきにあるボランティアが管理する花壇に咲いている花です。フロックスの白花が背高く伸びて沢山咲いていました。ツボミが沢山見えますからこれからでしょう。赤花の株もあってあったのですが、残念な事に倒れたのが花をつけているだけでした。流通名メドーセージと呼ばれるサルビア・ガラニチカとまばらに紅花をつけるサルビア・コッキネアも咲いていました。

 名古屋市立東谷山フルーツパークにて 撮影:2017.8.20



  オイランソウ 学名:Phlox paniculata ハナシノブ科 ボランティアが管理する花壇にて 撮影:2017.8.20
画像
別名:クサキョウチクトウ、流通名:フロックス

画像



  ニチニチソウ日々草 学名:Vinca rosea(=Catharanthus roseus) キョウチクトウ科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像



  サンカクカタバミ 学名:Oxaris trianguralis カタバミ科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像



  サルビア・コッキネア 学名:Salvia coccinea シソ科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像
別名:ベニバナサルビア、花がまばらにつきます

画像



  バラ 学名:Rosa(バラ科バラ属に含まれる植物の総称)花壇にて 撮影:2017.8.20
画像



  宿根ロベリア'スターシップ スカーレット' 学名:Lobelia speciosa cv. キキョウ科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像
茎や上部の葉が紫褐色、ベニバナサワギキョウに似る

画像



  モミジアオイ 学名:Hibiscus coccineus アオイ科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像



  サルビア・ガラニチカ 学名:Salvia guaranitica シソ科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像
流通名:メドーセージ



  キバナコスモス 学名:Cosmos sulphureus キク科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像



  オミナエシ女郎花 学名:Patrinia scabiosaefolia オミナエシ科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像
咲き始めです



  アゲラタム 学名:Ageratum houstonianum キク科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像
別名:オオカッコウアザミ



  宿根バーベナ 学名:Verbena X hybrida クマツズラ科 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像



  キキョウ 学名:Platycodon grandiflorum キキョウ科 別名:オカトトキ 花壇にて 撮影:2017.8.20
画像



  ホームページ 波止の釣り の「花の小部屋」には2万ほどの画像があり、過去の東谷山フルーツパークの花や風景もアルバムとして掲載いたしております。ご興味がありましたら合わせてご覧下さい。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
9月になりましたね〜
どことなく秋の雰囲気もでていますね。
高原は秋が始まっていました。
我が家のガラニチカは大株になり道路にはみ出しています。
頭をかなりカットしています。
インカノカタバミも強いですよ!
お花の色が薄め?ですよね。
nobara
2017/09/01 09:21
キキョウ、ポンと音を発てて開花したような表情がいい。
目黒のおじいちゃん
2017/09/01 10:50
nobaraさんコメント有難うございます。朝夕の風は少し涼しく感じるようになりましたが、まだまだ暑いです。高原へお出かけでしたか良かったですね。
お宅にガラニチカがありますか、大きくなりますから大変ですね。三角カタバミの花は直射日光下で色が薄く写りました。
寿々木
2017/09/01 11:10
目黒のおじいちゃんコメント有難うございます。ここのキキョウは6月から咲き出しますのでお終い花です。
寿々木
2017/09/01 11:11
フロックスの正式和名はクサキョウチクトウなんですが、別名のオイランソウの方が有名ですね。花魁は差別用語に当たるとして、使わないように使用と言われていますが、馴染みがある名前なので難しいですよね。
オキザリス・トリアングラリスは我が家にもあります。極めて丈夫な草ですね。ほったらかしで水もやりませんが、雨が降れが葉が出て花が咲きます。
長さん
2017/09/01 11:34
長さんコメント有難うございます。フロックスの和名はクサキョウチクソウですね。文字数の少ない方が使いやすいです。特に字数制限のある場所では・・
 三角カタバミお持ちでしたね、この時期は花が少ないようですが如何でしょう。
寿々木
2017/09/01 13:02
女郎花 見るのは花壇の花ばかりです。

京都の植物園の 副園長さん 女郎花やキキョウの自生のも全国的に減少していると話しておられました。外来種が増え在来種が消えてゆきます。
shuuter
2017/09/01 21:28
shuuterさんコメント有難うございます。私もオミナエシは花壇で見るだけです。外来種に圧倒されると、保護をする気持ちは理解出来ます。
 でも1万年規模の長い視点から見ると植物変遷の流れに竿さしているのかも知れません。現世界に恐竜が存在するのを願うようなものかも知れないと妄想したりします。
寿々木
2017/09/02 08:25
サネカズラの雌花+雄花、お見事です。
いっぱい着いているのですね。
お写真もすごくきれいです。
お写真のあちこちにニラの花を見かけました。
いっぱい咲いてるようですね(*^-゚)⌒☆
お向かいの花壇にもいっぱい咲いていて『あら?ニラの花』と言ったら、どうもほかのお花のつもりだったようで????なさってました。
nobara
2017/09/02 18:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
フロックス、日々草、三角カタバミ、サルビア、宿根ロベリア、キバナコスモス、アゲラタムなど 波止の釣り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる