アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事 zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
ソメイヨシノ、桃、アーモンド、ネモフィラ、チューリップ、ホトケノザ、梨
ソメイヨシノ、桃、アーモンド、ネモフィラ、チューリップ、ホトケノザ、梨  四季の花園を出て右折するとソメイヨシノの大木が2本あり満開でした。ソメイヨシノとヤエベニシダレが同時に満開になることはあまりないのですが、今年は白と紅のデュエットはとてもきれいでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 08:05
八重紅枝垂、シキミ、ソメイヨシノ、ムスカリ、四季桜、雲南黄梅、梨、雪柳
八重紅枝垂、シキミ、ソメイヨシノ、ムスカリ、四季桜、雲南黄梅、梨、雪柳  渓流沿いに四季の花園の小道を歩きますとアチコチにヤエベニシダレが綺麗に咲いているので立ち止まってはシャッターを切りました。池の水面にはハナイカダという程桜の花びらは浮かんでいませんで、一番満開の好時期に訪れたと実感しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/25 08:51
庭梅、ユスラ梅、源平桃、八重紅枝垂、豆梨、大アマナ、雪柳、シャガ、花韮、トサミズキ
庭梅、ユスラ梅、源平桃、八重紅枝垂、豆梨、大アマナ、雪柳、シャガ、花韮、トサミズキ  熱帯果樹温室広場の北門近くには生垣状に植えられたニワウメが咲いていました。両側にユスラウメが咲く坂道を降りて売店前に行くと焼き芋屋さんがいて長蛇の行列でした。その近くに源平桃が満開でした。直進して四季の花園入口右手に、白い花が満開の中木がありました。花の大きさは桜の半分、梨の花に似ていますが大きさは4分の1ほどで小さいです。名札を探したら小さなタグにマメナシと書いてありました。マメナシは別名:イヌナシといいシデコブシ、シラタマホシクサと共に周伊勢湾要素植物だそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/24 08:49
ソメイヨシノ、八重紅枝垂、八重寒緋桜、鬱金桜、柊南天、アケビ、ムベ
ソメイヨシノ、八重紅枝垂、八重寒緋桜、鬱金桜、柊南天、アケビ、ムベ  リンゴ園に沿って中心部へ歩くと南門と北門を結ぶメイン道路と交差します。左手に本館の庭に植えられたソメイヨシノがヤエベニシダレに囲まれて白く見えてます。道を直進しますと八重紅枝垂の並木道で、残り花をつけた八重寒緋桜と咲き始めた鬱金桜がありました。温室広場ではテントを張られた屋台が沢山出ていて、隅のアケビの棚では花が咲き始めていましたが、ムベはまだツボミでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/23 08:49
シバザクラ、サクラソウ、ユキヤナギ、ヤエベニシダレ、紅花トキワマンサク、ヒメツル日々草
シバザクラ、サクラソウ、ユキヤナギ、ヤエベニシダレ、紅花トキワマンサク、ヒメツル日々草  ロックガーデンから降りた所にある花壇の青色の芝桜オーキントンブルーアイは花数が増え、紅色の筋があるキャンディーストライプも咲いていました。ロックガーデン下部に日本サクラソウが咲いていました。西洋サクラソウに較べて花穂が長く楚々とした感じが好ましいです。ロックガーデンを通り過ぎて、日本庭園広場を覗いて見ますとベニバナトキワマンサクが満開で木が赤く見え、その根元周りにヒメツルニチニチソウが咲いていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/22 08:45
ノジスミレ、アセビ、クレマチス・アーマンディー、シャガ、ヤマザクラシダレ
ノジスミレ、アセビ、クレマチス・アーマンディー、シャガ、ヤマザクラシダレ  芝生広場の南端、ロックガーデンの草地でノジズミレが咲いていました、スミレに似ていますが葉の下部が巻き気味なのと葉柄のヒレが小さいです。ロックガーデンから降りる石段の脇にクレマチス・アーマンディーが満開でした。この花は素晴らしい芳香を持ち辺り一面に香りが漂っていました。ヤマザクラシダレも満開でヤエベニシダレとのデュエットが美しいかったです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/21 08:24
イトザクラ、八重紅枝垂、大島桜、ミツバツツジ、シデコブシ、ハナズオウ
イトザクラ、八重紅枝垂、大島桜、ミツバツツジ、シデコブシ、ハナズオウ  芝生広場の中央近くにやや白っぽいシダレザクラの大木がありました。近寄って見ると一重咲きの桜でイトザクラの仲間でしょう。芝生広場は昨夜の雨で濡れているのですが、木の下でくつろいだりお弁当を広げる人達がいました。日本庭園にゆけばベンチがあるのですが・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/20 08:49
八重紅枝垂、コブシ、山紅葉、ジンチョウゲ、大王グミ、スミレ
八重紅枝垂、コブシ、山紅葉、ジンチョウゲ、大王グミ、スミレ  日本庭園の裏小道を芝生広場に向かって歩きました。途中コブシの花が咲いていました。日本庭園に数本ヤマモミジがあるのですが葉芽が出始めて花が咲いていました。嬉しいことに枝が垂れていて花を接写できました。大王グミが咲いていました、離れた位置で立ち入り出来ませんでしたので望遠機能で撮りました。芝生広場では八重ベニシダレが満開で大勢のカメラを持った人達がいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/19 08:04
オオアマナ ユキヤナギ、カキドオシ、ナズナ、ボケ、キュウリグサ、カラスノエンドウ
オオアマナ ユキヤナギ、カキドオシ、ナズナ、ボケ、キュウリグサ、カラスノエンドウ  湿地園わきに生きた化石と言われるメタセコイアの大木が10本生えています。この木の根元に、キリスト生誕時に東方の三賢人を導いたというベツレヘムの星の名を戴くオオアマナがたくさん咲いていました。メタセコイア林の下ではユキヤナギが花を咲かせ始めていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/18 08:34
糸桜、八重紅枝垂、鴉ノエンドウ、姫踊子草、大犬ノフグリ、西洋タンポポ、シナレンギョウ
糸桜、八重紅枝垂、鴉ノエンドウ、姫踊子草、大犬ノフグリ、西洋タンポポ、シナレンギョウ  当地では暴風のような雨風が数日続いたので桜が散ってしまったかと心配していました。3月13日は風弱く晴天でしたので桜祭最終日でしたが東谷山フルーツパークへ出かけました。嬉しいことに桜の開花が遅れたお陰で満開見頃でまだほとんど散っておらず花に混じってツボミも散見される木もあり一番きれいな姿を撮ることが出来ました。当園には枝垂桜が約1000本あると言われてますが、殆どがヤエベニシダレです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/17 08:03
庭の草木の花
庭の草木の花  昨年12月末に庭師さんにお願いして伸びた庭木を切り詰めて貰い、陽当たりが良くなったので、猫の額の庭ですが抜いても抜いても蔓草がはびこり、雑草が茂ってます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/16 08:17
首里城の五門、展望台、シロノセンダングサ
首里城の五門、展望台、シロノセンダングサ  首里城正殿のある「御庭」に行くには一番目の門「歓会門」を始めとして瑞泉門、漏刻門、広福門、奉神門を通らねばなりません。歓会門手前に花祭りの看板が出ていて、庭が花で綺麗に飾られていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/15 07:57
青ノ竜舌蘭、紫カタバミ、琉球ツワブキ、アメリカ朝顔、バリケン、クチナシ
青ノ竜舌蘭、紫カタバミ、琉球ツワブキ、アメリカ朝顔、バリケン、クチナシ  昼過ぎに首里城公園を訪れました。ここは大勢の観光客で賑わっていました。守礼門前の石垣に垂れ下がっていたハナチョウジは刈り込まれて、垂れ下がっていませんでした。神聖な場所である石門に礼拝してから、弁財天堂がある円鑑池の辺りを訪れました。  池の畔に手持ちの鳥類図鑑には載ってない赤い頬をした珍しい鳥がいました。バリケンという鴨の仲間でノバリケンを家禽化したが不味いせいか市場無く、野生化したものだそうです。    首里城公園にて 撮影:2017.2.22 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/14 08:47
遊御庭、シラン、コオニタビラコ、謡御庭、アメリカンブルー
遊御庭、シラン、コオニタビラコ、謡御庭、アメリカンブルー  遊御庭は子供の遊び場で山羊など小動物が飼われ、木製のジャングルジムやブランコなどがいっぱいあります。周辺では観覧車や水牛車に乗ることも出来ます。黒豚をつれた動物世話係のお姉さんがいました。黒豚は勝手に動いているのですが、「戻っておいで!」と呼ぶと急いで帰ってきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/13 08:18
ウスベニニガナ、ガジュマル、ヒサカキ、ウコンラッパバナ、タコノキ
ウスベニニガナ、ガジュマル、ヒサカキ、ウコンラッパバナ、タコノキ  遊御庭脇を通る東外周道はやや深い低地と崖に生える森林に囲まれています。この草地に絶滅危惧種のウスベニニガナが咲いているのを見つけました。低地に繁茂したヒサカキとウコンラッパバナが道近くにセリ出して来て、手で触ることが出来ました。また東垂れの丘陵地に繁茂したタコノキが実をつけていました。低地に繁茂していたアカボゲットウには全く花がついていませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/12 08:32
バナナ、オオバナソシンカ、ベニヒモノキ、サンダンカ
バナナ、オオバナソシンカ、ベニヒモノキ、サンダンカ  バナナの茂る小道を抜けると、広い庭の片隅に木製寝台やハンモックが置いてあり横になって楽しむことも出来ます。この庭には、オオバナソシンカの木が沢山あり枝が垂れ下がっていて花に触れることも出来、羊歯類に混じってベニヒモノキが咲き、南垂れの斜面には沖縄三大名花の1つサンダンカ(イクソラ・キネンシス)が群生しています。    ビオスの丘・「踊御庭」にて 撮影:2017.2.22 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/11 08:23
リュウキュウマツ、カンヒザクラ、トックリキワタ
リュウキュウマツ、カンヒザクラ、トックリキワタ  天染池の出口近くに思御庭(うむいうなー)の入口がありますので坂道を登ってみました。思御庭とは木々に囲まれ静かに過ごす場所でハンモックなどもありなす。坂道を登ると琉球赤松の巨木が目につき、カンヒザクラが満開でした。ここは行き止まりですので、池まで戻り、小道を下って観光船発着所(綾舟場)へ出て、ここから石段を登って御待毛(船を待つ場所、毛とは野原、広い場所のこと)に出ますとここでも寒緋桜が咲いていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/10 09:07
天染池、オオバン、クワズイモ、琉球ツワブキ、琉球アセビ、ヒカゲヘゴ、八重山オオタニワタリ
天染池、オオバン、クワズイモ、琉球ツワブキ、琉球アセビ、ヒカゲヘゴ、八重山オオタニワタリ  天を映し出すと言われる天染池の周りの細い道を歩きました。入り口は薄暗くジャングルへ入る気分です。ところどころにある小流に珊瑚岩を平たく削った石が渡してあります。池の中央には、ビオスの丘の守護神が鎮座、夏には蓮が咲いて周りを飾るそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/09 08:43
沖縄亜熱帯の森「ビオスの丘」入園口附近の風景
沖縄亜熱帯の森「ビオスの丘」入園口附近の風景  東南植物楽園近くの、うるま市石川にあるビオスの丘を訪れました。ここは植物園ではないので草木に名札は殆ど無く、石川高原と呼ばれる亜熱帯の森と湖が複雑に入りくんだ地形を利用して全長2Kmの自然散策路があり、自然に近い状態の植物を観察出来ます。園地内には12の場所につけられた名があります。ウチナンチューでない私には意味がわかりませんがパンフレットに解説されていましたので出来るだけ紹介したいと思います。    ビオスの丘にて 撮影:2017.2.22 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/08 08:50
アラマンダ、セイロンベンケイ、熱帯睡蓮、セイロンマンリョウ、ダイオウヤシ、アメジストセージ
アラマンダ、セイロンベンケイ、熱帯睡蓮、セイロンマンリョウ、ダイオウヤシ、アメジストセージ  東南植物楽園の門を出て駐車場トイレ前ににオオバナアリアケカズラが咲いていました。駐車場を出て車道を横切ると当園の「植物園」としょうする樹木中心の展示場になります。入口は色々な種類のハイビスカスが植えられているのですが、残念な事に花は剪定されていました。しばらく行くと「不思議の園」睡蓮池の畔にセイロンベンケイが花盛りでした。ここから直進しますと、東南植物楽園の誇る昼なお暗いユスラヤシ林になるのですが、入り口付近の風景や草花を撮っているうちに日も暮れ始めましたので那覇市の宿に戻ることにしました。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/07 08:26
熱帯睡蓮、ビンロウジュ、火炎カズラ、ブトボバガボソウ、扇芭蕉、シオギク
熱帯睡蓮、ビンロウジュ、火炎カズラ、ブトボバガボソウ、扇芭蕉、シオギク  ロックガーデンから右手に折れて「思いやりの湖」沿いに南外周道を出口に向かって歩きました。思いやりの池には熱帯睡蓮が繁茂し水鳥が泳いでいました。カメラを向けると潜りますので何度も空振りしました。水鳥は額とクチバシが白いからクイナ科のオオバンでしょう。画像中央に周辺が刈り取られたパビルス(カミガヤツリ)が群生していました。    東南植物楽園・水上楽園南外周道にて 撮影:2017.2.21 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/06 08:36
花キリン、トックリラン、薄葉竜舌蘭 、竜血樹、棒チトセラン、シャボンロカイ、大白合歓
花キリン、トックリラン、薄葉竜舌蘭 、竜血樹、棒チトセラン、シャボンロカイ、大白合歓  当園南西角に岩を積み上げてその上に砂を被せて小さな築山を造りロックガーデンと称しています。ここに当園自慢の樹液が赤い竜血樹が生えています。竜血樹の寿命は5千〜7千年といわれ世界最長寿の木、当園の木は樹齢200〜300年だそうですから寿命7千年から見れば未だ若木です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/05 08:25
ヒスイカズラ、ヤコウボク、赤花ボンバックス、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、ローソクの木
ヒスイカズラ、ヤコウボク、赤花ボンバックス、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、ローソクの木  西外周道路をロックガーデンに向かって歩きました。道なりに歩いて行くとヒスイカズラの棚にぶつかりました。何度も歩いた道ですが花が咲いて無くて気がつかずに通り過ぎたようです。しばらく行くと沢山実のついた木がありました。名札はヤコウボクとなってましたが、学名を見ますと東山植物園温室でお馴染みのイエライシャン夜香花でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/04 08:35
ナンヨウスギ、ウコンラッパバナ、タコノキ、オオバナソシンカ
ナンヨウスギ、ウコンラッパバナ、タコノキ、オオバナソシンカ  「語らい橋」のたもと、池沿いに小屋「タコノキステーション」があります。池に張り出して魚にエサを与える場所です。この小屋の天井にウコンラッパバナが咲いていました。直進しますとナンヨウスギが出迎える順路なのですが、小屋の奥にオオバナソシンカが咲く場所があるので順路をはずれて、西側外周の道を歩きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/03 09:08
沖縄三大名花の1つサンダンカ(イクソラ キネンシス)、ブーゲンビレア、タイワンレンギョウ
沖縄三大名花の1つサンダンカ(イクソラ キネンシス)、ブーゲンビレア、タイワンレンギョウ  水上楽園北側の外周道路終点は「見晴らしの丘」と称しトーテムポールがあります。ここから下へ降りる道は中央に手摺りのある石段で、道脇に沖縄三大名花の1つサンダンカ(イクソラ キネンシス)が植えられており。この辺りの風景はとてもきれいです。橋を下りた左手に紫色の綺麗な花を咲かせる紫雲木(ジャカランダ)がありましたが残念ながら花は見つかりませんでした。    東南植物楽園・水上楽園にて 撮影:2017.2.21 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/02 08:09
木立ヤハズカズラ、サンダンカ、アメリカデイゴ 、ハイビスカス、紅筒花、ツツジ、変葉木
木立ヤハズカズラ、サンダンカ、アメリカデイゴ 、ハイビスカス、紅筒花、ツツジ、変葉木  ヒスイカズラの咲く場所を出て、北外周路をトーテムポールのある見晴らしの丘方向へ歩きました。道の両側にはいろいろな草木が茂っていましたので、花をつけているものを選んで撮りました。アメリカデイゴの幼木がコダチヤハズカスラなどと絡み合って咲いていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/04/01 08:48

<<  2017年4月のブログ記事

トップへ

波止の釣り 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる