波止の釣り

アクセスカウンタ

zoom RSS 首里城の五門、展望台、シロノセンダングサ

<<   作成日時 : 2017/04/15 07:57   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

 首里城正殿のある「御庭」に行くには一番目の門「歓会門」を始めとして瑞泉門、漏刻門、広福門、奉神門を通らねばなりません。歓会門手前に花祭りの看板が出ていて、庭が花で綺麗に飾られていました。

 正殿は有料で一部の場所を除いて撮影禁止ですから御庭に入らないで、樹木の茂る「下の庭」へ向かいました。西の展望台から那覇市内を写してみました。手前の樹木に絡む蔓草はアメリカアサガオのようです。

 首里城公園にて 撮影:2017.2.22




  歓会門 撮影:2017.2.22
画像
中国皇帝の使者を歓迎するという意味、左右に守護神シーサーがいます

画像
歓会門手前に花祭りの看板



  門を入ると花壇が飾られていました 撮影:2017.2.22
画像

画像

画像

画像
瑞泉門から見下ろした風景



  瑞泉門 撮影:2017.2.22
画像
瑞泉とは「めでたい泉」、門の手前右側の湧水に因む



  漏刻門 撮影:2017.2.22
画像
漏刻とは中国語で水時計、門上の櫓の水槽で時間を計った



  広福門 撮影:2017.2.22
画像
広福門、福を行き渡らせる意味、(第四の門)



  奉神門 撮影:2017.2.22
画像
神をうやまう門という意味、正殿のある「御庭」へ入る最後の門



  展望台からの風景 「下の庭」にて 撮影:2017.2.22
画像

画像

画像
樹木に絡む蔓草はアメリカアサガオのようです

画像



  シロノセンダングサ白野栴檀草 学名:Bidens pilosa var. radiata キク科「下の庭」にて 撮影:2017.2.22
画像
展望台の支柱の横で咲いてました



当画像は 波止の釣り の「花の小部屋」に 過去に撮った沖縄の画像をアルバムで掲載いたしております。なお、当サイト並びにブログはアフィリエイトや広告宣伝バナーは一切置いておりません。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
独特の首里城の光景ですね。
かなり前になりますがそこを歩いたのを思い出しました。
お花がおもてなししてくれていますね。
シロノセンダングサ、あちこちで見ました。
そこで初めてイソヒヨドリに出逢って青い鳥?と感動しました。
nobara
2017/04/15 09:38
西のアザナはこれまで一度も行ったことはありません。展望が良さそうだし、夕方行けば日没が見られるかもね。
長さん
2017/04/15 09:47
nobaraさんコメント有難うございます。門ばかり続くので景色が見られません、ところどころに見える番兵さんも当時の衣装で、帽子によって階級が違うのでとか。すっかり賞味期限が切れた画像になりましたが、明日から当地の草木に戻ります。
寿々木
2017/04/15 10:09
長さんコメント有難うございます。そうですか、下の御庭は色々な木があって面白いですよ。今回は裏門が工事中だったようで通りませんでした。
寿々木
2017/04/15 10:12
首理城 の建物 大陸との繋がりの深さを感じます。
頻繁に往来していたのですね。
shuuter
2017/04/15 21:30
shuuterさんコメント有難うございます。そうです。私の親しくして頂いている玉城さんは、現在も「昔中国にお世話になった」と話します。
寿々木
2017/04/16 08:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
首里城の五門、展望台、シロノセンダングサ 波止の釣り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる